●HONDA FIT4・GROUND ZERO スピーカー+HELIX DSP AMP取付!●
f9_1.jpg










ホンダ・フィット
HONDA CONNECTディスプレー付き車の入庫です。
f2_7.jpg










まずは、DSP AMPの取付で
『HELIX M-FOUR DSP』を取付です。
f7_4.jpg










運転席シート下に、設置。
小さな小箱は、ブルートゥースユニット『Audison B-CON』です。
・DAP⇨B-CON⇨M-FOUR⇨スピーカー
・純正ヘッド⇨⇨⇨⇨⇧

純正ヘッド+DAPの、ダブルヘッドで使用する為、コントローラーを付けます。
f1_7.jpg










コントローラーは、『URC-3』必要最低限ならこれで充分!

M-FOUR DSPから鳴らすスピーカーは、
GROUND ZEROの上位機種『GZUC 165.2SQ』
f5_5.jpg










トゥイーターは、別売りのマウントを使用して、
Aピラーに直付け。

f8_3.jpg










ミッドウーファーは、防振プラン2(フェリソニ仕様)施工の上、
樹脂バッフルで取付してます。
深みのある豊かな低域量感、レスポンスの良さは好印象です。

続いて、サブウーファーも同ブランドで『GZIB 20BR』を!
バスレスボックスに8インチウーファーがセットされた
コンパクトサイズです。
f3_7.jpg










リア可倒式の右側スペースのみで設置可能。
左側は、シート倒して長物も積み込めます!
フロントスピーカーとの一体感で、存在感はゼロ!
音全体の厚み増!スケール感UP!と、効果は上々です。

このサブウーファーを鳴らすアンプは、
運転席シート下に設置した、『VIBE POWERBOX400.1M-V7』
この筆箱サイズからは、想像し得ない駆動力です!
f4_6.jpg











フロント2WAY+サブの基本構成のこのシステムの音は・・・
重厚感あり、そしてハイレスポンスで聴き心地は快適です。
純正ヘッドでも、充分いい感じで鳴らせます。
ただ、DAPでの再生の方が、繊細な表現力・SN感・鮮度感・・・
音の面に関しては、すべて上回っていると思います。

ホンダ・フィット4 オーディオシステム、完成です!

この度は、遠方より(海を渡って)お越し頂き
ありがとうございました。m(._.)m

ではでは
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

盗難から守る
音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●DAP置台・コンソール製作!●
DAPユーザーが、ボチボチ増えている昨今・・・
皆さん、置き場に困っている様です。(>_<)

ダイハツ・MIRA
センターは何にもないので、そこにDAP置く為のコンソール製作しました。
mi4.jpg










mi1.jpg










SoundMRTさんの『DAPホルダー』
M&M DESIGN(ガレージショーエイ)さんの『DAPステー』
を使って、取付してます。(便利です!)

一緒に、DSPのコントローラー『CONDUCTOR』も埋込で取付です。
mi2.jpg










ブラックレザー&ベージュのコンビで仕上げです。
収まりは、よろしいかと!(^-^)

ではでは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

盗難から守る
音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●NISSAN/NOTE AURA・フロントスピーカー交換!●

n3_7.jpg










ニッサン・NOTE AURA スピーカー交換で入庫です。

n4_7.jpg










デモボードで試聴・・・そして、決められたのが
『DIATONE DS-G400』
トゥイーターは、付属マウントを使ってオンダッシュ取付です。

n1_9.jpg










ミッドウーファーは、背圧処理・樹脂製インナーバッフルを使用、
内張り内への音篭り防止で、スポンジリング付けてのインナー取付です。
n2_9.jpg










内張りのグリルが、粗めで音抜けは結構良さそうです!

ヘッドユニットは、
ケンウッドの彩速ナビ TYPE-M・・・音調整機能充実で音が良いナビです!
n6_6.jpg










調整機能をふんだんに使わせて頂きまして・・・・
さて、その音は・・・

情報量の多さ、そして繊細さ、レスポンスの良さ・・・欠点の見当たらない
優等生な鳴りをするスピーカーです。

DIATONE・・・良い物作り、音造りされてるスピーカーだなぁと思います。

音質UPプラン スピーカー交換〜DIATONE DS-G400〜
の標準取付でした。
n5_7.jpg










ではでは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

盗難から守る
音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に
 

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●心に響く音を!・・・国産ハイエンドスピーカー『DIATONE DS-SA1000』●

全国を走り回る『お仕事くるま』として購入された
h6_5.jpg










トヨタ・ハリアー(80)の入庫です!
以前のお車も、ハリアーでしてその走行距離
5年で約300,000km w(゚o゚)w

その時間を快適に過ごせれば、出張も苦ではなく、
逆に、楽しみとなる筈です!(^-^)
それを、カーオーディオの力で実現させましょう!!

前車は、ミドルクラスのシステムを付けられてまして、
今回はさらにその上を行くシステムで『心に響く音を!』
つくって欲しい・・・・・とのご依頼です。

そこで、スピーカーのグレードアップをご提案。
h4_7.jpg










鏡面+塗装仕上げフレーム・・・と裏も一切の妥協なし!
DAITONE のフラッグシップモデル『DS-SA1000』です。

h5_6.jpg










h3_6.jpg










メタルバッフル、そして防振プラン2施工のフロントドアに
インナー取付です。

トゥイーターは、
h1_6.jpg










Aピラーにマウント製作して取付。

これを鳴らす、アンプは
h2_6.jpg










助手席シート下に取り付けた、『HELIX P-SIX DSP MK2』
こちらは、前システムから継続で使用します。
P-SIX内蔵アンプは、非常に駆動力がありSA1000も
充分に鳴らし切ります。
(うちの以前のデモカーで同じシステムで鳴らしてたので、
そこは間違いないです)

さて、その音の方は・・・
最低限の調整、クロスオーバーと、おおまかな実測距離でタイムアライメント
のみを入れて、取り合えず音出し確認程度で鳴らしたところ・・・
もう、オーラ全開で訴え掛けてくる『SA1000』!

ハイエンドの品々って、そんなところがあるんです。
素で音が言いというか、そんな感じなんです。

弾かれる様なレスポンスの良さ、上品さを超える色気すら感じる声。
調整は、ひとまずおいて色んな曲を一通り試聴・・・

やっぱり別格です!さすが、フラッグシップモデルですね。
と感動にひたり、その後本格的に調整を。

音圧、そして音色も『心に響く!』
ご希望に添える音は、出せたと思います。(>_<)

カーオーディオをお供に、全国行脚楽しんで頂けると幸いです、
m(._.)m

ではでは






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MAZDA CX-8/Morel MAXIMOULTRA602MK2+DEQ-1000A-MZ(ファイナル)!取付●

c86_1.jpg










MAZDA CX-8 音質UPプラン〜スピーカー交換〜と、
万が一の為にと、確保しておいた最後の一台😲『DEQ-1000A-MZ』の取付です。

このセットは、先日『特選!中古品情報』にてCX-8限定・取付込で販売した
になります。スピーカーは中古品(8チャンネルさん使用分)ですが、程度は極上品!
売った側が言うのもなんですが、良いお買い物をされたと思います。😊

スピーカーは、音質UPプラン人気No1継続中!
『Morel MAXIMOULTRA602MK供

c81_1.jpg










c82_1.jpg










ミッドウーファーは、背圧処理施工(防振 砲慮紂
オリジナルバッフルにて、取り付けています。

続いて、トゥイーター・・・
c83_1.jpg










Aピラーも、8チャンネルさん使用分をそのままセット!
いや〜、もう一度言いますが、ホント良い買い物されたと思います😆

続いて、DSPはハイコストパフォーマンス機の既に販売終了品ですが、
当店にて、もしもの為に確保しておいた最後の一台
(新品販売があれば、今でも使いたい・お勧めしたいDSPです)
『DEQ-1000A-MZ』を、後期型CX-8の取付位置はココ⇩
c85_1.jpg










センターコンソール奥に、丁度のスペースがありますので、
そこへ取付です。

更に、追加でサブウーファーも取付する事に・・・
スペースは、最小限に!そして驚きのナチュラル低音を出す
カロッツェリア 『TS-WX010A』
c84_1.jpg










助手席シート下に、取付しました。
DEQのサブウーファー出力より、接続する事により
サブウーファーの調整も可能!(これは大きな利点です!)

助手席シート下に設置してあると言う、存在感は『ほぼゼロ・・・いや、ゼロ!』。
音の方は、重厚感が増し骨太サウンドに!
やはり、サブを鳴らす際のDSPの有り無しでは、鳴りの違いはかなり大きい。

以上で、取付は完了。

Aピラーより、突き抜ける高域の爽快感!そして、
ハイレスポンスの鳴りが心地良い、低域再生!
大幅にサウンドアップされた、CX-8完成です。😃

遠方より、お越し頂きありがとうございました。m(._.)m

ではでは

=======================

盗難から守る
音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に
 






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています