●MAZDA/CX-30 BEWITHスピーカーの取付/難関作業あり!●

3015.jpg










MAZDA CX-30スピーカー交換・DSP AMPの取付で入庫しました。

まずは、DSP AMPの取付から・・・
301.jpg










運転席シート下(純正アンプ横)に取付した、『PLUG&PLAY1080
グランドチューンで、『KOJO VE-02』も同時に取付。
スペース的に、ジャストサイズです。これ以上大きいな物になると
このスペースへの取付は、無理です。

画像では、見えませんが純正アンプカバーの中に、
AUDISON B-CON(ブルートゥースレシーバー)も取付してます。
はい、DAP再生の為です!

DAP再生の場合、純正Volumeは介されないので、これが必要です。
305.jpg










PLUG&PLAY COMMANDをここに取付してます。

続いて、スピーカー廻りで・・・
302.jpg










超コンパクトサイズで鳴らせる、サブウーファー
『BEWITH L-165RW』をトランクに取付です。
エンクロ―ジャーサイズが、シート分割の右側の幅と同じくらいなので、
左シートは倒して広いスペースを確保出来てます。

続いて、フロントスピーカーです。
3011.jpg










純正スピーカーブラケットへ、取付する為に作りました。
ABSパネルスペーサーです。
3010.jpg










309.jpg










使用したユニットは、『BEWITH L-88RS』
304.jpg










口径、奥行、内張りとのクリアランスを考えると、CX-30のスピーカー交換は、
このスピーカーがベターでしょう。
このスピーカー以上の奥行きがあるものは、マグネットがドア鉄板部へあたります。

次、トゥイーター・・・
306.jpg










純正位置のパネルを利用して、マウント製作しました。
ユニットは、同じく『BEWITH L-25R』

303.jpg










トゥイーター・ミッドレンジ・サブウーファーは、BEWITHで。
カウルサイド(キックパネル)の12cmユニットは、純正を鳴らしています。
3013.jpg










これがその、12cmのスピーカーです。
容量確保の為か、複雑な形状になってます。
MAZDA3、CX-30・・・同じレイアウトでスピーカーが取付されてますが、
初めて外しました。見るからに、外すの大変そうだなぁ〜と眺めてはいましたが、
今回コレをを外す必要がありまして・・・・

オーナーさんの強いご希望により、スピーカーケーブルの交換をしたい!!
と言う事で、チャレンジさせて頂きます(`-´)゛!

ドア内への通線場所が、このエンクロージャーの裏側なので、
外せなければ、事は始まりませんので。

307.jpg










エンクロ―ジャー付近のユニット、ケーブル等は全てかわして・・・
若干せりながら、色々向きを変えて取外し成功!(^-^)

3016.jpg










3014.jpg










ドア通線部は、カプラーなのでその空き部分にケーブルを通します。
トゥイーターとミッドレンジ分の+・−なので、計4本。
無事、運転席側のケーブル通線完了!(`-´)゛
ちなみに、使用したスピーカーケーブルは
『M&M SN-MS1800供戮任后これ以上太いケーブルは少々無理があると思います。

あっ!画像はありませんが、助手席側の方が、もっと大変ですので
ご注意を!
(>_<)

で、音の方はと申しますと・・・・
劇的なるクリア感とリアル感!かなり良いです。(^-^)

純正レイアウトを替えずに、スピーカー交換等を考えた時に
選択肢としては、少ないですが『BEWITHスピーカー+DSP AMP』で
音質UPは可能です。

MAZDA3、CX-30・・・ユーザーさんお勧めシステムです。

ではでは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
autosaund_2019banner_b_1.jpg
⇧開催日が、変更になってます!⇧

盗難から守る
音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に





 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています