●ハイエンドカーオーディオ試聴会 終了!●
b2_1.jpg




本日開催のハイエンド カーオーディオ試聴会!

予約優先で、受付していたおかげで、混雑する事も、暇する事も無く
無事終了いたしました。m(._.)m

合計14名様に試聴頂きました。

試聴後の、ユーザーさんの感想はこぞって上々!

今日、一番忙しかったのは、
アテンドして頂いた、本日の車両テリオスのオーナーさん
だったのは、間違いないです。m(._.)m

昼食の時間以外は、なんやかんやで車に付きっ切り(>_<)
試聴に来られたユーザーさんとの、オーディオ談義、システム説明・・・と、
大車輪の活躍でした。

で、僕は何をしていたのかと・・・・・
『換気!消毒!』
以上です!

sityou.jpg










ご来店頂きました方々、そして車両提供、アテンドまでして頂いた
テリオスオーナーさん・・・・・

ありがとうございました。m(._.)m

では

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●SUZUKI スペーシアギア/音質UPプラン スピーカー交換で❝Morel!❞ 
b2_1.jpg
明々後日 10月31日(日)は⇧試聴会です!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

g7.jpg










スズキ・スペーシアギア、音質UPプラン〜スピーカー交換〜
施行です!

選択された、スピーカーは、
エントリーユーザー〜ミドルユーザーまで、
多くの、カーオーディオフリークを魅了し続ける、安定の出音
『Morel(モレル)・MAXIMO ULTRA602 MK供戮任后

ヘッドは、純正OPのパナソニックナビ。
g3.jpg











そのナビにオーディオ的に足らない物を、⇩コレで補ってます
g2.jpg










調整機能、そしてアンプの駆動力!の大幅UPです!
カロッツェリアの『DEQ-1000A』4チャンネルアンプ内蔵DSPになります。
クロスオーバー内蔵なので、フロント2WAYマルチで使用します。

では、スピーカー交換へ・・・
g5.jpg










ドアバッフル・・・耐水樺合板にてオリジナル製作
そして、音質UPプランOPのトゥイーターマウント製作も!
スピーカーケーブルも交換で、オーディオテクニカ/AT-RS120を使用。

更に、ドアの環境改善で、
g6.jpg










フェリソニ制振シートにて、防振プラン△了楾もしてます。

先日の施工した、N-WGNもそうでしたが、
最近の、軽自動車のドア内張りの肘の辺り
g1.jpg










深く、えぐり込まれてます。
そんな凹凸でも、このフェリソニ制振シートならば、対応可能で
防振プラン△砲茲襦▲掘璽襯廟の高いドアを作ることが出来ます。

トゥイーターは、ジャージ生地を張って、純正っぽく仕上げてます。
g4.jpg











さて、その音の方は・・・・
小音量でも、メリハリあり音の聴き取り易さがあります。
そして、大音量では、ミッドウーファーの躍動感を感じる迫力w(゚o゚)w
圧倒される情報量の多さ・・・・タマリマセン・・(>_<)
それでいて、けっしてうるさい感じはなく、気持ち良い鳴りです。

納車時の試聴中、オーナー様談
自分の車ではないみたい・・・・』⇦大丈夫です、間違ってません。
遠回りして帰ります(^-^)』⇦程々に・・・(^-^)
と、大変満足頂きました。m(._.)m

数多く取付してきましたが、今でも感動させてくれる
Morel MAXIMO ULTRA 602MK!ポテンシャルは、高いです!!

ではでは




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●HONDA ・N-WGN Custom 音質UPプラン〜スピーカー交換&DSP〜●

b2_1.jpg

ホンダのNシリーズ・・・・

N-BOX、N-VAN、N-ONE、N-WGN
そもそも、『N』って何でしょう?

『N』は、『Norimono(のりもの)』の N との事。
単なる機械ではなく、人が乗るものとの意味合いで、
Nの始まりは、1967年発売の『N360』です!
※と、ホンダのHPに書いてありました。

さて、本日のお車はそのNの中の、『N-WGN Custom』です。
n5_1.jpg










排気量とボディサイズで『軽自動車』となってはいますが、
車内空間、スタイリング、走り・・・・どれをとっても、もう軽とはいえない・・・
よく出来た車だと思います。

ご依頼は、スピーカー交換&DSPの取付です。

まずは、スピーカー廻りで
n1_1.jpg










n3_1.jpg










Aピラーのマウント製作して取付した、
『DIATONE DS-G300』のツィーターです。

ミッドウーファーは、インナーバッフル&防振プランの施工です。
n7_1.jpg










ノーマル状態⇧

n4_1.jpg










防振プラン∋楾⇧
この施工材料は、フェリソニ(防音・制振・吸音材メーカー)の
合成ゴム系素材の『LDM-02』

ヒートガンで、熱する事によりアルミ&ブチル系の制振材よりも、
伸びる為、深い窪みにも対応可能!
ドアの肘置き辺りの凹みでも、しっかり伸びて
制振材を貼ることが出来ます。

n6_1.jpg










こんな感じ⇧

もちろん、制振効果も抜群です。

続いて、DSPで
カロッツェリアのDEQ-1000A(⇦残念ながら、生産終了(>_<))
ネットワークモード使いで、フロント2WAYマルチ接続です。
設置場所は、グローブボックス奥。
n2_1.jpg










量と質を兼ね備えた、ドアミッドウーファーの鳴り!w(゚o゚)w
絶大な、防振効果を感じ取れます!

個別に調整できる、レベル、そしてタイムアライメント。
Aピラーに取付した、トゥイーターとの一体感も申し分無しです。(^-^)

納車後、オーナーさんより
『純正比、聞き取れなかった音も聞こえ満足です!
Aピラーも、見た目も音も満足度も言う事なしです。
良い音は、大事ですね』
とメールを頂きました。

ありがとうございます。m(._.)m

ではでは

b1_1.jpg




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●HONDA FIT4/純正オーディオで音質UP!●
b2_1.jpg




F4.jpg










ホンダ・フィット、オーディオ音質UPのご依頼で入庫です!

純正オプションで、取付られたCDヘッド。
F1.jpg










おっw(゚o゚)w、ナビではないところが、妙に新鮮さを感じます。
そして、スピーカーも純正OPのケンウッドセパレート2WAYに交換されてます。

機能的には、不満はなくもう少し音が良ければ・・・・
という、オーナーさんの思い。

と言う事で、今あるものは全て使いましょう。
何も引かず(外さず、交換せず)、足していい音を作ります!

まずは、ドアスピーカー廻りの改善で、防振プラン2の施工です。
F5.jpg










ノーマルのドアトリム内⇧

F6.jpg










防振プラン∋楾後のドア内⇧
これだけでも、かなりシャキッとした感じの鳴りに変化はあります。
ただ、『おぉーっ!』と唸らせるほどではない・・・・

そこで、もう一アイテムの導入で
PLUG&PLAY640(4チャンネルアンプ内蔵DSP)!
F3.jpg










也は、小さいですがエネルギッシュに鳴らす力、そして充実した音調整機能!
純正ヘッド及びアンプに足らないところをカバーしてくれます。
F2.jpg










調整は、パソコンにてします。
一般には、ソフト公開されてませんので、当店にて
ベストセッティングの後、お渡しします。

ピタッと定位する音像・・・豊かにそして、切れ良くなるミッドウーファー、
非常に心地良いです。(^-^)

ここまでくると、もうその音は、全くの別物。
同じスピーカーから鳴っているとは思えず、システム入れ替えした
レベルです。

オーナーさんにも、大変満足頂きました。

m(._.)m

ではでは

b1_1.jpg



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●XBEE(クロスビー)DSPアンプ導入で、サウンドアップ!●

x2.jpg










x5.jpg










現状、純正OPのパナソニックNAVIで、
audison Primaシリーズを鳴らしてます。

確実に、音質アップは図れたものの、
まだ、audisonのポテンシャルは、高いはず!!

それを、得るべく次の一手
x4.jpg










DSPアンプの導入です。
ナビは、単なるプレーヤーとして使い、アンプ及び調整は
コチラにお任せします。
『PLUG&PLAY640』4chアンプ内蔵6chDSPです。
165mm×98mm×34mmと、コンパクトサイズ!
その也からは、想像しえないエネルギッシュな音を奏でてくれます。

4チャンネルアンプで、フロント2WAYマルチ接続に、
そして、パワードウーファーをシート下へ取付します。

x1.jpg










カロッツェリアの『TS-WX400DA』
サイズ300mm×200mm×100mmとパワードタイプとしては、
やや大き目ですが、本車両クロスビーの運転席シート下には、
綺麗に収まります。

P&P640経由で鳴らす、audison Primaのスピーカーは如何に!?

結果、それは全くの別物でして、リアル&エネルギー感の倍増!
WX400DAのサブも綺麗に繋がり、サブとしての良い仕事をしてくれてます。

純正ヘッドナビの、弱さを補ってくれる『DSPアンプ』

音を良くする手段としては、ヘッド(ナビ)を交換するのも、ひとつの手段です。
が、そこまでするのは、チョッと・・・・とお考えの場合

足して(+)、音を良くしましょう『DSPアンプ』を!!

x3.jpg










SUZUKI XBEEへのDSPアンプ取付でした。

ではでは

b2_1.jpg





b1_1.jpg


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●ハイエンドカーオーディオ試聴イベントの車両情報●
system_terioskid_ivent202110_1.jpg

『ハイエンドカーオーディオを聴いてみよう!』
場所・・・M.E.I.駐車場
日時・・・2021年10月31日 10:30〜16:30
予約優先/試聴希望の方、ご予約頂ければ助かります。
音源・・・こちらで準備しておきます。(USB音源持参可です)

ご予約は
お電話 又は メールにて
お願い致します。

では

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●〜告知〜 2件!●
告知・1
t1.jpg










DAIHATSU TERIOSKID 試聴会決定!
日時 2021年10月31日(日) / 10:30〜16:30
場所 当店駐車場
タイトル『ハイエンドカーオーディオを聴いてみよう!!』
詳細は、後日 当ブログにてアップします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

告知・2
autosaund_2019banner_b_1.jpg
2022年5月29日(日)開催予定!
2年ぶりの開催に向けて準備に入りました!!


では


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●AUDI TT/DSPでオーディオ アップグレード!●
a4_2.jpg










2017Y AUDI TT オーディオアップグレードで、入庫です。


a5_1.jpg










ドアにミッドレンジが付くスペースがあるも、そこにスピーカーは無し。
そして、センタースピーカーグリルもありますが、そこもスピーカーは無し。
本車両は、フロントドア+ダッシュ上ツィーター+リアスピーカー付車です。

まずは、スピーカー交換から・・・
純正ルックで、仕上げる為トィーターは、純正位置へ
a3_2.jpg










続いて、ミッドウーファー
a2_2.jpg










純正スピーカーから型取りして製作した、
樺合板での積層インナーバッフルに、取付。
スピーカーは、『DIATONE DS-G300』です。

続いて、純正システムアップグレードの
必須アイテム!『DSP』の取付です!
a1_2.jpg










助手席シート下に、セットされた
8chアンプ内蔵DSP『PLUG&PLAY1080』です。
アンプの高効率化、そして調整に有利なフロント2WAYスピーカーは、
マルチ接続で!そして、リアスピーカーもDSP経由で鳴らします。

そして、最後の仕上げ・・・・・肝となる音調整です!!
スピーカーのインストール、DSPの電源、ワイヤリングなど
を抜かりなく施工する事が重要なのは最もな事!

そして、それと同じくらい重要なのが『音調整』です!

で、完成した音は・・・・
深み、そして芯のあるベース・・・
スカッと突き抜けてくるシンバル・・・
ピタッと定まる音像定位・・・

今まで以上に、ドライブの楽しみが増える
いいアップグレードが出来たと思います。

ではでは





 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●デジタルトランスポート『HRD1』から『HRD500』へ交換!●

c5_1.jpg










ハザード点滅中に、光が伸びきった状態で写真撮ろうと、チャレンジ!
意外とあっさり、撮れました。(^-^)
外装もビシッと決まり、現在オーディオ進化中のカローラツーリングの入庫です。

お持ちのDAP(デジタルオーディオプレーヤー)・・・Fiio M11 PROを
より活かすべく、ある物を交換します。

c3_1.jpg










左・・・オーディオテクニカ AT-HRD1(16,500)
●DAP〜HRD1間・USB接続⇨アナログorデジタル(光)OUTできる、
便利アイテム、入門機です。!

右・・・オーディオテクニカ AT-HRD500(77,000)
●DAP〜HRD500間・USBorデジタル(光/COAX)⇨アナログorデジタル(光/COAX)
できる拘りの、高音質機!

今は、HRD1を使用中で、光デジタルOUTを、PLUG&PLAY1080に
入力で使用中・・・音は、問題なく良い!
アナログ入力している、DA(ディスプレイオーディオ)の音は、この時点で
大きな差があります。(DAPの勝ち!)

HRD1から、HRD500へ交換
c1_1.jpg










c2.jpg











と同時に、DAP〜HRD1はUSB接続のみしか出来ませんでしたが、
HRD500は、デジタルINも可能なので、それも使用できるように・・・・
と言う事で、

c4_1.jpg










Fiioに直挿しして、COAXに変換のケーブル
『M&M SN-MD5050(特注)』で接続します。

HRD500⇨PLUG&PLAY1080間も、グレードアップして、
オーディオテクニカ『AT-RS90』光で接続です。

その他のシステム変更は無しなので、『HRD1 vs HRD500 』!
この違いがごれだけの物かと言う事になりますが・・・・

その答えは、瞬時に出ました。

音の粒立ち、鮮度感、濃密感・・・・どれをとっても圧倒的に
HRD500が『上』w(゚o゚)w

では、『USB接続 vs COAX接続』は、如何に!!

こちらも、結構あからさまに判るレベルで、『COAX(SN-5050MD)』の方が
良いと感じます。
COAXで試聴後に、USBにして試聴すると、やや情報減するかのような薄い感じの
聴こえ方になってしまいます。

あっ、USB接続が駄目だと言って良いる訳ではなく、良いのを聴くと、
足らないものが目に付くだけであって、USBでも充分いい音はしています。
もしかしたら、USBケーブルをもっとハイグレードな物にしたら、
逆転するかもしれないし、そうで無いかもしれないし・・・・
そこが、ケーブルの奥の深さと言う事で!

ではでは














 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●LEXUS IS300/プレミアムサウンドシステムのアップグレード!!●
is7.jpg










LEXUS IS300(2021Y)のサウンドアップグレードのご依頼です。
当然の如く、ヘッドユニットの交換は不可。
is3.jpg










で、スピーカー交換は物理的には可能。

が、しかしそれでは正直まともに鳴らせない=『純正よりもダウングレード』
となってしまいます。

まずは、純正システムの解析から・・・・
このお車は、『レクサスISプレミアムサウンドシステム(10スピーカー)』
と言う分で(※マークレビンソンではない方)です。

構成は
ダッシュ上・・・・9cmCST(ツィーター+ミッドレンジ)
ダッシュセンター・・・・9cmミッドレンジ
フロントドア・・・・18cmウーファー
リアドア・・・・16cmフルレンジ
リアトレイ・・・・20cmサブウーファー
というシステムです。

それを鳴らすアンプは、トランク右側。
そこからの出力は、ドアスピーカーは、かなり低い帯域でローパスあり、
ダッシュ9cmCSTも、ハイパスあり・・・・と、通常の2WAYスピーカーを
鳴らす帯域とは、大きく異なります。

では、そう言った事もろもろを対策する為には、
やはり、これが必要になります。
is6.jpg










DSP(プロセッサー)です。
今回使用したのは、多チャンネルシステムに持ってこいの8chアンプ内蔵の
『PLUG&PLAY1080』です。
is10.jpg










トランクフロア下に、丁度のスペースがありますので、
トランクスペースの犠牲はゼロです。

このDSPが入る事で、お好みのスピーカー交換が可能となります。
で、ドライバーに対しての多くの情報を伝える、フロントスピーカーを
交換する事に!

そこで、チョイスはレスポンス抜群のユニット
is2.jpg










is5.jpg










『DIATONE DS-G400』を取付です。
ドアは、防振プランの施工で万全を期してます。

is8.jpg










そして、バッフルも拘りの『樺合板PCD-1(アルミトップ)』の
ハイブリッドバッフルを製作です。

is11.jpg










そして、トゥイーターはダッシュ上純正グリル内へ。
表向き見た目は、純正と一切変わらずのオールインナー取付です。
is12.jpg










交換したスピーカーは、フロント2WAYのみで、
その他のスピーカー(センター・リア・サブウーファー)は純正を鳴らしてます。
フロント2WAYのG400、そしてその他の純正スピーカーが同空間で、
混在させて鳴らせるのも、P&P1080(DSP)があって初めて
成り立つものです!

このシステムを良く鳴らせるか否かは、
最終仕上げとなる、DSPでの音調整!(かなり時間を要します!)

結果、オーナー様にも
『やって良かったです。(^-^)』と満足頂きました。m(._.)m

音の輪郭もハッキリとし、切れの良い低域再生も心地良く
中々良い、サウンドアップグレードとなったと感じます。

ではでは






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています