●超弩級!SUPREMO602●

本日の作業は・・・・
最高級スピーカーのひとつと言っていいでしょう!『Morel/SUPREMO602』の取付です。

車両は『TOYOTA/MARK-X』です。
markxtrunk_2.jpg









まずは、後ろからです。
トランク縦面にスタンダードAMPベース製作し、『LUXMAN/CM-20000』を設置。
その裏面にはスピーカーネットワークを!

markxnw.jpg









コレが、スプリーモ602のネットワークです。
マルチアンプシステムが主流の昨今ですが、今回はアンプも2チャンネル1台なので
この付属のパッシブネットワークを使用して鳴らします。

画像にはありませんが、アンプ裏面には、『BA-labo/BE-101』2台、
ALPINEの『PXA-H990』・・・・の機材を取付しています。

ヘッドユニットはALPINE『DVI-7990J』です。
markxhu.jpg









プロセッサーも付いてはいますが、使用している機能は
左右の『タイムコレクション』のみ。EQ、X−OVERは使用せずです。
純粋に、『機材、素材の音を堪能しよう』と電気的な制御は最小限にとどめておきました。

そして、スピーカーの取付ですが、
MID部は、部分アウターバッフルでシンプルに製作です。
markxdoor2.jpg










そして、トゥイーター『ピッコロ供は、Aピラーに!
markxdoor_2.jpg









見た目の存在感はありますが、音の存在はそこにあらずです。

そして、接続部等々、細部にまで拘ってます。
markx_2.jpg









トゥイーター結線部は、M&Mの『SDJ-01』でケーブル同士をしっかりと接続。
MWの端子部へも、M&Mの『SDJ-02』を使用しています。

音の方は・・・・
言う事ありません・・・・・別格です。
LUXMANのアンプ、そしてSUPREMO602。それぞれの良さは、充分に感じ取れます。
細部を聴けば、もうチョッと・・・・と思うところはありますが、
『音の鮮度感、勢い』は、ここ最近聴いたことのない程です。

音楽を聴いていることが、非常に楽しく車からなかなか降りれなくなります。
それだけの、圧倒的な他にない鳴り方をしています。

やはり、これの影響が大きいのではないでしょうか?!
602mw.jpg










では



エントリー受付中です!!
(初めての方でも、どうぞ!お待ちしております)




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています