●ほぼ、DIATONEフルシステム / HONDA VEZELにインストールです!●
ほぼ、の理由は・・・
2020032911173843616.jpg











助手席シート下に取付した、このアンプです。
DIATONEはアンプがありませんので、
カロッツェリアの『PRS-D800』を使用してます。

その他ユニットは、全部DIATONEです。(^-^)

で、D800で鳴らしてるのは、発売より絶大なる人気のDIATONEのサブウーファー
SW-G50』です。このサブ―ファー発売以降、これを超えるサブは、まだ無い!と
自負してます。
2020032911191045027.jpg











ラゲッジの一角に、SW-G50専用設計オリジナルエンクロージャー製作して、
取付です。ワンタッチコネクターで脱着可能(工具要らず)な為、急な大物積載時でも、
取り外し可能です。

続いて、
フロントスピーカーには『DIATONE DS-G300』!
『高域は指向性が強い』という特徴があります。
取付向きによって、大きく聴こえ方が異なると言うことです。
上下左右角を、理想方向に向ける為の必須インストール『マウント製作』して
取付です。
2020032911191045027_1.jpg











前方視界、スマートさを考慮し半埋込で、Aピラーマウント製作です。
仕上げは、いつもの純正風ジャージ仕上げです。

次、音の要となるミッドウーファー!
2020032911184443358_1.jpg











見た目変わらずの、インナー取付です。

2020032911184443358.jpg











ノーマル状態です。⇧

2020032911173843616_1.jpg












2020032911173843616_2.jpg











更に、内張りも!防振プラン施工

2020032911184443358_3.jpg











オールメタル(アルミ)で、強靭に取付です。

ミッドウーファー部は、インナー取付フルオプションでの施行です。
ここまでの施工となると、音への影響(良い)も明確に解ってきます。
ドア自体、そして内張りもスピーカーの動きと同じ振幅をしています。
それをゼロにする(※ゼロにするのが目的では無い!)のは、
物理的に不可能ですが、低減はバッフル、防振処理等の
ドアの作り込みで可能です。
音としての結果は、『鮮明度UP⤴』『リアリティUP⤴』・・・と、いろんな意味で
ノイズの多い、「車」という条件下では、良い音作りにはやった方が良い施工です。

この、DS-G300フロントスピーカーを鳴らすのは、内蔵アンプでして、
そのヘッドはもちろん!
2020032911184443358_2.jpg











DIATONE 『NR-MZ300PREMI-2 』です。
内臓4チャンネルアンプフル使いの、マルチ接続で鳴らします。

そして、仕上げはナビ内蔵プロセッサーとしては、最高峰の機能を誇る
プレミでの『音調整』です。

正確なインストール』と同じくらい重要度の高いこの『音調整
活かすも殺すも、ここで決まってきます!(`δ´)

で、このお車の音の方はと言いますと・・・・
弾ける様なレスポンスの良さ!そして、リアリティ!
雑味の少ない明瞭な音です。(防振効果を感じるところです)(^-^)

サブウーファーも、『存在感は有るけど、無い?!
言葉として、成り立たない事を言ってますが、そんな感じです。
サブのおかげで、音自体のスケール感が増し、全体的に骨太な音に!
かと言って、その存在感は邪魔になるものではない絶妙な鳴りです。

そして、音楽を楽しむ為の重要度の高いところで、
帯域バランス』と言うものがあります。
簡単に言うと、高〜低域までの音バランス・繋がりです。
そのバランスが、きちんととれてる音は、嫌味が少ない音になり、
どんなジャンルであれ、音楽であれ、そつなく鳴らせます!
ヴォリューム上げた時に、うるさく感じないので心地良く聴けて、
どんどんヴォリューム上げたくなります。

今回施工のお車が、正にそんな感じでした(^-^)

そのお車は、
ホンダ・ヴェゼル(オーディオレス車/ナビ装着用スペシャルパッケージ付でした。
※ナビ装着用スペシャルパッケージ・・・・バックカメラ・ステアリングリモコン社外ナビでも使用可能です!

2020032911173843616_3.jpg

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています