●レクサス・NX350/ESB AUDIO 3WAY取付●

nx1_1.jpg










ついこの前、DSP AMP(HELIX V-EIGHT DSP MK供砲
取付した『レクサス NX350』です。

純正スピーカーに、DSP AMP入れて調整するだけでも、
それなりに、いや大幅!に音の改善は図れています。😊

と同時に、純正スピーカーの限界を見た(聴いた)感じでもあります。
その解決で、今度はスピーカー交換です。

昨年より、日本に再導入され始めたイタリアのハイエンドスピーカー
『ESB AUDIO』
デモ機をお借りして、試聴したところ『おっ!』と思うほどの好印象!😲

M.E.I.店内のデモボードにも導入いたしました!
『ESB AUDIO8000Series』
8.028・・・25mmトゥイーター
8.165・・・165mmミッドバス
ESB.jpg










音の特徴としては、
深み・厚みのある中低域
さらりと透明度の高い高域
特に、その低域の深みを感じる鳴り方は、非常に心地よいです。

で、そのESB AUDIO8000Seriesの3WAYを取付します。

まずは、トゥイーター・・・
nx2_1.jpg










nx4_1.jpg










Aピラーに、マウント製作して取付。

ミッドレンジ(8.057・・・75mmミッドレンジ)・・・
こちらは、純正位置へ
nx8_1.jpg










⇧左から、「純正スピーカー」「ESB8.075」「取付ベース製作」

nx7_1.jpg










nx3_1.jpg










スピーカーユニットサイズは、75mmですが(純正は90mm)
フランジが大きい為、取付には多少加工が必要です。

続いてミッドバス
nx9_1.jpg










⇧純正
nx5_1.jpg










nx6_1.jpg










インナーバッフル製作・防振プラン△了楾で仕上げてます。
骨太・ハイレスポンスサウンドを奏でるミッドバスの
振動版は、ノンプレスペーパーコーンです。

DSPによるサウンドセッティングを再調整。
で、その音の方は・・・

曖昧さなく、非常にリアルであり、ナチュラルです。
車への装着でも、深みのある低域再生は変わらず表現されてます。

ESB AUDIO8000Series
・8.025(トゥイーター)99,000
・8.075(ミッドレンジ)143,000
・8.165(ミッドバス) 143,000
3点合計 ¥385,000(税込)

ESB AUDIOの中ではミドルクラスの位置付けですが、
その音は、他ハイエンド機を脅かす存在になりえるほど・・・😵
良いスピーカーです。

店内デモボードで随時試聴可能です。

ではでは

=======================

盗難から守る
音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています