●ドアの追加防振で、更なる音質UPを図る!●
ドア防振(デッドニング)について
ドア防振プラン・・・スピーカー裏の制振+拡散・吸音処理
ドア防振プラン・・・ドア防振プラン 椒▲Ε拭璽僖優訌澗里寮振
          +インナーパネルの制振・ホール埋め
ドア防振プラン・・・ドアトリム(内張り)の制振+吸音
という感じで、M.E.I.オリジナルプランを設けてます。

更なるスピーカーの性能発揮の為の防振プラン△任垢、
必要性を感じているユーザーさんも多い様で、
かなり高い割合で施工させて頂いております。

そして、今日ご紹介する2台は、
ドア防振プランの施工になります。

プランは、上に書いたようにドアトリム(内張り)の処理です。
ドアスピーカーが鳴りが良くなるほど、その振動も増える!
スピーカー自体が、振動の発生源なので当たり前ですが、
それによる内張りの振動増!となり、それは音に対しても害するものに
なりかねません。

それを低減させるのが、『防振プラン』になります!
2020071219310737968_3.jpg












まずは、NDロードスターへの施工です。

2020071219310737968_2.jpg












⇧ノーマル

2020071219310737968.jpg












⇧制振処理

2020071219310737968_1.jpg












⇧吸音処理

2020071219322435267_2.jpg












トヨタ・ライズです。

2020071219330637969.jpg












⇧ノーマルです。吸音材が掛けてあります。

2020071219322435267_3.jpg












⇧制振処理

2020071219322435267.jpg












⇧吸音処理

2020071219322435267_1.jpg












⇧更に、純正で使用されてた吸音材

で、施工後はどうなったかというと
まずは、触ってみる・・・・
低音レベルの高い音源で、ビシバシ鳴らしながら、内張りを触ってみると、
施工前に比べ、明らかに微振動になっている!※ゼロにはなりません。
ドアの暴れた感じも減っているので、低音の鳴りに余裕を感じる。
全帯域に渡り、クッキリとした感じで明瞭感アップです。

スピーカーを鳴らすドアの環境作りの最後のステップ『防振プラン
もう1ステップ上の音を体感出来ます。

ライズの防振3施工の際に、もうひとアレンジしてみました。
内張りをばらすついでと言っては、何ですが・・・
M&M DESIGNからの新製品『SCW-C150
2020071219332731338.jpg












『サウンドコントロールウェイト』鉛の重しです。
1パッケージ6個入り ¥15,000(税別)

使い方は様々でして、内張り制振、鉄板部制振、スピーカーアンカーとして・・・
今回は、防振プラン∋楾済みのドアインナーパネルへ取付てみました。
2020071219330637969_2.jpg






























SCW-C150の厚さ15mmが内張りに干渉しない、そして強度増させたいポイント
を探して、鉄板直にボルト&ナット留めです。
取付後に、鉄板をハンマーでコツコツしてチェック!
w(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)wドア鉄板の鳴りの違いに驚きです。
片ドアに3個の取付ですが、結構ドア全体に効果が出てます。

防振プラン処理済みの内張り組んで、音出し確認・・・・
w(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)w
ウォー・・・・・なんだこの安定感は!
何処までも上げれる、上げてみたくなるVolume !
物体的にも、音楽的にも全くもって歪み感が無い。

これは、大分いいと思います。
防振のアイテムが増えました。(^-^)!

ではでは

tokusentyukohin_banner.png


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています