●MAZDA CX-8(マイナーチェンジ後)に、スピーカー&DSP取付●
2020年末に発表された、CX-8のマイナーチェンジ。
色々と装備も増えて良くなっている様でして、中でも目に付くのが
センターディスプレイ。
2021012820140112385_1.jpg











以前の8インチから、やや横長の(8.8インチもしくは10.25インチ)に変更されて
ます。その画質の綺麗な事!

ちなみに、以前のはコチラ。
2021012821511321833.jpg









見た目の雰囲気も大分違う感じです。

で、そのディスプレイでオーディオの設定を見てみますと・・・
内容が今までとは違います。
MAZDA3と似ている?同じ?と思われる内容。
リスニングポジション設定・・・『全席』『運転席』
音質モード・・・『シンプル』『アドバンス』
・・・・・

ちなみに、純正の音は・・・
マイナー前よりも、断然良いです。
替えても、あんまり変わらないね!と言われない様に全力で取付開始です!

作業は、CX-8⇨CX-8への車両乗り換えで、オーディオもお引越しの作業です。

まずは、スピーカーから
2021012820153012384_3.jpg











2021012820140112385_2.jpg











前と変わりは無いようです。

トィーター、純正位置にインナー取付なので見えません。
Morel MAXIMO ULTRA602MKのトゥイーター、ちょっと加工すれば入ります。

ミッドウーファーも、インナー取付です。
2021012820153012384_1.jpg











バッフルに、拘りまして『樺ベース』+『アルミトップバッフル(M&M PCD-1)』で
作ります。
金属(メタル)バッフルを使うメリットは・・・
・スピーカー取付面(当たり面)の歪みが無く、エア抜けが無い。
・経年劣化が少ない
・スピーカー振動を受け止め、ドアの振幅の低減!より正確な音に。
・・・・
まとめ
『スピーカーのポテンシャルを発揮させ、それを長時間維持できる!』

2021012820153012384_2.jpg











取付したスピーカーは、『Morel MAXIMO ULTRA602MK
PCD-1を使用して取付した場合、スピーカー本体のボルト留め、
しかも、8点留めが出来るのがうれしい!強固に固定出来ます。
2021012820153012384.jpg











で、スピーカーの取付は完了!

続いて、プロセッサー(DSP)の取付へ

スピーカーを付ける段で、既に気付いていたのですが
取り合えず見て見ぬふりをしてました。

あるべき場所(今までの)に、それがありません。
純正アンプです。
今までは、運転席ダッシュボード内(キック上)にあったアンプそこには
ありません。

で、ちょいと探して発見!
202101282013119232.jpg











運転席シート下に、ありました。

202101282013119232_1.jpg











鉄板プレートの下についてます。(⇧裏返し)
従来の物がここに移設されたわけではなく、今までとは異なる物です。

よくよく見ると、カプラー形状は『MAZDA3』の物と同じと思われます。
でもスピーカー出力は、4チャンネル分のみ。
※MAZDA3は、8チャンネル。

よって、配線加工にて取付する事に。
取付したDSPは、※取付台数No.1!『カロッツェリア/DEQ-1000A-MZ
(※当店で取付したDSPの中での事)
1000A-MZ付属の、マツダ用カプラー2種類はどちらもつかえません。

スペースの関係上、シート下への取付は不可。

取付した場所は
202101282013119232_3.jpg











センターコンソールパネル内です。

2021012820140112385.jpg











ジャストフィットです。

という感じで、無事取付完了!

音の方は、
クリアさは断然UP!、そしてキレあり、コクあり・・・と申し分ありません。

New CX-8、純正オーディオのグレードアップ!
かなり、良い音になりました。

202101282013119232_2.jpg












ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています