●MAZDA CX3/音質UPプラン〜プロセッサー取付〜&フロント3WAY!●
2018030821354019573_1.png
  2018030821354019573.png2018030821354019573.jpg



 〜☝☝☝工賃込みのお勧めセットプランは、こちら☝☝☝〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
⇩⇩⇩⇩ もっと多くの人に、オーディオで感動を! ⇩⇩⇩⇩
stuff2018_banner.jpg

人気のコンパクトSUV!マツダ CX-3納車後、直入庫です。
cx3body_1.jpg










DSPに、8チャンネルアンプ内蔵の『ARC DSP8』を取付です。
8チャンネルアンプ内蔵と言う所が、ポイント!でしてそれは、後半で説明します。

アンプ内蔵でありながら、コンパクトサイズなのでこんなところへも取付可能
2018101520542922945_1.jpg










運転席キックパネル上部にある、純正アンプ・DTVに取付金具製作して、取付してます。

続いて、フロントスピーカーです。
2018101520542922945.jpg










cx3door.jpg










cx3dsp8.jpg













ウーファーユニットは、ドアへインナー取付、トゥイーターはダッシュ上純正位置へ
カロッツェリアのハイエンドスピーカー『TS-Z172PRS』を取付です。
そして、ミッドレンジ『TS-S062PRS』をAピラーへ、マウント製作して取付。

マルチ接続を前提に考えると・・・
フロント3WAY=6チャンネルアンプ』が必要となります。
ココで、冒頭の話に繋がりますが、『ARC DSP8』は8チャンネルアンプ内蔵なので、
フロント3WAYマルチ接続でも、問題なく接続可能です。(^-^)

そして、リアスピーカーはどうしましょう?
オーディオ的に、ドライバーが聴く事から考えると、リアスピーカーの必要性はあまりない。
『ただ、いつも一人乗車ではないし、鳴らした方がいいかなぁ〜?!』
と考えるのが、一般的です。
だったら、鳴らしましょう!と出来るのがこの『ARC DSP8』の便利な所(^-^)

フロント3WAYでも、まだ2チャンネル分のアンプは余ってるので、接続可能。
純正オーディオ機能の『フェダー(前後調整)』で、フロントに振ってやれば、
リアは鳴らなくなるので、リア無しにする事もも容易に可能です。

調整機能も、利便性も、そしてもちろん音質も、
純正オーディオのグレードアップには、もってこいのプロセッサーです。

その利便性についてですが、DSP8なるプロセッサーが付いているからと言って、
オーディオの使い勝手は、純正から何一つ変わる訳ではないので、難しい事は全く無しです。

自動車の安全性能はどんどん高まっている今、オーディオ操作も複雑ではダメだと思います。
誰でも迷わず使えるオーディオシステム・・・
        ・・・使い勝手の良さもオーディオシステムの大切なところだと思います。

cx3hu.jpg










『ヘッドが替えられないから〜』とあきらめる事はないです。
純正ヘッドでも、音質UPは問題なく可能ですので!

では
 

DEMO CAR  TOYOTA  AQUA


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています