●TOYOTA/210CROWN HYBRID GOLDHORN GDT68 Pro取付●
c6_8.jpg










トヨタ・210系クラウンハイブリッド、DSPアンプの取付、
フロントスピーカーの交換で、音質向上を!

まずは、フロントスピーカーから・・・
選ばれたスピーカーは、
音質UPプラン〜スピーカー交換〜より、
Morel MAXIMOULTRA602MK』!

ミッドウーファーは、
背圧処理(防振プラン 忙楾後、樹脂バッフルにて、
インナー取付。
c11_4.jpg










c10_4.jpg











トゥイーターは、Aピラーへ
c9_5.jpg










c8_6.jpg










Aピラー トゥイーターマウント製作(スェード張り)して取付です。

続いて、GOLDHORN(ゴールドホルン)のアンプ内蔵DSP
『GOLDHORN GDT68Pro』
c3_9.jpg










サイズは、ご覧の通りそこまで大きくはありません。
主なスペック・・・
・8chパワーアンプ(AB級)内蔵10chDSP
・定格出力:30W×8(4Ω)
・ハイレベル入力:8系統
・RCA出力:10系統
・Bluetooth5.0対応
電圧ビルドアップ技術Voltage build up technology搭載※
こんな感じです。

ハイレベル入力『8系統』これは、意外と便利な装備です。
今回施工の、クラウンは純正で10スピーカー付車です。
純正アンプは、
『フロント×2・リア×2・センター・サブウーファー(デュアルボイスコイル)』
の7チャンネルアンプですので、全チャンネルDSPに入力を入れる事
可能=全チャンネル純正同様の振り分けで、出力も可能と言う事。

他の車、例えばレクサスのプレミアムサウンド(10スピーカー)も
純正アンプは、
『フロントHI(ダッシュ)×2・フロントLO(ドア)×2・センター・
リア×2・サブウーファー』の8チャンネルアンプですので、
こちらも全チャンネル入力可能ですので、純正スピーカーのまま
本機(GDT68Pro)の導入も可能です!

ブルートゥース5.0対応は、嬉しい機能ですね。
c1_9.jpg










付属のアンテナ挿せば、それだけでDAP,スマホから、本機に
直接音声を飛ばせるので、純正ヘッドを通さずに音楽を鳴らす事も
可能です。

で、そのGDT68Proの取付です。
c2_7.jpg










トランク右、純正アンプと並べて取付です。
交換したフロントスピーカーは、一番重要なところなので、
フロント2WAYマルチ接続(4チャンネルアンプ使用)

センター・リア×2・サブウーファーを残りの4チャンネルアンプで
鳴らします。
GDT68Pro8chアンプのみ(別途の外部アンプ不要)で、
全スピーカーを鳴らせます。

さて、その音の方は・・・
・音は、鮮度感が高く綺麗です。
・内蔵アンプでも、リアトレイの純正サブウーファーは問題なく鳴らせます。

GDT68Proの機能は、
音作りに必要な基本的な機能は、充分備えてます。
※電圧ビルドアップ技術Voltage build up technology搭載のおかげか、
ドアミッドウーファーの鳴りっぷりはすこぶるエネルギッシュで、
駆動力は高いと思います。

交換した、Morelのフロントスピーカーと、
センター、リア、サブの純正スピーカーの調和もピシャリと決まり、
それはまさに、DSPありきですね。

GDT68Pro・・・装備機能、実際の音、から考えると非常に出来は良いです。
そして、その価格121,000(税込)
コストパフォーマンスは、非常に高い機と言えるでしょう!

純正ヘッドでの、オーディオグレードアップ完成しました。
c5_9.jpg










ではでは
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

盗難から守る
音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に

kakikyugyo202308.jpg




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています