●SUZUKI・SWIFT SPORT Morel MAXIMO ULTRA602Mk脅萇佞任后●
2021053020244911768_2.jpg











純正グリルから、かすかに見えるシルバーのスピーカー振動板。

2021053020253911822.jpg











Morel(モレル)MAXIMOULTRA602Mk兇離Α璽侫 璽罐縫奪箸任后
樺のバッフルに、8点留どめです。
マキシモウルトラの、ウーファーユニットのフレームは
スチールをプレスした物(一般的)です。
※ちなみに、TOPモデルのSUPREMO 602は、ダイキャストです。
まぁ、そこは価格が10倍から違うので、コスト面でしょうがない部分です。

スチールプレスと、ダイキャストでは強度が違い、プレスの方が
強度的には劣ります。よって、使い方によっては歪みが出てしまいます。
そこを補ってくれるのが、この8点どめです。
更に、メタルバッフルだと尚の事よろしいかと!

何が言いたいかと言うと、
止め方、付け方・・・で、同じスピーカーでも音は違います!
普通に付けても良い音しますが、より気を使って取付すると
もっと良い音します。それだけこのスピーカーのポテンシャルは高い!
と言う事です。

ちょっと、それてしまいましたが、
今回の取付は、
『樺バッフル+8点どめ』と、かなり強固に取付されてます。

そして、更に
2021053020253911822_1.jpg











ノーマルドア内⇧

2021053020244911768.jpg











防振プラン∋楾⇧
と、ドア自体の環境も改善してます。

ヘッドユニットは、
2021053020244911768_3.jpg











ディーラー装着済みの、ケンウッドのスタンダードクラスのナビヘッド。
この内蔵アンプで、そのMorelを鳴らします。
どんよりした感じは一切なく、バチッと締りのある低域再生!
ドア防振で、これが実現します。⇧
そこが、音の良し悪しの、肝の部分だと考えています。

新車納車直後の、
チョイスは、Morel MAXIMO ULTRA602Mk供
音プラOP『ドア防振プラン
の施工でした!

オーナーさんも、納得の鳴りw(゚o゚)w
2021053020244911768_1.jpg











取付車両は、『スズキ・スイフトスポーツ』でした。

ではでは


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MINIのフロントスピーカー交換!●
2021052719455524849.jpg











現状、ノーマルオーディオのMINIの入庫です。

ドア中段に付く10cmフルレンジスピーカーです。
2021052719462226088_1.jpg











ノーマルオーディオ車は、このフロントフルレンジと、
シート下ウーファー、リアスピーカーの6スピーカーでして、
低域はそこそこ出るものの、ハイレンジ(トゥイーター)が無い為、
いまいち、シャキッとしない・・・(>_<)

で、フロントスピーカーを交換する事に。
選択肢として、セパレート2WAY(ツィーター別体)
又は コアキシャルタイプ(トゥイーター一体)とありますが、
今回は、コアキシャルタイプで行きます。

2021052719455524849_3.jpg











BMW・MINI専用のトレードインタイプで定評のFocal(フォーカル)の
『IC BMW100L』です。

2021052719462226088.jpg










スピーカー周辺の制振及び背圧処理を施工した上で、取付完了。

2021052719455524849_1.jpg











2021052719455524849_2.jpg











見た目は一切変わらずの『スマートインストール』
音は、出た瞬間に解る程の変化量。

今まで、無かったサラリと艶やかな高域・・・
ヴォーカル帯域の抜けの良さ、そして明瞭感!

スピーカー交換だけで、この感じが得られるのは
嬉しい感じです。(^-^)

ではでは

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●FJクルーザー/サブウーファーのアンプを交換する!●
202105261938011847_3.jpg











2019090919541029869_2.jpg











既に取付済みの、JBLのサブウーファー。
エンクロージャーは、海外向け仕様の純正品です。

これを、
2019090919541029869_1.jpg










MATCH・M5DSP MKの内蔵アンプで、鳴らしています。
鳴らせるには、鳴らせるが、もっと余裕を、そして質の高い鳴りを求めて、
SWアンプを追加する事に。

2020121410294329883.jpg











取付場所を考慮して、超コンパクトサイズ『ETON MICRO120.2』
をチョイス。

202105261938011847_1.jpg











ラゲッジ(右側)ばらした所です。
この、トリム内部へ『インバーター』『SWアンプ』を取り付ける為、
コンパクトサイズがよかったわけでして、

202105261938011847.jpg











こんなラックを作って、

202105261939021848.jpg











こんな感じで、付いてます。
蓋を開ければ、AMP GAIN調整も可能、FUSEへのアクセスも可能、
インバーターのスイッチへのアクセスも可能・・・と、メンテナンス性も、
考慮しております。

おっ、ここの蓋も純正(海外仕様?)コンセント付を使用。
202105262037548764.jpg











インバーター出力は、これに接続しているのちゃんと使えます。

で、肝心のサブウーファーの鳴り方は・・・・
こんなにも、違うものか!w(゚o゚)w
と言う程の、鳴りっぷりでして、量感申し分無し、歯切れも良し!
オーナーさんも、思惑通りのサウンドグレードアップにご満悦です。(^-^)

それと、もう一つフロントスピーカーも交換して頂きまして、
202105261937034001_2.jpg











M&M製のアルミインナーバッフル&TOPで、組まれた
JBL 670Gtiのミッドウーファー。

そして、フロントドア防振プラン△了楾。
202105261937034001.jpg












トゥイーターは、ダッシュ上インナーで純正位置へ。
202105261939021848_2.jpg











202105261939021848_1.jpg











リアクォータースピーカーも
202105261938011847_2.jpg












スピーカーは、全て
202105261937034001_3.jpg











オールインナー取付です。

メリハリの効いた、爽快なJBLサウンド!完成しました。

見た目は純正然として、形崩さずの
FJクルーザーでした。
202105261937034001_1.jpg












ではでは


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●TOYOA 86/スピーカー交換&ドア防振●
2021052320421631740_1.jpg










TOYOTA 86へ、音質UPプラン〜スピーカー交換〜の施工です。

スピーカーは、プラン内での人気No1の『Morel MAXIMO ULTRA602Mk』を
取付ます。

まずは、トゥイーターから
2021052320431026045_1.jpg











2021052320431026045_2.jpg











純正位置へ、トゥイーター固定パネルを製作して取付。
純正位置内への取付は、標準施工なのでパネル製作料金は掛かりません。

次、ミッドウーファー
2021052320431026045.jpg











高強度そして耐久性の高い、ABSインナーバッフルを使用してガッチリの8点止め。

2021052320421631740.jpg











ミッドウーファーを鳴らす環境も万全にして、ドアは完成!

2021052320421631740_3.jpg












鳴らすヘッドは、
2021052320421631740_2.jpg











カロッツェリアの200mmワイドのサイバーナビ。
サイバーナビは、クロスオーバー内蔵ですので、
フロント2WAYマルチ接続が可能!これは音作りには大きな利点ですので、
マルチ接続とする事に!(※マルチ接続の場合は、リアスピーカーは鳴らせません)

トゥイーターと、ミッドウーファーそれぞれ単独アンプとなり、
それだけでも音質の向上に!
更に、調整出来る事も大幅に広がります
・各スピーカーに対しての、タイムアライメント調整が可能。
・トゥイーター〜ミッドウーファー間のクロスオーバーの調整が可能。
・各スピーカーのレベル調整が可能。
・・・と、通常接続では出来ない事が、色々出来る様になります。

カロッツェリアサイバーナビ、もしくはDIATONE SOUND.NAVIのPREMIモデル、
はフロント2WAYマルチが出来ます!
この辺から、音が良いナビ=サイバー、PREMIと言われている訳です!

で、この86の音はと言いますと、
ミットウーファーの締りある低域、そして抜けの良い中音域・・・
ツィーターもキラリと艶のある高域再生・・・
そして、それらの一体感w(゚o゚)w

音が良くなったレベルではなく、驚きのレベルの音質UPでした!(^-^)

でもこれは、純正ナビとかでは無理な話でして、
サイバーナビのおかげの要素が大きいのは、確かです。

ではでは








 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●静寂空間を求めて・・・フロア防振です!●
202105222036589155_2.jpg











MAZDA/ATENZAより静かに、快適に・・・

⇧⇧⇧ボディサイズ毎に、価格表作ってます!

まずは、施工部位へアクセスする為、ばらします。

202105222036589155_3.jpg










キックパネル、ステップ、Bピラー、フロントシート、
リアシート座面、センターコンソール・・・ここまでバラシて
ようやくフロアカーペットが外せまして、鉄板部剥き出し状態になります。

では早速、入念に脱脂処理して一層目の施工で、制振材を貼り付けます。
202105222036589155.jpg











ほぼ、全面張りされた制振材は『Stp Aero』
良く見て下さい・・・・STPの文字の向き・・・全部揃えてます(^-^)
あっ、向きが変わっても効果は変わりません。

ひと時の、自己満足を満喫し、その数時間後には・・・・
202105222036589155_1.jpg











2層目の吸音材『Stp Biplast10』施工で、文字は見えなくなります。(>_<)

あとは、ばらした所を元通りに組みつけて完成です。

車内に乗り込みドアを閉めた時の、閉まる音、車内の空気感が、違います。
更に、エンジン始動・・・ここでも静寂感を感じます。
走行中、その効果にほっこりします。(^-^)

アテンザのフロア防振処理⇨静寂度UP!UP!でした。

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●新製品でます!DIATONEのスピーカー!●
いつも、いきなりのカタログ送付でのDIATONE新製品の案内です。(^-^)
昨日、三菱電機より届きました!

g400.jpg












DIATONEからの、新製品はフロントスピーカーで
『DS-G400』です。

まだ、カタログと、説明資料が届いただけで音はもちろん聴いてませんので、
そこは何も語れませんが、

見るに、『DS-G300』と似ている感じです・・・・・が、
資料を見るに、かなり素材変更、改良がなされています。

主な違い
●トゥイーターダイレクターの形状変更・色変更
●ウーファー、トゥイーター共に振動板の変更 『NCV-R』へ
※NCV-R・・・・DS-SA1000(フラッグシップモデル)のウーファーと同素材。
●ウーファーエッジの素材変更
2021052021592411467_3.jpg











G300のトゥイーターに比べて、やや丸みを帯びてます。
デザイン性のみならず、高音質化の為の形状変更との事。
色は、DIATONE独特のブラウン系に!

●トゥイーターブラケット裏の制振材
2021052021592411467_2.jpg













ブラケット鳴きを留め、聴感上のS/N比向上へ!

●ネットワークの定数変更

・・・・・・・・・・・・・・・などなど、かなり細かな所まで、手を入れられてます。
ここに辿り着くまでに、これやって・・・試聴、あれやって・・・試聴・・・・・・
・・・・・・・・膨大な回数のテストをされているのでしょうw(゚o゚)w
さすが、拘りのブランド『DIATONE』です。

デリバリー開始・・・・2021年6月8日(火)
内は、定休日ですので、6/9〜 (^-^)

DS-G400 希望小売価格・・・・110,000円(税込)


資料を見てると、かなり期待できるのではないかと思います。
いや、期待して下さい!

そして、G400発売に伴い、『DS-G300』生産終了となります。
(在庫限り)(>_<)

あっ、もう一つ
SOUND.NAVIもモデルチェンジで
『DIATONE NR-MZ300PREMI-4
変更点は、地図更新のみです。

DIATONE SOUND.NAVIは発売以来(MZ60PREMI〜)より、
全モデル、デモカーに使用してきていますが、モデルチェンジ毎に着々と音質向上なされ、
現行『300PREMIー☆』はヘッドユニットとして、またプロセッサーとして、
非常に完成度の高いハイエンドオーディオ機器となっていると思います。

久々の、DIATONEからの新製品発売のお知らせでした!

ではでは


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●carrozzeria TS-V173S(現行モデル)/店内デモ外し分ちょっと訳アリ●
まず初めに、ちょっと訳アリについて・・・
音に関しては、全く問題ありません。
付属品である、トゥイーターオンダッシュマウントがありません。
訳アリの理由は、その1点です。

ですので、今回の販売は、取付込での販売のみとさせて頂きます。
v17.jpg

















カロッツェリア カスタムフィットVシリーズのフラッグシップモデル
『TS-V173S』デモ使用分(店内)、取付込での販売条件、内容は・・・・

.肇ゥぁ璽拭爾純正位置インナー取付が可能な車種
例)・トヨタ車全般、
  ・マツダ車(トゥイーターがダッシュボードにある車種・・・アテンザ・CX5・アクセラ等)
   などなど

▲肇ゥぁ璽拭爾髻Aピラーまたはドアミラー裏にトゥイーターマウント製作して取付希望の方

に限らせて頂きます。
※サウンドシステム付車(BOSE・JBL等含む)、輸入車は対象外です。

それぞれ金額は
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

.肇ゥぁ璽拭璽ぅ鵐福室萇佞両豺
カロッツェリア TS-V173S(M.E.I.保証3ヵ月付)
17cm2WAYスピーカー
デモボードで使用していた物です。

取付の内容(音質UPプラン同様取付)
・インナーバッフル・防振プラン 頁悵欺萢)・スポンジリング・・・・全取付工賃含む
詳しくは、こちらをご覧ください・

取付込販売価格
¥60,000(税込)

※スピーカー新品使用時の同内容の価格・・・93,500円(税込)
             
程度・・・5段階中4.5

店頭在庫有り、現物確認可能
商品に関して、ご質問等ございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

▲肇ゥぁ璽拭Aピラーorドアミラー裏マウント製作の場合
カロッツェリア TS-V173S(M.E.I.保証3ヵ月付)
17cm2WAYスピーカー
デモボードで使用していた物です。

取付の内容(音質UPプラン同様取付+オプショントゥイーターマウント製作)
・インナーバッフル・防振プラン 頁悵欺萢)・スポンジリング・・・・全取付工賃含む
詳しくは、こちらコチラご覧ください。

取付込販売価格
¥100,000(税込)

※スピーカー新品使用時の同内容の価格・・・137,500円(税込)
             
程度・・・5段階中4.5

店頭在庫有り、現物確認可能
商品に関して、ご質問等ございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

現品限りですが、内容からするとかなり良い条件だと思います。

よろしくお願い致します。

※いつもながら、取り置きは無し、早く連絡をくれた方最優先です。

では


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●銘機!『carrozzeria DEH-P01』FKシビックに取付●
2021051521584323251.jpg











素敵なボディカラーのFKシビック!
『ソニックグレー・パール』という色らしい。

ホンダ車は、まだオーディオレス設定があるので
ヘッド選びが出来て良いですね。

ナビ不要、音重視でのヘッドユニット選択で、
2021051521584323251_1.jpg











カロッツェリアの銘機『DEH-P01』をチョイス。
ちょっと、調べてみたら発売は『2009年6月』w(゚o゚)wと、
ちょうど干支1週するところです。

機能は、現在物に比べると劣る部分もあるかと思いますが、
音に関しては、色褪せることなく非常に良く◎です。

ちょっと、高めのアダプターが必要ですが
ステアリングリモコンも使えます。

スピーカーは、熟考中とのことで
ひとまず、純正スピーカーを鳴らす事に。
2021051521584323251_2.jpg












それでも、P01のおかげで充分聴ける、楽しめる音に、
オーナーさんも満足されてました。

ではでは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
明日、5/16(日)は、臨時休業致します。
ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願い致します。
m(._.)m
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MARK-X/MOPナビ⇨CYBER NAVI9インチへ!●
2021051320405216402.jpg











メーカーオプションナビ装着のマークX。
車は、オーナーさんお気に入りですが、ナビは現在の物と比べると、
古さは否めません・・・・(>_<)

で、最新現行のサイバーナビを取付する事に。
一般的に、メーカーオプションの取り外しは、不可の車が多いのですが
マークXは、大丈夫です!

2021051320405216402_3.jpg











純正パネル(オーディオレス用)を加工、取付ブラケット加工・・・・して、
カロッツェリア9インチサイバー『AVIC-CQ911』の取付です。
2021051320405216402_2.jpg











加工したパネルは、塗装屋さんでマットブラックに仕上げて貰います。
※現車合わせでの製作なので、パネルのみの販売はできません。
202105132039405227.jpg











完成!(^-^)

202105132039405227_3.jpg











ETC・・・・問題なく使用可能。
2021051321230222065_1.jpg











ステアリングリモコン・・・コチラモ問題なく使用可能。
202105132039405227_1.jpg











バックカメラ・・・純正を使用可能。(若干の加工+アダプターが必要です)

以前取付したスピーカー
2021051320405216402_1.jpg











2021051321230222065.jpg











カロッツェリア最高峰のRSシリーズ
『TS-Z1000RS』をフロント2WAYマルチで、外部アンプ使用して
鳴らしてます。

音質良し、調整機能も充実のサイバーナビで鳴らす、RSスピーカーが
これまた、最高に良い音してます!(^-^)

さらに愛着の湧くMARK-Xになったのでは!!

202105132039405227_2.jpg













2021051321285423794.png



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●人気継続中の電源アクセサリー『仮想アース・KOJO VE-02』●
ここ最近では、取付ユーザーさんからも非常に評判の高い、
電源アクセサリー/仮想アース『KOJO VE-02』
202105092114263923_2.jpg












以前、取付したKOJO『Nve-03』のADD VE端子(VE-01or02接続用)へ。
取付します。

202105092114263923_1.jpg











シート下は、左右ともアンプ、DSP・・・で満員御礼状態なので、
助手席足元発泡スチロールかさ上げされた部分に、カットして取付した『Nve-03』

さらに、スペース作って、VE-02の取付です。
202105092114263923.jpg












さて、音の変化はと言いますと、
『劇的変化!w(゚o゚)w』とは言いません。
・・・ただ、取付前と後では、音の違い出てます。

取付直後は一瞬音が荒げた印象があるも、少々鳴らしてからは、
静寂感(SN感)、纏まり感、落ち着き感の向上と言いましょうか、
全体的に上品な音になった印象です。

いつも、聴いているオーナーさんであれば
その違いの判断は難しくは無いと思います。

今回は、Nve-03取付車でしたので、その端子に取付しましたが、
ナビヘッド、DSP、アンプ・・・などへの直付けももちろん可能。

機材のポテンシャルを引き出し、音をワンランクアップしてくれる、
優れものアイテムだと思います。

201905192029374812_2.jpg










理想の音への追及、そして音の違いの判る男!
白のエスティマさんでした。

だいぶ音も熟成されてきましたね!
m(._.)m

ではでは

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています