●一通りのシステムは装着完了!その先の詰めは・・・●
2019121222355616356.jpg










ヘッドユニットに、『DIATONE NR-MZ200PREMI』
音の中枢となるフロントスピーカー群は『Morel SUPREMO602+CDM880供
という超ゴージャスで、王道のスピーカーシステム装着は、完成済み!
2019121222363616335.jpg










そして、サブウーファー。
こちらも、不満言う人はまずいない、それ程他を圧倒するユニットで
『DIATONE/SW-G50』

2019121222363616335_1.jpg










ラゲッジ下スペースに、丁度のサイズで収まってます、
BRAX GX2400(フロント用)、そしてETON/SDA750.1(サブ用)。

ユニットとしては、上から下まで申し分のない機器が並んでます。

では、次のステップ・・・・ケーブルのグレードアップへ!
今あるものを、更に良いものへ変更すると言う、ある意味
贅沢なグレードアップです。

選択されたケーブルは、
2019121222355616356_3.jpg









スピーカーケーブルに、『M&M SN-MS2500供

2019121222355616356_1.jpg










パワー(電源)ケーブルに、『N-Skill NM400』
方向性管理配線(+/−共に同方向)に従って、ワイヤリングします。

フロント、リアシート全バラシ、フロアカーペット下なので、
作業完了後見えるのはアンプ周辺の一部のみ・・・・と、時間を要する地味な作業ですが
必ずや、音として答えは返って来る!と思い、2日間かけて全ワイヤリング終了。ε=( ̄ε ̄)

その答えは・・・
音の勢い、乗りの良さを感じます。
そして、静寂感が増し、音の出際、引き際が見える様な感じ・・・

良質な機材揃いなので、その辺りの表現は、確実に体感できるレベルで
違いを見せつけてくれます。

究極のオーディオアクセサリー=ケーブル!
ハイエンドシステムになればなる程、あなどれない箇所だと
改めて、感じさせられました。
2019121222355616356_2.jpg










m(._.)m 

では




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています