●AURA NISMO / スピーカー交換+DSPアンプの取付●
an5.jpg










NISSAN AURA NISMO 初の入庫になります。
外観見た目、スタイリングは申し分なくカッコいいと思います。
走りも良し、装備も充実!
残念なのは、オーディオの音・・・・・かなり(>_<)です。

標準では、4スピーカー(フロント+リア)
Aピラーに、トゥイーターが付くスペースはあるも、穴も開いていませんでした。

そこに、トゥイーターを取付します。
an7.jpg










Morel MAXIMO ULTRA 602 MK兇離肇ゥぁ璽拭爾
付属マウントでピラーに直付けです。
※音質UPプランの施工ならば、この取付方も追加費用は『¥0』です。(^-^)

an1.jpg










an4.jpg










ミッドウーファーは、インナー取付!
大きめのスリットから、Morel MAXIMO ULTRA のシルバー色の振動板が
良く見えます。

以上スピーカー交換は、問題なく完了。

続いて、プロセッサー(アンプ内蔵DSP)の取付へ
an6.jpg










使い勝手を考慮し、ヘッドは純正ディスプレイオーディオを使用。

an2.jpg











そして、音質UP必須アイテムのDSPアンプを助手席足元前方へ、取付です。
取付したものは、4チャンネルアンプ内蔵の『PLUG&PLAY640』
このコンパクトサイズは、言うまでもなく取付性に優れています。
そして、音の方もあなどれません。見た目からは
想像できない力強い駆動力!
調整機能も充実で、現状最もコストパフォーマンスの高いDSPアンプ※ともいえるでしょう!
※当社、取扱いDSPアンプの中で

P&P640のクロスオーバーを使用するので、4ch内蔵アンプは、マルチ接続にて
全てフロントスピーカーで使用。

マルチ接続のメリット
1スピーカーに付き1アンプ・・・・質の向上
調整範囲の増/1・・・・帯域バランスの補正・・・・聴き易さが◎
D汗鞍楼呂料/2・・・・各ユニットの距離の補正(タイムアライメント)・・・・
・・・・・・安定した定位感が作れます!

結果純正ディスプレイ奥に、定位するVocalは、非常にリアル!
オーナーさんにも、大変満足頂きました。(^-^)
an3.jpg











音質UPプラン〜スピーカー交換〜
   +
プロセッサー取付
でした。

ではでは





















 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています