●天井・ラゲッジ・・・まるっと!全部防振!●
2020.10月施工の、フロア防振です。⇩
2020102319460226749_2.jpg











フロントドアは、スピーカー取付時に施工済みでして、
残る箇所、全部まるっと防振します。

まずは、ボンネット・・・
2021030809470645629_3.jpg











 ̄れ落とし、脱脂をしっかり行った上で、
面のところへ、STP AEROを貼付け。

2021030809470645629_1.jpg











吸音&断熱、そして防水使用の『STP ACCENT6』で、
覆います。

2021030809470645629_2.jpg











純正で、インシュレーターがないので万が一の脱落防止の為、
クリップで留めました。
※基本、インシュレーターが無い車両はボンネット処理は施工しません。
但し、このお車の様に、クリップ留めが出来る場合は、施工可能です。

続いて、リアドア
2021030809485043323.jpg











ノーマル状態

2021030809480540443_3.jpg











外板パネル『STP AERO』+『ATP ACCENT6』、
内板パネル『STP AERO』でホール埋め。

2021030809485043323_1.jpg











トリムは、『STP AERO』+『Biplast10』
Biplast10は、吸音+遮音のスポンジ系シートです。
非常に柔軟性が高いので、凹凸追従性が良いです。
しかも、強粘着です!

続いて、天井(ルーフ)
2021030809494446187.jpg











ノーマル状態です。見るからにやりがいを感じます!と同時に
防振効果が想像つきます。

2021030809485043323_2.jpg











一層目・・・『STP AERO』全面貼付け。
もうこの時点で、『鉄板の響き』無くなってます。

2021030809485043323_3.jpg











2層目・・・『STP Biplast10』
ルーフ・鉄壁の守り完成です!

※この車両のルーフ内装は、ボディに接着されてまして(時々あります)
外すのに一苦労です。・・・場合によっては、綺麗に外せません。
この車両の場合、外せなかったので切りました。
2021030809494446187_1.jpg











当然その場合は、再利用不可ですので、

2021030809494446187_2.jpg











新品交換が必要です。

次、リアハッチ
2021030809480540443.jpg











ノーマル状態

2021030809480540443_1.jpg











『STP AERO』+『STP ACCENT6』で、
制振・防音対策です。
多少、重量増になりますので、ハッチの締りが良くなった感じです。
サブウーファーがラゲッジにある場合など、良くビビりが出る箇所ですので、
将来のサブウーファー取付ても、OKです。

次、ラゲッジ及びピラー
2021030809502845649.jpg











ノーマル状態です。綺麗な物でして、純正での制振は無いです。

2021030809502845649_1.jpg











スペアタイヤ部〜ピラーの立ちあがりまで、制振処理。
使用材料は、『STP AERO』+『STP BOMB AERO』です。
施行部位により、BOMB、AEROを使い分けてます。

2021030809502845649_2.jpg











仕上げは、『STP Biplast10』です。
ラゲッジは、防振効果の体感が出やすい箇所です。
どこかに絞って、施工する場合は『ラゲッジ』をやる事をお勧めします。

施工納車後、オーナーさんのインプレッションです。

『ロードノイズ、だいぶ静かになりました!
オーディオの音も、良くなった様な気がします。
丸ごと防振して、良かったです(^-^)

・・・と

体感できて、何よりです。

以上、車一台丸ごと防振施工(MIRA)でした。
2021030809470645629.jpg












ではでは


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています