●下はあるけど、中がない…●
なぞなぞではありませんよ。
音の話です。
2017083021160136042.jpg 









音質UPプラン・SP交換+DSP取付同時施工での入庫です。

下(低音)は出てるんだけど、中(中音)が無いというか…(~ヘ~;)
確かに、デミオの音の傾向は、そんな印象が強いかもしれません。

過去にも、多くのデミオを作業させて頂いてますが、
どのデミオも、下の量感はたっぷり!それに対して、中〜上が寂しい…。
そこは、バランスとそのポテンシャルの問題ですね。

バランスを取るための、オーディオアイテムが
オーディオプロセッサー(DSP)
そして、ポテンシャルにあたる部分が、『スピーカー交換
にあたるところです。

2017083021165734350.jpg










DSPは、最近人気No1(当店で)の『MATCH M5DSP』です。
5チャンネルアンプ内蔵の、超小型DSPです。
純正地デジ、アンプ部に、に抱き合わせて取付してます。

2017083021165734350_1.jpg










スピーカーは、モレルのNewモデル
MAXIMO ULTRA 602』をオールインナーで取付します。
2017083021165734350_3.jpg










2017083021160136042_1.jpg










2017083021160136042_2.jpg










ミッドウーファーは、『アルミリングバッフルと合板』の
ハイブリッドバッフルにて取付。
2017083021165734350_2.jpg










音の締まりが出てきて、レスポンスもUP!
効果は、確実ありますね。おすすめアイテムです。
今回使用したアルミバッフルは、『M&M PCD1』になります。
2017083021160136042_3.jpg










ルックスは、100%純正のままで
マツコネ純正ヘッドを活かした、音質改善!

劇的に改善されました!
と自信を持って言えるレベルです!(^-^)

では


   

👇👇👇DIATONE SOUND.NAVI
 セットプラン、リニューアルしてます👇👇👇
DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN

DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編

DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


👇👇👇『音質UPプラン』中級編
 リニューアルしました(2017.8.23)!!👇👇👇
〜M.E.I.オリジナル〜 音質UPプラン 「音を良くする」為の2つの条件







 



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●電源強化 小さな所まで気遣いを…●
2017082820454930388_1.jpg


 







発売されてから、かなりの年数が経過しますが、
まだまだ、ファンは多いようですね。
今見ても、この個性を主張するデザインは、個人的に好きです。

マッキントッシュのCDデッキ&メーター『MX5000/MPM4000』
そして、DAC〜AMPまで同ブランドで構成されています。

メインン電源ケーブルを、8G(標準モデル)から4Gの『M&M SN-MP5400』へと
一気にハイグレードパワーケーブルへと交換していきます。
それに伴い、BATT直近のFUSEもホルダーごと交換します。
2017082820454930388.jpg














MEGAFUSEホルダー&MEGAFUSEです。
この、ホルダー構造はいたってシンプルで、
プラスチックケースに、ケーブル接続の為の非磁性体ボルトが
出ているだけというもの。

その、ボルトに、『専用のMEGAFUSE』を取り付け、ナットで締め込む
というものです。


FUSEとしての安全機能はもちろん、
しっかりとした締め込みも出来るので伝達ロスも減、よって
機材への電源供給も、より良い状態で行われます。

特に、今回のように、ハイグレードケーブルを使用する時などは、
こういった細かなパーツにも気配りをしたいとろですね。

アクセサリーパーツ、ひとつひとつではそんなに違いは感じられないかもしれませんが、
『塵も積もれば・・・・』
結果、大きな違いをもたらす事になってたりします。

肝心要の『電源強化』
ケーブル交換の場合は、それに付随するパーツの見直しもお忘れなく。

では


   

👇👇👇DIATONE SOUND.NAVI
 セットプラン、リニューアルしてます👇👇👇
DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN

DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編

DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


👇👇👇『音質UPプラン』中級編
 リニューアルしました(2017.8.23)!!👇👇👇
〜M.E.I.オリジナル〜 音質UPプラン 「音を良くする」為の2つの条件







 




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●お客様からも、非常に高評価のスピーカー●
onshitsu_tyukyu201708.jpg




















実際に試聴頂いた、お客様からも大好評です!(^-^)

当店オリジナルプランである『音質UPプラン〜中級編〜!スピーカー交換
に新しく仲間入り致しました。

他の2モデルと比べ、スピーカー本体価格は10000円お安いのですが、
音質UPプラン施工の場合は、『アルミリングリングバッフル』を標準(Morelのみ)で
施工させて頂く事として、3モデル(DIATONE・carrozzeria・Morel)共、
充実インストール費用込みで、¥88000(税別)としております。

何故、モレルのみ?と言いますと
3モデル中、Morel MAXIMO ULTRA602のみスチールフレームで出来ております。
取付時の、しっかりとした固定時に、歪みを生じない様に、また
その音のポテンシャルを十分に発揮させる為の対策です。

是非、ご一聴くださいませ。m(._.)m

さて、作業報告です。
201708250934087224.jpg









アテンザにYUPITERUセパレートレーダー Z280Csd の取付です。
モニター位置をどこにしようか、レーダーの悩みどころ・・・

201708250912005459_1.jpg










ステー加工にて、運転席側の吹き出し部へ取付です。
アテンザの、ベストポジションはここで決まり!
視認性も問題無しです。

レーダーつけても、これからも変わらず安全運転で!(・v・)!

では


   

👇👇👇DIATONE SOUND.NAVI
 セットプラン、リニューアルしてます👇👇👇
DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN

DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編

DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


👇👇👇『音質UPプラン』中級編
 リニューアルしました(2017.8.23)!!👇👇👇
〜M.E.I.オリジナル〜 音質UPプラン 「音を良くする」為の2つの条件





 


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●N-BOX・フルスペックドア防振処理でG20を鳴らす!●
nboxbody.jpg









ホンダの人気の『N-BOXカスタム』音質向上で入庫です。

ヘッドは、既に装着済みで
『ケンウッド・Z704』
2017082320371737243.jpg









上位機種の904もですが、これも中々音の良いモデルです。
というか、『すごく音が澄んでて、綺麗!』これ、ホントです。(^-^)

今日の本題は、ここから
このZ704内蔵アンプで、『DIATONE DS-G20』を鳴らしきるっ!(`・ω・´)b

nboxdoortrim.jpg









プラン3は、ドア鉄板部のみならず、内張側まで処理します。
付帯音がかなり収まり、低域の質感UP!量じゃなく『』です!

実際、鳴らしながら内張りに手を添えても、その振動の伝わりは
かなり低減しているのが解ります。

ミッドウーファーの取付は、インナー取付。
2017082320371737243_1.jpg









木製バッフル+音漏れ防止スポンジリングで取付られた
G20・ミッドウーファーになります。

マウント製作(ブラックジャージ仕上げ)で取付してます。
nboxtw2.jpg









nboxtw1.jpg










接続方法は、G20パッシブネットワーク使いの、Z704内蔵アンプを
バイアンプ接続にしています。

トゥイーターの位置は、ドライバーから見てかなりニアの設置位置ですが
バイアンプ接続ですので、ユニット毎でのレベル、アライメント調整可能。
そこにあるトゥイターの存在感は、消えてくれます。
そして、奥行きのある立体感ある音造りが可能です。
以上の事から、N-BOXのトゥイーターマウントは、ここがお勧めです!

つづいて、サブウーファー。
スペース潰さず、低音増強!カロッツェリアのTS-WH1000Aをシート下に。
nboxsw.jpg









フロア側は、しっかり設置できるフラットスペースの確保が難しいので、
シートフレームにベース製作して、固定してます。

ガンガン鳴らすタイプではありませんが、フロントドアのG20ウーファーと
綺麗にクロスして、豊かなローエンドを再生してくれる「WH1000A」
いい仕事してくれます。

エネルギッシュ!そして澄んだ綺麗な音は、とても内蔵アンプベースで
出来ているとは思えません。
その位、完成度は高い音の仕上げりでした。

では


   

👇👇👇DIATONE SOUND.NAVI
 セットプラン、リニューアルしてます👇👇👇
DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN

DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編

DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


👇👇👇『音質UPプラン』中級編
 リニューアルしました(2017.8.23)!!👇👇👇
〜M.E.I.オリジナル〜 音質UPプラン 「音を良くする」為の2つの条件





 

















 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●DIATONE DS-SA1000のパッシブを使う!●
既に、DIATONEフラッグシップスピーカー『DS-SA1000』
を装着頂いております、アクア入庫です。
201708192008282391.jpg









今回の作業は、
ヘッドユニットの電源チューニング
・M&M CAP-2000&SoundSuspension HNFの取付です。
201708192008282391_1.jpg









取付したヘッドは、『DIATONE NR-MZ200PREMI
装着前後での比較試聴で、感じられた事は
高域の抜けの良さ・・・スーッと伸びてくる印象で、直ぐに判断できるレベル
全帯域の繊細度、密度UP・・・音数が増え、その粒立ちも細かくリアルな表現力
メイン電源は、これらの機器装着前にBATT直は施工済みでしたが、
更なる電源の強化・クリーンナップによる影響(改善)は想像以上のものでした。

パッシブネットワークの取付
DS-SA1000をHELIX DSP PROのクロスオーバーを使用して、BRAX NOX4
(4チャンアンプ)でマルチ接続でドライブしてましたが、
そこに、DS-SA1000付属パッシブネットワークを取付しました。

HELIX DSP PROがあるならば、当初の接続が一般的だと思いますが、
あえてそこに『パッシブネットワーク』を使用します。

201708192008282391_2.jpg





















ラゲッジ下のスペースに設置された『BRAX NOX4』
同スペースには、『HELIX DSP PRO』やSW用アンプ等の機材も設置済み。

201708192008282391_3.jpg









201708192008582395.jpg










ネットワークBOXを、隣のSW-G50エンクロージャーと類似デザインにて
製作しています。

当然ながら、パッシブ経由の帯域のクロスオーバー(DSP PRO)は全てスルー。
パッシブを経由されて出てくる音は・・・
『ストレスなく自然な音、効き心地の良い音』
表現としては、ちょっと曖昧ですが、落ち着く音です。

『このスピーカーの素の音』とでも言いましょうか、
これはこれで、ありなんではないでしょうか?!

では


   

👇👇👇DIATONE SOUND.NAVI
 セットプラン、リニューアルしてます👇👇👇
DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN

DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編

DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


👇👇👇『音質UPプラン』よりお求めやすく!
 リニューアルしました!!👇👇👇
〜M.E.I.オリジナル〜 音質UPプラン 「音を良くする」為の2つの条件





 







 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●Morel MAXIMO ULTRA 602・店内デモボードで試聴できます!●
4日間のお盆休みで、リフレッシュ完了!
昨日(8/17)より、通常営業再開しております。

店内スピーカー比較試聴デモボードにて、新製品の試聴が可能になりました。
2017081720485610954.jpg





















『Morel MAXIMO ULTRA 602(モレル マキシモウルトラ602)』
16.5cmウーファー+25mmトゥイーターのセパレート2WAYモデルです。

MAXIMOシリーズなので、モレルの中ではエントリーモデルの類ですが
音の方は、1ランク・・・いや1.5ランク位、上と言っても良いかと思える程(☆。☆)‼

店内デモボードにて、常時試聴可能です。
内蔵アンプでも、しっかりと鳴らせます・・・・そして、良質な外部アンプ接続で
更にポテンシャルアップ❕ 潜在能力は高いです。

価格¥50,000(税別)は、この音を考えたらお安いかと思います。

是非、ご試聴下さい。(予約不要です)

では


   

👇👇👇DIATONE SOUND.NAVI
 セットプラン、リニューアルしてます👇👇👇
DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN

DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編

DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


👇👇👇『音質UPプラン』よりお求めやすく!
 リニューアルしました!!👇👇👇
〜M.E.I.オリジナル〜 音質UPプラン 「音を良くする」為の2つの条件





 








 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●天井防振による、SNの向上!●
2017081007372548398.jpg










〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本日、ご紹介の作業内容は・・・『天井防振』です。
お車は、こちら
2017081208444141576_2.jpg









レクサス・GS350

と着実にグレードアップしてきました。

さらに、そのシステムに磨きをかける作業をしていきます。

車内の、静寂感を高める為に、車両防振の一部である「天井の防振施工」です。
とは言う物の、元々そんなうるさい車ではありません。
それでも、『天井防振』をする理由はこれです。
2017081208450342141.jpg









天井内装を降ろした状態です。
天井ボディ側鉄板部は、ご覧の通り剥き出し状態です。
内装側の一部に見える、四角い白い物が吸音系素材になります。
この状態を見る限り、まだまだ車内の静音化は図れると思いませんか?

他の箇所はどうかと言うと、
例えば「フロア」
鉄板自体の厚みも天井に比べると厚いと思われます。
そして、それには『アスファルト系』の制振材。
その上には『フェルト』や『発砲体』による吸音。
更にその上に、ごっつい『フロアカーペット』・・・・と
それなりの、処置はなされている車が殆どです。

天井防振の作業内容は
2017081208450342141_1.jpg









しっかりと、脱脂処理を行った上で、全面に
制振材(アルミ+ブチル)を密着貼り付けします。
鉄板の振動低減による、低周波音の低減となります。
この施工時点で、周辺の鉄部の「鳴き、響き」減少してます。

そして、更にこの面に「吸音・断熱・遮音効果」のある
発砲系素材を貼付けます。
2017081208444141576_3.jpg









制振材とは、異なる周波数帯(中〜高周波音)に対しての効果があります。
この2つの異なる素材の施工によって、広帯域に渡ってのノイズ低減効果
でます。

あとは、内装組み付けして完成です。

効果として解りやすい状況は
『走行中の車内の静寂感UP!』
『雨音の、低減!』などです。

そして、もう一つの効果として、オーディオの音質向上
オーディオ機材は、何も変えてはいませんが音質向上につながる理由は
・車内振動(エンジンによる振動・スピーカー駆動による振動などなど)
の低減による、『聴感上のSNの向上』!の為です。

聴感上のSNの向上・・・・解りやすく言うと
・防振前・・・・スピーカーからの音70%+その他からの音30%
・防振後・・・・スピーカーからの音85%+その他からの音15%
(あくまでもイメージでの割合です)
オーディオの音は、スピーカーから出てる音だけを聴けてるわけではなく、
車内パーツの振動からも同じ音を出そうとしているので、その比率が
より、スピーカーからの割合が多くなることで、『リアルに!繊細に!』
聴こえるようになるので、音質向上に繋がってくると言う事です!

「車両防振」=「家でいう、リスニングルームの改善」と似てると思います。

では


   

👇👇👇DIATONE SOUND.NAVI
 セットプラン、リニューアルしてます👇👇👇
DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN

DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編

DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


👇👇👇『音質UPプラン』よりお求めやすく!
 リニューアルしました!!👇👇👇
〜M.E.I.オリジナル〜 音質UPプラン 「音を良くする」為の2つの条件





 





 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●BMW i3/DSPでSOUND UP GRADE!●
2017081020194640705.jpg









BMW i3 サウンドアップの為、入庫です。
最近の、欧州車はディスクプレーヤー(CD)が無いのが珍しくありません。
i3もありません。

さて、それはさておき、当然のごとくヘッド交換は基本不可。
そこで、音質UP必須アイテムの『DSP』をまずは装着!
2017081020194640705_2.jpg









操作部の裏には、アンプ部は無く遠く離れた所にあります。
その周辺の空きスペースに、『MATCH (マッチ)M5DSP』を取付です。
全てのスピーカーは、このDSP経由でコントロールして鳴らします。

まずは、サブウーファー
2017081020194640705_3.jpg









ラゲッジに、『MATCH PP-7ED』16.5cmユニットがダブルで入っています。
鳴らすアンプは、『M5DSP』の内蔵サブウーファーアンプ(定格90W)で鳴らします。
コントロール次第で、ガツンと存在感ありで鳴らす事も可能ですし、さりげなくローエンドを
補う鳴らし方も可能。
それが、スマホサイズのM5DSPのみで鳴らせるのも驚きです!w(゚o゚)w

キックパネルにある純正グリル
2017081020194640705_1.jpg









フロントローのユニットですが、実はこの直後にある訳ではなく
やや上方向に純正スピーカーは付いてます。
このグリルに向かってダクト形状が作ってあり、音抜けは考慮されてる
取付方です。このユニットは、交換せずに純正をそのまま使用してます。

つづいて、ドア中段にあるミッドレンジ。
2017081020185739594_2.jpg









2017081020185739594_3.jpg









こちらは、FocalのK2POWERシリーズ『ES100K』。
バッフル製作で、取付可能です。
荒めのグリルからは、K2POWERシリーズの特徴である
イエローコーンがしっかりと見えます。

そして、トゥイーターはAピラーへ。
2017081020185739594.jpg









純正ノーマルサウンドは、トゥイーター無しですので、
トゥイーター付の純正Aピラーを用意して、純正LOOKに取付です。
2017081020195639590.jpg










トータルシステムは『フロント3WAY+サブウーファー』
このフルシステムを
2017051522164939641_3.jpg









このサイズで、鳴らしてると誰が想像するでしょう?!
D級アンプの進化❕普及❕で、一昔前とはサイズ感は確実に変わって来てますね。

クルマの進化『アイドリングストップ』『ハイブリッド』『電気自動車』・・・・
オーディオ機器の省電力化も、車の機能・性能を損なわない為にも重要な所!
オーディオ機器も進化してるんです。

実際に、取付後消費電流を測定しましたが、
見間違え?!と思えるほどしか消費していません。
数値は書きませんが、M5DSPはかなりの『エコ機』です。

ハイブリッド車、電気自動車、・・・気にする事無くオーディオ楽しめます!

では

2017081007372548398.jpg











   

👇👇👇DIATONE SOUND.NAVI
 セットプラン、リニューアルしてます👇👇👇
DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN

DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編

DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


👇👇👇『音質UPプラン』よりお求めやすく!
 リニューアルしました!!👇👇👇
〜M.E.I.オリジナル〜 音質UPプラン 「音を良くする」為の2つの条件





 



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●お盆期間のお知らせ●
お客様各位

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
夏季休業日のご案内です。

2017081007372548398.jpg











お客様にはご不便をお掛けいたしますが、
予めご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

M.E.I.(エム・イー・アイ)

m(._.)m


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MAZDA/CX3・・・Clarion・FDSで音質UP!●
どちらにしようか、熟考されて選ばれたのは『Clarion/FDS!』でした。
201708062005476427_1.jpg










ヘッドは、
201708062005307650_2.jpg









これ(マツコネシステム)ですので、純正をそのまま使うことは
初めからの決定事項
ダッシュ奥に見えるは、こちら
201708062005307650_3.jpg









201708062005476427.jpg









クラリオンのZ3・デジタルトゥイーターを純正トゥイーターグリル上にオンダッシュ取付です。
デジタルトゥイーターって、言葉だけで聴くと誤解されそうですが、
音質は『柔らかく、マイルドでいてスカッと超高域まで抜けてくる!』
なかなかの優れ物です。

201708062005307650_1.jpg









ミッドウーファー『Z7』はインナー取付です。
こちらも、音質はデジタルデジタルしてなくて、豊かな低域再生で
癖も少なく非常に万能性の高いユニットです。
かなり低い帯域まで、しっかりと再生できるのでサブウーファー無しでも
低音をしっかりと堪能できます。
※サブウーファー不要と言っている訳ではありませんので誤解なき様・・・・(・v・)

マツコネ』→『clarion FDS Z3+Z7』という、フロント2WAYの基本システム。
FDSのカスタムメモリーは4つありますので、それぞれ違う調整をメモリーします。

カスタム1・・・基準(トーンバランスもしっかり整っているので、何を聴いても
違和感なく聴けます。好き嫌いは全く考慮してません。非常に万能な基準調整です)

カスタム2・・・ややメリハリ気味に!(カスタム1をベースに、やや高域&低域を
強調気味に!1で地味と感じたら2をどうぞ!)

カスタム3・・・迫力重視!(とにかく元気に鳴るセッティングです。ロックを激しく
聴きたい時、ガッツリ鳴らしたい時にはこちらを。)

カスタム4・・・インパクト大!(カスタム3よりも、更に派手に!ちょっとうるさく
感じるかも?しれませんが、インパクトはあります。気晴らしに!)

こんな感じで、いろんな調整を入れておりますので
気分に応じて、ダイヤル一つで違う調整を呼び出せるのも
FDSのお楽しみひとつですね。

201708062005307650.jpg









音質UP完成です。

では



   

👇👇👇DIATONE SOUND.NAVI
 セットプラン、リニューアルしてます👇👇👇
DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN

DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編

DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


👇👇👇『音質UPプラン』よりお求めやすく!
 リニューアルしました!!👇👇👇
〜M.E.I.オリジナル〜 音質UPプラン 「音を良くする」為の2つの条件





 
 









 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています