●オリジナル・フロアマット●
当店デモカー(プリウス)のフロアマット作りました。priusmat.jpg

















ブラックにホワイトオーバーロック仕上げです。(スワロフスキー入り)
カラーも豊富でブルー、オレンジ、グリーン・・・・・・などカラフルな色合いも選べます。
オーバーロック部分も13色から選べます

ちなみに、MEIロゴとスワロフスキーはオプションです。
デモカーなので、出来るものは全て入れてみました(☆。☆)


価格は、2pcsで23,100円(税込)〜 4pcsで28,850円(税込)〜

いろんな車の取り付け例が満載の M.E.I.インストールギャラリーはこちらから
mei_rogo_animation.gif
  どうぞ!  

                                                                                 
banner_03_1.gif


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●トヨタ/ノア デッドニング●
20081021004141.jpg
トヨタ ノアのドアデッドニング施工をちょっと紹介します。











,泙困蓮▲痢璽泪訃態です
20081021004027_2.jpg
サービスホールが4個
その上には、防水用のビニールが掛けてあります。どう見ても音質の事を考えて作られてはいません。

殆どの国産車は、こんな感じです。







20081021004027.jpgデッドニング完成図

画像は無いですが、この黒いシートを張る前に、アウターパネル(外側の鉄板)にドア内側から制振シートを貼り、ドアの鉄板鳴きを止めてやります。
使用素材は、オーディオテクニカのバイブレーションコントローラー(高性能制振材)AT7550/AT7560を貼り付けます。ココで、重要なのが、何処にどれくらい貼るのかです。
そこは、お店のノウハウですので教えません!
秘密です!


インナーパネル(内側の鉄板)にも要所、要所に同じ素材を貼り付けます。
そして、仕上げは、この黒いシートです。ドア一面すっぽり覆ってやります。
この黒いシートの素材も秘密です。(結構、高価なものです)
効果はもちろんの事、仕上がりの綺麗さには自信ありです。


そして、スピーカーの背圧処理
20081021004027_1.jpg
コチラの素材もオーディオテクニカのダイナミックドレイン(高排水性吸音材)を使用して、スピーカーの性能を引き出します。

ちなみに、バッフルはカロッツェリア製の物を使用しています。








ぅ好圈璽ーは
noahsp.jpg
カロッツェリアのTS−Z171PRSです。
※当店、デモボードで試聴可

デッドニングを施されたドアでの、低域の鳴りっぷりは、圧巻です!!









それ以外にも、デッドニング工程の中には、まだ他の施工箇所があります。
像はこれもありませんが、結構重要な場所(パーツ)です。それが何処かは、
                              秘密です。


デッドニングの作業時間は、お車により多少時間は変わりますが、
ドア2枚で、およそ5〜6時間。
音質改善はもちろんの事、車外からのノイズの低減にもなります。
ドアに、制振材などはるわけですから、多少重量感が増します。(重くなりすぎないように注意しながら施工します)
スピーカーの為の、ドアチューニング(デッドニング)、HOMEで言えばスピーカーBOX製作作業のようなものです。ある意味、絶対必要施工だと思いませんか?!


秘密が多くてすみません。結構苦労して解り得たものですから・・・


いろんな車の取り付け例が満載の M.E.I.インストールギャラリーはこちらから
mei_rogo_animation.gif
  どうぞ!  

                                                                                 
banner_03_1.gif





 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
■レーダー取付例■
TIDAreda-.jpg


















ディスプレイ付レーダーの取付例です

機種は ユピテルの 「ZF901Si」

車種は、ニッサン TIDA

純正のサングラスホルダーのところへ、作り物をして取付しました。

いろんな車の取り付け例が満載の M.E.I.インストールギャラリーはこちらから
mei_rogo_animation.gif
  どうぞ!  

                                                                                 
banner_03_1.gif




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MARK−X/アウターバッフル化ず埜紊任后
markxbody1010.jpgマークXのドア、アウターバッフル化 最後のブログです。
中々UPされなかったのには、理由があります。

単に、写真の撮り忘れ!!w(゚o゚)w・・・・・
わざわざ、遠方より写真撮影のために夜遅く、お越し頂きました。m(._.)m



せっかく来て頂いたのでオーナーさんをパチリ!
markxo-na-1010.jpg
許可されてないので、小さくして解りずらくおきます。
OK?




そして、完成したのはこちらですmarkxdoorup1010.jpg























落とし込み・レザー仕上げです。
内装色、質感共にベストマッチです。ドアポケットも使用可能です。
音質的なものを考慮しながら、純正内装イメージを損なわずに、製作した大人向けインストールです。

全体図はmarkxdoorall1010.jpgコチラ







いつもより、大きく見れるようにしておきました。
MARK−X終わりです。(ToT)/~~



いろんな車の取り付け例が満載の M.E.I.インストールギャラリーはこちらから
mei_rogo_animation.gif
  どうぞ!  

                                                                                 
banner_03_1.gif


 

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
☆★またまた映画を紹介します★☆
movie_image2.jpg

こんにちは☆事務のYです。また、映画館、レンタルで見た作品の中から映画をいくつかご紹介します。

 まず、映画館で見た「WANTED」です。ジェームズ・マカヴォイとモーガン・フリーマン、アンジェリーナ・ジョリーが出ている作品です。ウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)は、変化のない仕事、理不尽な上司、恋人の浮気など負け犬人生にウンザリしていたある日、謎の美女フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)に出会い転機が訪れる。秘密の暗殺組織“フラタニティ”の王位継承者が、ウェスリー自身である事を聞く。組織での暗殺者になるための訓練が始まり、瞬く間に一流の暗殺者へと変貌を遂げるが・・・・。最後の結末で明かされる真実とは・・・・。今までに見た事のないアクションムービーです。なにより、アンジェリーナ・ジョリーが格好良いです☆☆☆

 次にレンタルで見た「クローバーフィールド〜HAKAISYA〜」です。マット・リーヴス監督作品で、N.Y.の街がある日突然、正体不明の巨大な“何か”に襲われる。最初から最後までハンディカメラで撮影がされている作品です。いつもの様に作品に没頭していると作品中盤で・・・・・・・・・・・・
激しく揺れるハンディカメラの画面に酔いました・・・・・・・船酔いみたいな感じです。かつての「ブレアウィッチ・プロジェクト」を思い出しました。画面に酔ったのはこれで2回目です。この作品を見る際は酔いに気をつけて見て下さいね!!!!!


 それから、 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」です。人気ブログを映画化した実話で、いたずら集団のリーダー、ママチャリ(市原隼人)と、日本一大人げない男、駐在さん(佐々木蔵之介)のいたずらバトル!?みたいな作品でとにかく笑えます(^o^)これは私もDVD欲しいなぁ〜と思いましたよ。笑いたい人オススメです。

 最後に「リアル鬼ごっこ」です。日本に最も多い苗字“佐藤”姓の人々がある日、相次いで亡くなるという奇妙なニュースが流れる。事故、病気、事件、死因は様々、共通点は“佐藤”という苗字だけ。“佐藤 翼”は一匹狼の不良高校生。敵対する不良高校生に捕まりそうになって目を閉じ、次に目を開けた瞬間、今まで目の前にいた不良高校生は消え、黒衣に光る目の“鬼”に佐藤の苗字をもつ人々が追いかけられ捕まえられ殺される別世界を目にする。翼は元の世界に戻れるのか?なぜ“佐藤”の苗字の人ばかり追いかけられ殺されるのか?とても見入ってしまう作品です。

 まだまだ、気になる映画を見ていくので、どしどし紹介していきますね。また、オススメの映画があれば教えて下さい。ジャンル問わず何でも見ますよ〜〜☆☆☆☆




いろんな車の取り付け例が満載の M.E.I.インストールギャラリーはこちらから
mei_rogo_animation.gif
  どうぞ!  

                                                                                 
banner_03_1.gif


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MARK−X/アウターバッフル化●
マークXのドア、アウターバッフルにする第3弾!
前回のインナーバッフル製作から続いて、今回はいよいよ終盤、アウターバッフルの製作に掛かります。と言うか出来ました。
markxdoor_1.jpg
スマートに仕上げたかった為、純正のSPグリル部分のみを使用しての製作です。もう、仕上げの生地を張る前の段階です。

使用部材は、シナ合板、MDF、FRP樹脂、そして特殊パテです。ポケットとの繋がり部分があるので、薄い所では約1mmしかありません。1mmといってもデコレーションの部分が1mmなだけであって、バッフル面は、前回作ったインナーバッフルと4本のネジでガッチリ固定されています。


角度を変えてみると
MARKXDOOR2.jpg

この部分が、1mmです。

生地は、トリム同色のレザー仕上げ予定です。


ココにたどり着くまで、約10日間!!!
「10日間?!そんなかかるの??」
と思うでしょうが、それには訳が・・・・












MARKXA110S.jpg
←これ、やってましたから!
といってもこれ作ってたわけではありません。

コレです↓
MARKXA110S2.jpg













BEWITHのアキュレート 「A110S」の ’09モデルへのバージョンUPです。
バージョンアップには、10〜14日間掛かりますので、その間にドアアウターバッフルを作ればよかったのです。この、小さくBEWITHロゴが入っているのが、その証です。
だから、10日間もかけて製作していたわけです。実際の所、もう出来てます。

次回は、いよいよレザー仕上げの完成品をUPします。

いろんな車の取り付け例が満載の M.E.I.インストールギャラリーはこちらから
mei_rogo_animation.gif
  どうぞ!  

                                                                                 
banner_03_1.gif







 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています