●ホンダ/JADE『フロア〜〜〜ラゲッジ』まで、防振処理!快適空間製作●
ホンダ『JADE』防振施工で、入庫です。
j5.jpg











スポーツタイプのミニバン?!とでも言いましょうか、
全高低く、立体駐車場OK、充分な居住スペース、そして機敏な走り・・・
中々、使い勝手の良い車だと思います。

j1.jpg











以前、Clarionの9インチナビ『NXV997D』を加工取付、
そして更に、そのナビとデジタル接続できるオーディオプロセッサーで、
『FDS(フルデジタルサウンド)』も装着済み。

作業開始前に、現状のサウンドを試聴・・・
おーーっ!久々に聴いた、FDSにちょっと感動です!w(゚o゚)w

凛とした静寂空間(高SN)から、ポンッと浮かび上がる音像!
他ではなかなか味わえない、この空気感・・・気持ちいいです。
更に、ベースのズーンと深みのある低域再生も難なくOK!
サブウーファーついてたっけ?と思う位の量感もあって、スケールも大きい!

と、オーディオはこの辺りにしときまして、
本題の防振作業開始です。

施工箇所は、『フロア』『ラゲッジ』になります。
お車のタイプ毎に、施工料⇧を設定してます。
気になる方は、是非ご覧ください。

まずは、施工箇所の内装をバラシ、バラシです。
j3.jpg











ボディ、剥き出し状態!
各所に、拘りを感じられるこのJADE、バラシ作業も結構大変(>_<)・・・

では、貼り込んでいきます。
1層目、制振材。
使用素材は、効果、信頼性抜群の『STP』を使用。
部位に適した素材を使い分けて施工します。
j2.jpg











『STP Aero』を主に使用、一部『STP BOMB Aero』

続いて、2層目・・・
2021061621150921031.jpg











吸音・遮音シートを貼付け。
使用素材は、同STPで『Biplast10』

1層目、及び2層目の施工で、広帯域に渡るNoiseをシャットダウンです。

施工完了、内装も組み付け後、
車内に載ってドア閉めます・・・・閉めた時の、車両の響きからして、違います。

続いて、エンジン始動(アイドリング中)の、車内の静寂度も、
施工前との違いは、体感できるレベルです。

今まで以上に、快適な車内空間となったのではないでしょうか!!
そして、最後にオーディオの音も今一度チェック!
ある意味、防振した車は、リスニングルームの変更に近いものがあるので、
オーディオの音の聴こえにも変化が出てきて当然です。
明瞭感のアップ、そして解像度のアップ・・・と更に磨きがかかった感じで良いです。
それに合わせて、オーディオセッティングも、微調整してお渡ししました。

ではでは







 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています