●レクサス・RC F/スピーカー交換+DSP AMP取付●

r5_12.jpg










個人的に、このくらいのサイズ感の車が好きです。
レクサス・RC F サウンド向上目指して入庫です。

純正オーディオシステムは「10スピーカープレミアムサウンド」
センターミッドレンジ・ダッシュ上(ツィーター+ミッドレンジ)・
ドアウーファー・リアフルレンジ・リアトレイサブウーファー
というレイアウトでして、

この度交換するスピーカーは、ダッシュの(ツィーター+ミッドレンジ)
のみ交換します。
スピーカー全体を見て、一番音の良し悪しの違いがリアルに感じられる
ところが、このダッシュのすぴーかーでして、純正サイズは、9cm。

純正と同タイプのスピーカーで、
『カロッツェリア TS-HX900PRS』に交換します。
r2_10.jpg










まずは、純正スピーカーと同型で取付ベースの製作して取付します。

r1_11.jpg










HX900PRSのパッシブネットワークは、
左右に振り分けて、シート下へ。
r4_9.jpg










通常のスピーカーのネットワークに比べ、少々大き目ですが、
それには、理由が・・・
内部には、かなりの高品位のパーツ群が綺麗にレイアウトされています。

続いて、DSP AMPの取付です。
取り付ける機は、『PLUG&PLAY1080
8チャンネルアンプ内蔵モデル。
純正アンプも、8チャンネルなので全スピーカーこれ一台で
鳴らすことができます。

純正アンプには無い、音の調整機能を持ち合わせているのが、純正との
圧倒的な違い=音作りが可能!
もちろん、アンプ自体の性能もよいので、音質UPへの期待は増すばかりです。

取付位置は、こちら
r3_12.jpg










ラゲッジ右側で、この下には純正アンプがあります。
少々細工は必要ですが、上のパネルも取り付けれますので、
ラゲッジは見た目変わらず、純正のままです。

スピーカーも純正位置内での交換なので、見た目は何も変えることなく
取付完了!

仕上げに、肝心要のDSPでのサウンドセッティング!

.轡礇ッとクリアな音質(明瞭感)
高域〜低域の帯域バランス(聴き心地の良さ)
L楞阿妨修Vocal(音像定位)

特にこの・・・DSP無しでは、実現しえないポイントです。

一部、純正スピーカーの使用でも納得の音質、完成です。😊

ではでは



autosaund_2019banner_b_1.jpg
※エントリーの締め切りは、5/7(日)です。お早めに!

盗難から守る
音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に










 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています