●音質UPプラン〜Morel MAXIMO ULTRA602〜です!●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いよいよ、明日(数時間後)から『10%』ですね。
特に、大きな買い物をする予定も無く、増税に関しては
個人的には、あまり気にはしていませんでした。

増税と並行して、『キャッシュレス化』に、かなり力が入ってるように思います。
朝の情報番組などでも、ちょくちょく取り上げらえてたりとかで見ましたが、
色々な還元が有ったりと、使うメリットは今時点では大きくありそうです。
(正直、あまりくわしくないので・・・・多くは、語れないですが・・・)
こっちの方が、気になります。

で、
paypay.jpg










うちのお店でも、『PayPay』使えます!(^-^)
実は、数か月前から使える様にしてるのですが、徐々に使用される方も
増えつつあるのが現状です。

さて、本題へ
実際に、試聴頂いてからコレを選ばれる方も多く、安定の人気を誇る
『 Morel(モレル)』
その中の、エントリーモデルの『MAXIMO ULTRA602』(16.5cm セパレート2WAY)
メリハリある明るめの音質!、パワー感みなぎる低音域!、
曇りなく突き抜けてくる高域!・・・と、モレルブランドの中では、エントリーに
位置するけれども、他のブランドと比較であれば、中級以上の位置づけでも
おかしくない実力機です。( ̄ー ̄)

その、マキシモウルトラ602の取付です。

取付車両は、高音質ナビヘッド『DIATONE NR-MZ200』
を装着済みの『プリウスα』!
純正スピーカーからの、グレードアップです。

音質UPプラン標準施工になります⇩
2019093020555032369.jpg










純正楕円ドアスピーカー、及びダッシュ上5cmスピーカーより、
型取りしたバッフルを製作です。

2019093020555032369_3.jpg










純正位置へ、インナー取付された、トゥイーター。

2019093020555032369_1.jpg










音質UPプラン標準施工に含まれる、スピーカーの背圧処理を施工します。
※音質UPプラン標準施工では、防水ビニールシートは剥ぎません。
 剥いで、外板全体の制振および、サービスホール埋め等の施工は、
 オプションの『防振プラン(劇的音質UP効果あり⤴)』です。

2019093020555032369_2.jpg










バッフル固定・・・スピーカー取付・・・スポンジリング・・・
で、ドアスピーカーの取付は完了!

音の深み、明瞭感!・・・純正から比較すると圧倒的な違いはあからさま!
内蔵アンプ(MZ200)で鳴らして、この鳴りっぷりは流石と言うレベルです。

欲を言えば、より繊細で、正確に鳴らす為に、
防振プラン』を、されに欲を言えば『防振プラン(内張り裏処理)』を!
まだ、上げ代はありますぞ!

Morel MAXIMO ULTRA602・・・お値段以上!いいスピーカーです!

では

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
引き続き、人気です『M&M SN-USB6000シリーズ
2019093020544329636.jpg










カタログには載っていないモデル(当店でも購入可能です)で
カロッツェリア(USB1ポート)サイバーナビ用!
驚きの、音質UP!でした。w(゚o゚)w

ではでは

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●電源アクセサリー(サウンドサスペンション)や、USBケーブル(M&M)など・・・●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日は、現システムをより活かす!
アクセサリーパーツの取付です。

まずは、カープレッドの、『MAZDA/アクセラ』です。
2019092321343040413.jpg










着々とシステムアップして、現装着スピーカーは
DIATONEのフラッグシップ『DS-SA1000』+『SW-G50』!と、
かなりのゴージャスシステムです。
2019092321343040413_1.jpg






















このフロントスピーカーを鳴らすアンプは、BEWITHの赤い『P-100R』
現システムを、更なる改善そして、音質UPを期待し、装着したのが

2019092321343040413_2.jpg










所狭しと、『NRR供戞憤柄亜∩着)と並んで取付けられた、
『カレントリバイブ』。
ちなみに、カレントリバイブの働きは、
入力電源のノイズ緩和、基板上ノイズの緩和・・・などです。
アンプをもっと、良い環境で駆動させましょう!と言う事です。

BEWITHアンプは、モノラルアンプです…・・・
NRR』、『カレントリバイブ』はそれぞれ各アンプに取付ますので
4個必要になります。多チャンネルアンプに比べ、費用は掛かりますが、
そこは、譲れぬ所です。

その結果は・・・・
静寂感UPで、鮮度良好!粒立ちも良く、より多くの情報をスピーカーが
出してくれている様です。
オーナー様にも、大変お喜び頂けました。m(._.)m

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

つづいて、もう一つ。
先日、当ブログでご紹介した『M&M・本気のUSBケーブル
テリオスキッドに取付しました。

201909232135036581.jpg










長さは、最短の『0.5m』

2019092321345348687.jpg










取付ヘッドは、カロッツェリア・Cyber X『AVIC-CL902XS』

再生機として、さまざまなものを使われてまして、
2019092321345348687_3.jpg










MM-1D(赤いの)や、

2019092321345348687_2.jpg










FiioのDAP。(この2機は、テクニカのHRD500経由で、AUX接続)

2019092321345348687_1.jpg










そして、Cyber X内の『SD』そして、今回の『USB』

接続後、比較試聴するのですが、
すでに各メディアに同じ音源が準備済み!(流石です、助かりますm(._.)m
幾度も、切り替えて、試聴した結果・・・

M&M SN-USB6000AJ-A接続のUSB再生が、1番良いと感じました。
・生々しく、立体感を感じます。
・シンバルの響き、低域の締りなどは顕著に判ります。

オーナー様も、同様の意見でして、
USBが一番良くなったね!』とご満悦でした。

m(._.)m

このUSBケーブルの本気度は、充分伝わってきました。
mmusbup.jpg











ではでは










 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●違いを判断するのに時間は不要!本気のUSBケーブル!●

matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今、店内デモボードは、『carrozzeria AVIC-CZ902XS(CYBER X)
をメインヘッドに音出しをしております。
usb2.jpg











普段のBGMとしては、ブルートゥースを使用してランダム再生。
お客様試聴時は、この『USB2』にUSBメモリに入れた、比較試聴の解りやすい
音源を、高音質で聴いて頂いてます。

M&M DESIGNが本気で製作した、オーディオ専用USBケーブル
※⤴カタログより抜粋
テスト試聴してみました。
201909182023477396_2.jpg










ナビ裏の「USB2」のポート(A)に、『直差し!
直差し』『バッ直』・・・他に思い浮かばないですが、『〜直』って言葉、
オーディオ的に、良さそうで好きです。

では試聴!
201909182038039043.jpg










CZ902XS同梱のUSBをまずは、試聴・・・普通に良いです。
M&M/SN-USB6000AJ-A』に交換して試聴。
201909182023477396.jpg










AJ-A・・・「Aのオス〜Aのメス」の品番です。⇑コレです。

で、比較試聴の感想。
まずは、その生々しいヴォーカル!リアリティ抜群です。
そして、繊細さを保ちつつの、骨太濃厚感
システムアップした感じと言うよりも、ポテンシャルアップです!

ノーマルケーブルに戻し、再度試聴。
・・・・・・(~ヘ~;)(~ヘ~;)(~ヘ~;) モッタイナイ・・・!

⇑これは、僕の個人的な感想です。
是非、ご自身で聴いて判断して下さい。
なので、店頭で比較試聴出来る様にしてます!
201909182023477396_1.jpg











ちなみに、
カタログには出てませんが、
DIATONEのUSB端子用
mmusbdia.jpg



カロッツェリアCYBER NAVIのUSB1の端子用
mmusbpio.jpg



も、あります。

あっ、試聴できるのは(A−A)のみです。
201909182023477396.jpg










では

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●ポルシェ/マカンのナビ交換!●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ポルシェ・マカン、純正クラリオンナビからの交換で、
ケンウッド『MDV-M906HD』取付です。

2019091621064624441_2.jpg










純正ナビです。(クラリオン製/NX713相当品)です。
相当品・・・『まぁ、同じだろう!』と考えがちです。
いや、そう思いたくなります、取付前は・・・

輸入車(欧州車)の取付KIT関連商品は、いつもPB社の物を使用していますが、
そこからも、この年式(2016Y)のKIT、CAN-BUSは出ておらず・・・
他を探すも見当たらず・・・

『案ずるよりも・・・・・・』と言う事で、作業開始!
ほぼ、想定通りでしたが、
『NX713相当品』=『全く同じではない』でしたが、無事取付完了!
2019091621064624441_1.jpg










HDパネル搭載の『M906HD』・・・画面はクリアで、綺麗です。

2019091621064624441.jpg










BOSEサウンドも使用可能です。(全スピーカー鳴らせます!)
バックカメラも使えます。(舵角連動します)

macanbody.jpg











では






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●30プリウス・DEQ-1000A(カロッツェリアのプロセッサー)取付!●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
30プリウス、カロッツェリアの『DEQ-1000A』の取付で入庫です!
2019091419541333405.jpg










現状、ナビヘッド(イクリプス)
2019091419541333405_2.jpg










それと、フロントスピーカーも交換済み。
でも、音がイマイチ・・・・"<(××)>"

次の一手で、プロセッサー導入へ!
2019091419541333405_1.jpg










カロッツェリアの、アンプ内蔵プロセッサーを取付で、音質UPを!
ナビヘッドで、音が良い機種も存在しますが、
買ったばかりの、ナビを『音がイマイチだから、ナビ替えよう!』とは、
ならないですよね?!

あるものは、使いたい!ましてや、買ったばかりの物なら
なおさらです。と言うのが人の心情というものでしょう!

そんな時のジャストアイテムです!
DEQ-1000A』リーズナブルながら、結果を出してくれる優れものです。

次の一手でなく、音質UPへの『第一弾!』としても、よろしいかと!

では

あっ!あまり言ってませんが、
『DEQ-1000A』試聴デモカー兼代車あります!(だいたい常時あります)
その実力!お聴きください!(`⌒´)!! 

システムは
純正ナビヘッド⇒⇒DEQ-1000A⇒⇒Morel MAXIMO ULTRA602(フロント2WAYスピーカー)
になります。

ではでは







 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●プロセッサーで音質UP!NewMODEL『MATCH /M5DSP MK供戞
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

MATCH(マッチ)の超小型アンプ内蔵DSP『M5DSP』が、モデルチェンジ!
New『M5DSP MK供戮発売されています!
ハイエンドモデルの『BRAX DSP』、そして『HELIX DSP.3』と最新モデルに搭載され始めた
『アドバンスド コプロセッサー』!この機(M5DSP MK供砲砲眦觝椶気譴討泙后

この機の特徴のひとつは、そのサイズ!
2019090919541029869_1.jpg










グローブボックス内へ、取付。隣のETCと比較して頂ければ
このコンパクト差は、お判りかと・・・(゚O゚;)

コンパクトだけが売りな訳ではなく、スペックも充分!
5チャンネルアンプ内蔵』(例:フロント+リア+サブウーファー)
更に、システムアップでアンプ追加(2CH)も可能な、7チャンネルDSP搭載
更に更に、デジタル入力(OPT)装備。動作サンプルレート48K/26Bitとハイレゾ対応
音質も、想像以上に良いですし、パワーも充分です。

内臓の5チャンネルアンプの内の1チャンネルは、サブウーファー出力。
90W RMS/180W MAX×1ch 4Ω
160W RMS/320W MAX×1ch 2Ω

今回この内蔵アンプを使って鳴らしたのが、
2019090919541029869_2.jpg











純正エンクロージャーにセットした、『JBL』のサブウーファー。
M5DSPMK兇離汽ぅ困らは想像しえないくらい、しっかり鳴ってくれてます。

今回のサウンドグレードアップは、HU内蔵アンプから、M5DSP MK兇悗
変更でしたが、SN感も非常によく、音の厚みも増し、スピーカーのポテンシャルは
かなり引き出された感じです。

取付したお車は、FJクルーザーでした。
2019090919541029869.jpg












では






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●BMWの音を良くする!(見た目変わらず、低コストで)●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png







⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧音質UPに、今や必須アイテム!アンプ内蔵低価格プロセッサー登場!⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

onshitsu_banner2018.png



↑↑↑ 新しくなって、種類も豊富になりました!↑↑↑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
トップのバナー画像、『ドライブレコーダー』に替えてみました。(^-^)
ちょっと前まで、あおり運転(`ε´)のニュースでのドライブレコーダー映像・・・・
ばんばん流れてましたね。

前方、そして室内の録画映像があったから、ニュースに取り上げられ、そして
犯人逮捕・・・・となったものの、もし映像がなかったら・・・?
と考えると、ここまで大騒ぎにはなっていないのかと思います。

当店でも、問い合わせは増えてますし、実際に取付も増えてます。
「あおり」のみならず、万が一の事故の時など、正確な状況が判ると思います。
(良くも、悪くもです)

ドライブレコーダー・・・・
お役に立つことが、無いのが一番ですが、そればっかりは未来の事なので
判りません。
『備えあればなんとか』・・・・と言う言葉もあります。
付いてた方が、安心感もありますし、付けとくべきだと思います。

ちょっと、煽ってみました。(^-^)

と、言う事で僕の通勤車にも、そろそろ付けよう思います。w(゚o゚)w

前置きが長くなりましたが、本題へ

BMWの音を良くする!(低コスト編)です。
フロント10cm+リア10cm+シート下ウーファー×2
ノーマルサウンドの、BMWのスピーカー構成です。

スピーカーは、純正のまま、もちろんヘッドユニットも!
2019090620300532704_1.jpg










2019090620300532704.jpg










カロッツェリアの『DEQ-1000A』4チャンアンプ内蔵プロセッサーと
カロッツェリアの『GM-D1400』4チャンアンプを取付です。

プロセッサー内蔵アンプで、フロント&リアスピーカーを鳴らし、
D1400供■チャンアンプはブリッジ2チャンネル使いで、シート下ウーファーを鳴らします。
筆箱サイズですが、純正ウーファーを元気よく鳴らせるハイパワーです!

配線加工して、それぞれのスピーカーに結線。
DEQをスマホで、調整・・・・!

シート下からの低音が・・・・ダッシュ奥から聴こえてくる!
全体音像も一段上へ、ダッシュボード上に展開されるステージ!

と言う位、良くなります。

DEQ-1000A・・・28,000円
GM-D1400・・・16,000円
締めて、商品代44,000円(税別)で、このサウンドアップ効果はコスパ高いです。
音楽を楽しめます!o^□^o
※別途、ケーブル代、配線加工、工賃等掛かります。

いやいや、もっと予算あるよ!と言う方・・・もっと、良いDSPもありますから、
そちらをご紹介しますので。m(._.)m 

ちなみに、取付した車両は『BMW・1シリーズ(118i)』でした。

では


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています