●マツコネ⇨DEQ-1000A-MZ⇨Morel MAXIMO ULTRA602!●
インナー(パンツ)は、もう履かなくなりました!
って程、暖かくなりましたね。
何桜かは知りませんが、もう咲⇩いてます🌸
2020032220450025223_2.jpg











フロントガラス越しの、セブンの向こう側は八幡川という川でして、
その川土手は、桜の木がありなかなか綺麗です。
もうボチボチ、咲き始めるのではないでしょうか?!🌸🌸🌸(^-^)

で、本題は、フロントガラス手前のスピーカー!
純正トゥイーター位置に、取付されたのは
人気継続中の『Morel MAXIMO ULTRA602のトゥイター』です。

オーナーさんが、ツィーター無し用パネル(数百円/個)を準備されまして、
それに、マウントをビス止め、ケーブルは穴あけて通してますので
見えませんので、スッキリして良いです。

そう、トゥイーターをオンダッシュ取付するときの難点が、
そのケーブルの処理・・・(~∧~)
流石に、ダッシュボードに穴をあける訳にはいかずなので、
Aピラーから逃がそうか???でも、クリアランス少ないし・・・
フロントガラス側に逃がそうか??? と考えるのです。

このお車(DEMIO)の場合で、オンダッシュ取付する時は、
これがベターではないでしょうか!

そして、ミッドウーファーは
2020032220450025223.jpg











バッフル製作&スポンジリングでインナー取付。

2020032220433018592_1.jpg











2020032220433018592.jpg











制振材と、吸音材のハイブリッド施工!
その効果は、広帯域に渡る静音効果でスピーカーの音をよりリアルに
聴けるようになります。

ヘッドユニットのマツコネから音声信号を、運転席シート下のカロッツェリアの
プロセッサー『DEQ-1000A−MZ』へ入力。
2020032220433018592_3.jpg












助手席シート下には、同じくカロッツェリアのパワードウーファー!
2020032220450025223_1.jpg











この手のパワードウーファーは、欲張って鳴らそうとすると
直ぐに、底打ちしたかの様に『パコパコ』言い始めますので、
あまり欲張り過ぎずに鳴らします。
こちらも、DEQ経由で接続してますので、調整可能です。

2020032220433018592_2.jpg











純正スピーカーからのグレードアップでした、マツダ・デミオ(マツコネ付き)。
低音域の歯切れの良さ、超高域のスカッとした高域!
純正の足りないところは、充分に補え、かなり良い音になりまして、
オーナーさんも、お喜びでした。(^-^)

ではでは












 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています