●LEXUS IS300/プレミアムサウンドシステムのアップグレード!!●
is7.jpg










LEXUS IS300(2021Y)のサウンドアップグレードのご依頼です。
当然の如く、ヘッドユニットの交換は不可。
is3.jpg










で、スピーカー交換は物理的には可能。

が、しかしそれでは正直まともに鳴らせない=『純正よりもダウングレード』
となってしまいます。

まずは、純正システムの解析から・・・・
このお車は、『レクサスISプレミアムサウンドシステム(10スピーカー)』
と言う分で(※マークレビンソンではない方)です。

構成は
ダッシュ上・・・・9cmCST(ツィーター+ミッドレンジ)
ダッシュセンター・・・・9cmミッドレンジ
フロントドア・・・・18cmウーファー
リアドア・・・・16cmフルレンジ
リアトレイ・・・・20cmサブウーファー
というシステムです。

それを鳴らすアンプは、トランク右側。
そこからの出力は、ドアスピーカーは、かなり低い帯域でローパスあり、
ダッシュ9cmCSTも、ハイパスあり・・・・と、通常の2WAYスピーカーを
鳴らす帯域とは、大きく異なります。

では、そう言った事もろもろを対策する為には、
やはり、これが必要になります。
is6.jpg










DSP(プロセッサー)です。
今回使用したのは、多チャンネルシステムに持ってこいの8chアンプ内蔵の
『PLUG&PLAY1080』です。
is10.jpg










トランクフロア下に、丁度のスペースがありますので、
トランクスペースの犠牲はゼロです。

このDSPが入る事で、お好みのスピーカー交換が可能となります。
で、ドライバーに対しての多くの情報を伝える、フロントスピーカーを
交換する事に!

そこで、チョイスはレスポンス抜群のユニット
is2.jpg










is5.jpg










『DIATONE DS-G400』を取付です。
ドアは、防振プランの施工で万全を期してます。

is8.jpg










そして、バッフルも拘りの『樺合板PCD-1(アルミトップ)』の
ハイブリッドバッフルを製作です。

is11.jpg










そして、トゥイーターはダッシュ上純正グリル内へ。
表向き見た目は、純正と一切変わらずのオールインナー取付です。
is12.jpg










交換したスピーカーは、フロント2WAYのみで、
その他のスピーカー(センター・リア・サブウーファー)は純正を鳴らしてます。
フロント2WAYのG400、そしてその他の純正スピーカーが同空間で、
混在させて鳴らせるのも、P&P1080(DSP)があって初めて
成り立つものです!

このシステムを良く鳴らせるか否かは、
最終仕上げとなる、DSPでの音調整!(かなり時間を要します!)

結果、オーナー様にも
『やって良かったです。(^-^)』と満足頂きました。m(._.)m

音の輪郭もハッキリとし、切れの良い低域再生も心地良く
中々良い、サウンドアップグレードとなったと感じます。

ではでは






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています