●BLAM Signature Front 3Wayという選択!●

フロント3WAYシステム・・・憧れを抱く人も多くいます!

音的なメリット・・・すごくあります。w(゚o゚)w
が、コスト的には、2WAYに比べ非常に大きくなります(>_<)

そんなこんなと、考えるとスピーカー選びも難しくなってきます。
そこで、良い意味で『出音』と『価格』が見合わないブランドがありまして・・・

それは、『BLAM(ブラム)Signatureシリーズ』です。
間違えられちゃいけないので、もう一度言っときます。
『良い意味で、音と価格が見合わないんです!』

結果を先に言いますが、本車両も無茶苦茶良い音してますw(゚o゚)w


では、早速取付へ
p16.jpg










ウーファー用のインナーバッフル(耐水高剛性MDF+耐水樺合板)
、そして80mmミッドレンジ、
トゥイーター用のマウントベースを製作します。
p5_5.jpg










p15.jpg










p12.jpg










非常に防振効果の高い、フェリソニ防振、そして内張り防振の

プランまで施工して、ドアは万全。

p3_5.jpg










p6_5.jpg










Aピラーにミッドレンジ、トゥイーターをマウント製作して取付。

スピーカーは、下から
・WS6.58(ウーファー)
・FRS 3N50(80mmミッド)
・TS25HR(大きめフランジのソフトドームトゥイーター)
すべて、BLAM Signatureシリーズです。

スピーカーユニット総額・・・156,000円(税別)也
※ユニット代よりも、インストール費用の方が上回っております。m(._.)m

深み、重厚感ありながらも軽やかに鳴る低域。

解像度も高く、輪郭もハッキリ出せる!
サラッと、優しい高域も上質感溢れてます。

そんな、素敵な鳴り方をするスピーカーです。


そのフロント3WAYをドライブするアンプは
p8_1.jpg










8チャンネルアンプ内蔵DSPで
『HELIX V-EIGHT DSP MK供拿手席シート下に取付です。

踏んづけ防止・ケーブル保護の為
p10.jpg










カバーリング製作してます。

以上で、フロント3WAYは完成。


続いて、サブウーファーです。
p7_1.jpg










運転席シート下に、サブウーファーを鳴らすアンプで
カロッツェリア『PRS-D800』をチョイス。

サブウーファーは、絶対的定番!
p11.jpg










p9_2.jpg










DIATONE SW-G50!
M.E.I.オリジナルDIATONE SW-G50専用エンクロージャー
を製作してラゲッジに置きます。(脱着可能ですが、それなりの重量はあります)
内装イメージに合わせて、ブラック/ブラウンで生地張ってます。(^-^)

おっ、メインヘッドはDAPでして、
p4_5.jpg










USBで、DSPに直挿し。
ケーブルも、音良し、使い勝手良し、長さ、端子もオーダー可能で重宝してます
サウンドサスペンションのUSBケーブル!を使用してます。

あっ、DAP使用の際には、必然的にコントローラーが必要になりまして、
p2_6.jpg










DIRECTORを、センター小物入れ内に取付、蓋の開閉も可能です。

最後の仕上げ・・・・音調整
HELIX のDSPは、非常に細部まで調整出来、精度も高い!
その機能を余す事無く調整していくにはかなりの時間を費やします。
ただ、その分完成度の高い、非の無い音が出来上がります。

取付したお車は・・・
p14.jpg










納車間もない、人気の『LAND CRUSER PRADO』
でした。

m(._.)m

ではでは




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています