●ダイハツ・タント/スピーカー交換+DSP AMPで音質UP!●

t7_1.jpg










純正の音が、あまりよくないので何とかしたい・・・
確かに、ちょっと残念で、鳴っているだけという感じ・・・。
ダイハツ・タントの入庫です。

t6_2.jpg










ヘッドは、既設の純正ナビをそのまま使用しますが、
決してこれも音が良い訳でもなく・・・というところですが、
そこを補うアイテム(今や純正ヘッド音質UP必須品!)
DSP AMPを導入します。

t4_4.jpg










センターコンソール奥に取付した、『PLUG&PLAY640
4チャンネルアンプ内蔵・6チャンネルDSP搭載機です。
こんなスペースでも、取付できるコンパクトサイズ。

内蔵4chアンプで、フロント2WAYのマルチ接続とし、
鳴らすスピーカーは、
『GROUND ZERO/GZIC650FX』です。
このスピーカーの特徴は、音質UPプラン〜スピーカー交換〜の中では、
最もリーズナブルなのですが、その音は価格からするとビックリする程の鳴りっぷり!

明るめの音色、そしてハイレスポンスのキレの良い低域!
『爽快サウンド』という言葉が似あうスピーカーです。

t5_3.jpg










トゥイーターは、Aピラー根本付近へ付属のオンダッシュマウントで取付。

t1_5.jpg










ミッドウーファーは、市販バッフルの適合が無い為、
当店にて、ABS樹脂素材のインナーバッフルを製作してます。

おっ、ここでこのスピーカーの特徴のひとつである、寸法について・・・
一般的にスピーカーの取付必要奥行は『60mm〜』が多いのですが、
このGZIC650FXの取付必要奥行は『45mm』とやや薄型なんです。

t2_4.jpg










タントのように、ドア中段にあるとガラスとのクリアランス、
また、内張側の有効スペースも考えないといけません。
でも、大丈夫です!このスピーカーなら取付可能です。

では、次
パワードウーファも、一緒に取付します。
t3_4.jpg










運転席シート下に取付しました。
カロッツェリアの『TS-WX010A』超コンパクトなサブウーファーです。
Blogでも幾度も取付紹介してきましたが、『低音がナチュラルなんです!』

なので、フロントスピーカーとも音的に繋がりやすい!
また接続は、PLUG&PLAY640のPRE OUT(RCA)を使えるので、
このパワードウーファーまでもコントロールできます。
音の纏まり感は非常によく、一体感のある音は聞き心地抜群です。 

フロント2WAYマルチ+DSP AMP+パワードウーファーの取付で
音は、今までとは全くの別物です。

純正ヘッドが交換できない車が、増えてきてますが
大丈夫です!
音を良くして、音楽をより楽しめるようにする事は可能です!

ではでは
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
autosaund_2019banner_b_1.jpg

盗難から守る
音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に













 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●セキュリティ装着のおすすめ●

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●SUZUKI・クロスビー2WAY〜3WAYへのシステムアップ!●
x5.jpg
スピーカー付属のオンダッシュ取付用マウントで取付された、トゥイーター。

この度の、システムアップはコレです。

x2_2.jpg










一気にサイズアップ、そしてAピラーへのマウント製作です!
80mmサイズのコアキシャル2WAY『ETON/RSX-80』になります。

一般的にトゥイーターは、『3.5kHz位〜』しか鳴らせないのに対して、
このRSX-80、周波数特性のスペックは『99Hz〜』!
そんな下まで、引っ張る事は無いですが・・・

一般トゥイーターよりも、低い帯域の音が鳴らせるのが
このサイズの特徴でして、今までドア・ミッドウーファーで鳴らしていた高域の音
が上方がら鳴らせる。また、ドア・ミッドウーファーの高域を鳴らさなく出来る。
簡単に言うと、分割ポイントが大きく変わると言う事です。

これには、音質的に大きく有利な点があります。
ミッドウーファーから高域を鳴らさない事により『分割共振※』を回避できて、
ミッドウーファーの鳴りが良くなる事。
※ここでは分割共振に関しては割愛します。(詳しく知りたい方は、検索して下さい)

そして、Aピラーについたミッド/ハイレンジは、トィーターに比べ圧倒的に情報量が増える為、
音の『リアルさ』そして『自然さ』のある鳴り方になります。

3WAY・・・トィーター+ミッドレンジ+ミッドウーファー・・・3つのユニットからなる
システムはもちろんですが、
今回の様なコアキシャル(ミッドレンジ+トゥイーター)+ミッドウーファーも
3WAYシステムになります。

鳴らすヘッドは、DIATONE SOUND.NAVI(200PREMI)!
x3_2.jpg










DIATONE NR-MZ200PREMIの音設定で、
『マルチ+パッシブ3WAY/H』を使えば、
トゥイーター/ミッドレンジの周波数帯域でのレベル・アライメント調整が
可能なので、マルチシステムの3WAYに使い調整が出来ます。

2WAYから、3WAYへのシステムアップその音を聴いたオーナーさん談
『すごく、自然な鳴り方ですね!(^-^)』
と、ご満悦!

x1_2.jpg










取付したお車は、着々とサウンドグレードアップ中の
スズキ・クロスビーでした。

ではでは


autosaund_2019banner_b_1.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●今年もやります!オートサウンドフェス(第22回)!!●
autosaund_2019banner_b_1.jpg
        ⇧⇧⇧
今年の、『オートサウンドフェス』2023年 5/28(日)に開催決定しました!

今年も、多くのカーオーディオメーカーさん、ショップさん参加予定です。

取急ぎ報告です。

ではでは



 

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●トヨタ・RAV4へ、DIATONE SW-G50取付!●
サイバーナビヘッド、そしてフロントスピーカー交換済み・・・
r6_7.jpg










次の、システムアップはアンプか・・・サブウーファーか・・・
オーナーさんの求めるものによっても、それは異なりますが・・・
コチラから、提案させて頂くとすれば、それは
『サブウーファー』です。

フロントスピーカー(17cmクラス)では再生しきれていない
超低音域の再生が可能になるからです!(^-^)

で、サブウーファーを取付ます。
r1_9.jpg










r4_7.jpg










定番です。
DIATONE SW-G50 専用エンクロージャーを製作してラゲッジに置きます。
(脱着可能)

完成したエンクロージャーを見て、多くの方がこう言います。
第一声『結構コンパクトですね』
次に言葉が『重っ!』

確かに重たいです。
SW-G50のみの重量・・・・12.5kg
+ボックス重量・・・正確には図った事ありませんので不明。
総重量は、15kg〜はあろうかと思います。

この超重量級サブウーファーを鳴らすアンプは、
r2_9.jpg










カロッツェリア・PRS-D800。
2チャンネルアンプを1ch(BTL接続)で使用します。
SW-G50を鳴らすには、充分な駆動力を持っています。

さて、サブウーファーが追加された音の方は・・・
『迫力・スケール感の大幅増!』
『フロントスピーカーの音もより鮮明に!』
『芯のある骨太サウンドに!』

一度、味わうともう元(SW無し)には、戻れません。
その位の『音質UP効果』をもたらしてくれる物です。(^-^)

システムアップを検討中の方でサブウーファー付いてない方・・・
少しのラゲッジスペースが許されるならば、サブウーファーの追加が
一押しです。(`-´)゛

r5_10.jpg










トヨタ・RAV4へサブウーファーの追加でした。

ではでは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●新型・プジョー308のフロントスピーカー交換!●

p7_2.jpg










昨年モデルチェンジした、『プジョー308』
こもった感じを何とかしたい・・・(>_<)
と言う事で、フロントスピーカー交換のご依頼です。

p1_6.jpg










外観、内装・・・斬新なデザインです!
そして、顔だけになったライオンのマーク。(以前は、立ち姿のライオンでしたよね)

当店オリジナルプランの『音質UPプラン〜スピーカー交換〜』は、基本的には
国産車向けのプランなので、すみませんが『プジョー』は適合外です。(>_<)
車種によって異なりますが、プラスαの追加料金で輸入車でも施工は可能です。(^-^)

さて、まずは見て頂きたい・・・これ!
p6_6.jpg










左・・・純正スピーカー
右・・・当店製作インナーバッフル
高さ約60mm!w(゚o゚)w しかも、若干のスラント!
ほぼ同形状で作った、インナーバッフルですが、製作に半日以上!(>_<)
こういった点からも、国産車とひとくくりにしてない訳ですので、
ご理解の程頂ければ幸いです。m(._.)m

そのバッフルに取付られるスピーカーは、コチラ
p8_2.jpg










p3_6.jpg










Morel MAXIMO ULTRA602MK供淵皀譽襦.泪シモウルトラ602MK2)

p10_1.jpg










p9_3.jpg










p4_6.jpg










ドア防振プランも施工してます。
バッフル製作の苦労の甲斐あってか、このドアの鳴り無茶苦茶良いです!
力感ある低域再生は、気持ち良い鳴りです。(^-^)

トゥイーターは、純正位置へ
p5_6.jpg










Aピラー内へ、少々加工しての取付です。

今回の作業は、スピーカー廻りのみですが、音の抜け感(鮮明度)は
抜群!
、低域のレスポンスも良くかなりの音質UPとなりました!

純正のアンプで、これだけ鳴れば御の字ではないでしょうか!!

ではでは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MAZDA/DEMIO へMorel SUPREMO PICCOLO脅萇奸●
d6_1.jpg










d8.jpg










d2_4.jpg










Morel SUPREMO PICCOLO供
見た目の存在感ありますね・・・・大き過ぎず、小さ過ぎずの絶妙サイズ! 
音の方も、ここぞという時に顔を見せる存在感、出しゃばり過ぎない
艶やかさ・・・・うっとりです。(^-^)

それに合わす、ミッドウーファーは
Morel ELATE Ti MW6
d1_4.jpg










純正位置が内張りグリルから、ズレている為に位置調整したインナーバッフル。
バッフルトップは M&MのPCD-1を使用。

d7_1.jpg










そして、内張りの加工。
d4_2.jpg










純正グリル部をカットして、Morelもメッシュグリルに替えてます。
見た目、普通にグリルが付いているように見えますが、
ミリ単位(いや、それ以下)での、純正内張りのカット、そして
メッシュグリル取付は、失敗が許されない地味に時間を要するところです。
無事、綺麗に出来ました。(^-^)

d3_3.jpg


















フロント2WAYの全景です。⇧

そのスピーカーを鳴らすのは、
アンプ内蔵DSPの最高峰と言って良いでしょう!
『HELIX P-SIX DSP〜ULTIMATE〜』
※スミマセン、只今欠品中です。(>_<)
d10_1.jpg










d10.jpg










助手席シート下へ取付です。

メインヘッドは、お持ちのSONY WALKMAN。
DSPへの接続は、
d11.jpg










サウンドサスペンション製のUSBケーブルを使用してます。

d5_2.jpg










DAP使用時のVolumeコントロールは、『URC-3』を。
上段のヘッドユニット(DEH-970)は、ちょっと贅沢に
時計代わりとして使用してます。(^-^)

そして音の方は・・・
レスポンスの良さ抜群・・・そして、鮮明度も高く艶のある上質感ある音で、
申し分なし・・・感無量です。w(゚o゚)w

ではでは
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●SUBARU・レヴォーグ フロア&タイヤハウス防振で静寂性UP!●
以前、オーディオインストールさせて頂いてます、
スバル・レヴォーグ 今回はフロア+ラゲッジ防振のご依頼で入庫しました!
r8_5.jpg











で、いきなりフロア全バラシの画。
r4_6.jpg










全シート、フロアカーペット、ラゲッジすべてばらしてます。
防振の作業の半分くらいの作業割合は、この内装の脱着です。

防振の肝、如何に材料を密着させれるか!!

念入りに脱脂の上、制振材を貼り込んでいきます。

r9_4.jpg










まずは1層目。ほぼ、全面シルバー色に!
SILENT COAT(サイレントコート)の制振材で埋め尽くします。
鉄板振動を抑え、低周波を抑えます。

続いて、2層遮音・断熱系素材のを施工します。
r7_6.jpg










こちらは、中〜高周波ノイズを抑える効果があるので、
1層目(制振材)+2層目で、全帯域に渡るノイズ低減効果が期待できます。

続いて、インナーフェンダーカバーの防振です。
r1_8.jpg










やや車高が低めでしたので、タイヤ外してインナーフェンダーカバーを
取り外します。
r3_9.jpg










カバー内側に、『イージーサイレンス』を貼付け。
この素材、この部位専用に開発されたもので、ここには持って来い素材です。

4アーチ全部、処理して作業は完了。

車両下方面に重点を置き、防音施工したその効果は・・・・
施工完了終日後、オーナーさんよりお電話頂きました。m(._.)m

『防振効果は、明らかに体感出来てます。
走りの面も、安定感が増した様に感じます。』

と、喜んで頂けた様で何よりです。

ではでは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ここで、
〜大切なお知らせ〜
既に材料(制振材・防音材・・・)の価格の値上がりしてまして、
現状それに対しての販売施工価格は、据え置きとしてきましたが
この度、当店の『車両防振』の価格も見直す事となりました。
3月1日より、新価格となりますので、ご理解の程宜しくお願い致します。
また、2月末までにご予約頂いたお客様に対しては、施工が3月以降になりましても
旧価格での販売とさせて頂きます。

よろしくお願い致します
m(._.)m

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に








 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています