●デモカーのNewシステムです!●
EURO LINK UP SHOP NEWS&REVIEW
カーオーディオの音質改善グループ「ユーロリンクアップショップ」の特設サイトです!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

既に、M.E.I.ホームページにはアップしてますが、

system_note_202208.png














⇧こんな感じです。

完成は、もうちょっと先になりそうですので、しばらくお待ちください。

●ディスプレイオーディオって何?
●DSPとは何、またその効果は?
●3WAYの音って、どんな感じ?
●サブウーファーは必須なのか?
●DAPを使うとこうなる!
その辺を、体感できるDEMOカーになります。

2022082922154827636.jpg










Aピラーの加工も、7割くらい終えてます。
ん〜、Y型ピラーを作るのは、Aピラーよりもやや大変です。(>_<)
でも、その生地張りは、もっと大変です。(>_<)
ではでは
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
インナーフェンダーカバーの防振で、ロードノイズ低減!静寂度UP!
施行されたユーザーさん(8チャンネルさん)の動画です。





 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●JEEP COMPASS(ジープ・コンパス)スピーカー交換+DSP AMP取付!●

EURO LINK UP SHOP NEWS&REVIEW
カーオーディオの音質改善グループ「ユーロリンクアップショップ」の特設サイトOPEN!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
チェロキー、ラングラー、レネゲード・・・・
常に、魅力的な車を出してるイメージを持ってます『JEEP』

コンパクトサイズと言われてますが、日本車のコンパクトSUVよりは、

少々サイズは大きめでしょうか!?
JEEP COMPASS(ジープ・コンパス)の入庫です。

j11_2.jpg










オフロードをガンガン走る、と言うよりも
オンロード向きな印象の、お洒落な感じの車です(勝手な印象ですが!)

以前お乗りの車は、自分でスピーカー交換、アンプ取付等されて
楽しまれてたオーナーさん。
少々、現状の音には不満が・・・と言う事で、オーディオ音質改善のご依頼です。

ノーマル状態を聴かせて頂きましたが、
低音がやたら強調された感じで、クリア感が無い・・・そんな印象でした。

では、早速作業開始!
まずは、フロントスピーカーの交換から・・・
j3_5.jpg










j2_6.jpg










純正ドアスピーカーの、粗目グリルからシルバー振動板が透けて見えます。
ちょっと、これだけでもテンション上がります!
j12_2.jpg










バッフル製作して、Morel MAXIMO ULTRA602MKのミッドウーファー
を取付しました。

トゥイーターは、
j9_1.jpg










j6_2.jpg










定番位置!Aピラーにマウント製作して取付です。
スカーッと抜け良く、艶感もあり気持ちいい鳴りです(^-^)


フロント2WAYは、パッシブネットワークは使用せずマルチ接続とします。
その場合は、あれが必要ですね。はい!DSPの取付です!
j4_5.jpg










助手席シート下に取付しました、
6チャンネル内蔵アンプを持つ、『μDIMENSION DSP-680AMP』

4チャンネル分で、フロント2WAYを、
残りの2チャンネルで、リアスピーカーを鳴らします
(リアは、純正スピーカーのままです)

更に、PRE OUTを使ってサブウーファーを、
j1_6.jpg










運転席シート下へ、取付です。
カロッツェリアのコンパクトパワードウーファー
『TS-WX010A』です。
圧倒的な量は出せませんが、癖の無い低域再生で、
パワードサブウーファーとしては、使えるヤツです。
この、WX010Aは、コントローラーは付属しませんが、
DSP-680AMPのコントローラー(別売り)で、SUBのレベル調整が可能なので、
時にはガツンと鳴らす事も出来ます。
j5_3.jpg










このコントローラーは、非常に使い易くて良いです。

更に、このコントローラーを付ける事でDSP-680AMPのブルートゥースが
使えるようになる!というメリットもあります。

お持ちのスマホから、純正オーディオを介さずに
直接DSPが受けてくれますので、音質もGOOD!
その際の、Volume操作にコントローラーが必要になります。

j10.jpg










もちろん、純正の全ての音声もDSP経由で鳴らせますので、
音質も格段とアップしてます。

最後に、本システムを活かすも殺すも・・・と言える程重要なのが
j8_1.jpg










音の調整です!
DSP付けたら音が良くなるわけではありません。
その状況にあった調整をして、ナンボです!

フロント2WAYマルチ+リアスピーカー+サブウーファーの調整を
一からすると、調整時間はおおよそ『※2〜3時間』※DSPの機能によりことなります。
その後、微調整・・・と、結構時間は要します。

その結果、見違えるような爽快なオーディオに激変です!(^-^)

ではでは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
インナーフェンダーカバーの防振で、ロードノイズ低減!静寂度UP!
施行されたユーザーさん(8チャンネルさん)の動画です。






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●拘りの、ドア防振プラン施工!微細な音も明確に!●
EURO LINK UP SHOP NEWS&REVIEW
カーオーディオの音質改善グループ「ユーロリンクアップショップ」の特設サイトOPEN!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いつも、遠方(島根県)よりお越し頂きありがとうございます。
t4_1.jpg










今回は、まずは電源チューニングです。
Third Technology商品をこよなく愛するオーナーさんでして、
・energyboxfeelに始まり、
・junction stabilizer
・ACP
そして、今回取付するのは
basis BTとbasis BT+の2個付け!
t5_1.jpg










エンジンルーム内、バッテリーへ接続するので
しっかりと固定する為に、取付ベースを製作しております。

取付後の効果の程は、オーナーさんのみぞ知る!
次回ご来店時に、じっくりと感想は聴く事としましょう。

次、拘りの防振プランの施工です。
何が、『拘り』なのかと言うと
〜防振プランまでが、スピーカーの性能発揮のための施工です。

防振プランは、内張りの防振でして、
スピーカーの鳴りを害する、ドア内張りの振動を低減させるもので、
所謂、環境改善の為の施工なのです。

スピーカーの鳴りに連動して振動する内張りは、
スピーカーと同じ音を出そうとしてます。
それは、どちらかと言うと要らない音でして、
防振プランで、その不要な音を低減させることで、
リスナーに届くスピーカーからの情報を多くすることが出来るのです!
         
一言で言うと、
『今より、防振でもっと音を良く出来ます!』
です。(^-^)

t1_2.jpg










⇧施工前・・・以前スピーカー取付時に、少々吸音スポンジのみ
貼ってます。

t2_1.jpg










⇧施工後・・・オーディオテクニカのダンピングアブソーバー『AT-AQ460』を
使用してます。ヴァージンブチルゴムとアルミシートと吸音スポンジから構成されている、
非常に効果の高い素材です。

t3_1.jpg










施工後、実際に音出しをしてまずは、
手で、内張りを触ってみます。

施工前と、伝わってくる振動は、明らかに少なくなってます。(^-^)
音の方は、細かな音も、クリアに聴こえてくる。
Volume上げても、音は雑にならず聴き取りやすい。
防振プラン∋楾時の変化量に比べると、防振プラン施工の変化量は
少ないかもしれませんが、確実に音質向上へは繋がっていると判断出来る程です。

システム変更なしでも、まだ伸びしろはあるんです(^-^)

拘りの、防振プラン施工車両は、
DIATONEスピーカーを鳴らす、ダイハツ タントでした。

ではでは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
インナーフェンダーカバーの防振で、ロードノイズ低減!静寂度UP!
施行されたユーザーさん(8チャンネルさん)の動画です。






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●お盆休みの前に施工した〜イージーサイレンス〜のユーザーさん感想●

EURO LINK UP SHOP NEWS&REVIEW
カーオーディオの音質改善グループ「ユーロリンクアップショップ」の特設サイトOPEN!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

本日(8/18・木曜日)より、営業しております!

お盆休みの前半は、しっかりと休暇そして、お遊びを満喫!
後半に掛けては、デモカーシステム一新の構想及び着手と、隠密に初めてました(^-^)

あっ、デモカーシステムの変更であって、車の変更ではありませんので(>_<)

さて、お盆前に施工した
8チャンネルさんの、『CX-8』超静音施工〜イージーサイレンスforELUS〜
インナーフェンダーカバーの防振ですが、実際に乗ってみて、どうだったのか?!
その効果は?!
動画(YOUTUBE)あげられてますので、見てみて下さい。

正直、あまり忖度されない方なので(^-^)…、
リアルな感想です!



ではでは




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●『超』静音化!快適車内空間+オーディオの音も良く!●
EURO LINK UP SHOP NEWS&REVIEW
カーオーディオの音質改善グループ「ユーロリンクアップショップ」の特設サイトOPEN!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

EURO LINK UP SHOP取扱いの、
『イージーサイレンスforELUS』を使用しての、インナーフェンダーカバーの
防振・防音施工を行います。

8f4.jpg










1シート面積・・・250mm×400mm

2022081218060134326_2.jpg










厚さ(通常時)・・・約8mm

2022081218060134326_1.jpg










厚さ(潰した時)・・・約3.5mm

ウレタンスポンジ層/アルミ層/ブチル層の3層素材。
色々と、この手の素材は使用してますが、
アルミ層の厚さは、イージーサイレンスforELUSが一番厚さはあると思います。

アルミが厚いので、柔軟性と言う点ではやや劣る。
が、目的(静寂化)を達成させるための効果は高いのは間違いない!

インナーフェンダーカバーは、ご覧の様に
83_4.jpg










縦方向にも、横方向にも湾曲しているので、そもそもシート状の物は
貼りにくいんで、多少の柔軟性の違いは大きな問題ではなく・・・・
82_4.jpg










短冊状に切って、貼り合わせていけば隙間なく全面貼付けが出来ます(^-^)
留め位置の逃げの処理もやり易いです。
貼り終えた感じ・・・・『ダンゴムシ』みたいです(>_<)

これは、リア側のインナーフェンダーカバーでして、
素材は起毛タイプの素材です。(以前施工した、CX-3も同じでしたね)

続いて、フロント側
89_1.jpg










883.jpg







素材は、プラスチック系。
ん〜、外すのは結構一苦労でして、クリップとネジ合わせて、25個・・・
いや30個以上(多分 !^-^)外さないといけません(>_<)

88_2.jpg










〜イージーサイレンスforELUS〜施工完了!
一部、違い素材を使用しています。(ボディとの干渉がある為)

●イージーサイレンス使用枚数
フロント・・・・8枚
リア・・・・9枚
その他、吸音スポンジ少々、制振材少々使用。
●タイヤを外さなくても、インナーフェンダーカバー脱着は可能でした。
●作業時間・・・・1日〜2日お預り
●施工車両・・・MAZDA CX-8(8チャンネル様)
●効果・・・施工前後のテスト走行比較で、体感出来るレベルです。
※元々、フロント側のみ8チャンネルさん自ら、制振材少々+吸音材で施工済みでして、
施工前(フロントのみDIY施工済み)と、施工後(前後イージーサイレンスforELUS施工)
の比較でした。

2022081218060134326_3.jpg










リアルな効果の程は、オーナーさんが普段使いで乗られてみて、
一番判る事です。
ですので、しばらく乗られてからYOUTUBEアップされる様です。


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●あの!DIATONEが中古で!『DS-G300』取付込での販売です●
3005.jpg


















3003.jpg










3002.jpg










3001.jpg










3004.jpg










MADE IN JAPAN
DIATONE(ダイヤトーン) DS-G300
中古品の販売です。

音の傾向は、正確性が高く、ジャンル問わず
低域再生能力も高く、レスポンスも良い
硬すぎず、柔すぎずの絶妙バランスです

販売条件・・・・当店で、取付をされる方に限ります。

(商品だけの販売は致しません)
※トゥイーターをマウント製作していましたので、ケースに汚れがありますので、
オンダッシュマウント取付ができません。よって、純正位置内への取付か、
マウント製作(Aピラーorドアミラー裏)が必要です。
============================
DIATONE DS-G300

・使用期間・・・・2.5年位

・程度・・・4.5(5段階評価)
・M.E.I.保証・・・3ヵ月付

特選中古販売価格
¥50,000(税込) 新品時定価¥88,000(税込)
音質UPプラン同様取付
¥33,000(税込)
・インナーバッフル・背圧処理(防振プラン 法Ε好櫂鵐献螢鵐
・トゥイーター取付・音調整等含む

特選中古販売価格
〜取付込合計金額¥88,000(税込)〜

●取付可能車種●
●国産車(輸入車の場合は、取付工賃が異なりますので要問合せ)
●ミッドウーファーがインナー取付可能なお車
●トゥイーターが純正位置内へ取付可能なお車または、
 マウント製作される方(別途費用が掛かります)
取付もお任せください!


その他、ご質問等ございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

取り置きは、出来ません。早い者勝ちです!
興味のある方、お早めにコチラよりお問い合わせください
              ↓↓↓↓  ↓↓↓↓
              問合わせをする

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●あの!『ディナウディオ』の中古品『ESOTAN232』取付込での販売です●
d2_2.jpg


















d1_2.jpg










ヨーロッパ(デンマーク)のハイエンドオーディオブランド
DYNAUDIO(ディナウディオ)/ESOTAN232 
当店デモボード使用分、中古販売致します
デモボード使用分ですので、とても程度は良いです。

音の傾向は、柔らかめで繊細。
サラッと鳴る、耳に刺さらないやさしい高域。
多くの人に、受け入れられる音質だと思います!

販売条件・・・・当店で、取付をされる方に限ります。

(商品だけの販売は致しません)
※トゥイーターはオンダッシュマウントが出来ません。
 よって、純正位置内への取付か、
マウント製作(Aピラーorドアミラー裏)が必要です。

============================
DYNAUDIO ESOTN232(16.5cmセパレート2WAY)
●店内 デモボード使用分●
・程度・・・4.8(5段階評価)
・M.E.I.保証・・・3ヵ月付

特選中古販売価格
¥53,900(税込) 新品定価70,000円(税別)
音質UPプラン同様取付
¥24,090(税込)
・インナーバッフル・背圧処理(防振プラン 法Ε好櫂鵐献螢鵐
・トゥイーター取付・音調整等含む

特選中古販売価格
〜取付込合計金額 ¥77,990(税込)〜

●取付可能車種●
●国産車(輸入車の場合は、取付工賃が異なりますので要問合せ)
●ミッドウーファーがインナー取付可能なお車
●トゥイーターが純正位置内へ取付可能なお車または、
 マウント製作される方(別途費用が掛かります)
  

◆その他、ご質問等ございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

取り置きは、出来ません。早い者勝ちです!
興味のある方、お早めにコチラよりお問い合わせください
              ↓↓↓↓  ↓↓↓↓
              問合わせをする

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●DIATONE SOUND.NAVI(NR-MZ300PREMI)で3WAYを鳴らす!●
EURO LINK UP SHOP NEWS&REVIEW
カーオーディオの音質改善グループ「ユーロリンクアップショップ」の特設サイトOPEN!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

f2_1.jpg










以前、施工済みの『DYNAUDIO ESOTAN372』3WAYシステムです。


一番初めは、内臓4チャンネルアンプで・・・
次のステップアップで、カロッツェリア『PRS-A900』で鳴らしてました。
そして今回、カロッツェリア『RS-A99X』を追加!
f4_1.jpg










助手席シート下に取付です。

A99Xで、Aピラーのトゥイター&ミッドレンジを
A900で、ドアウーファー&サブウーファーを鳴らします。
所謂、マルチアンプシステムです。

メインヘッドは、
f3_2.jpg










ダイヤトーン サウンドナビ『NR-MZ300PREMI』です。

DIATONE 300PREMIは、フロント3WAYマルチのクロスオーバーを
内蔵していないので(ナビヘッドではどれも内蔵していません)、
トゥイーターのHI PASS、ミッドレンジのLOW PASSのネットワークが必要です。
f7.jpg










f1_1.jpg










あまり、パッシブネットワークは作らないのですが、このDIATONE SOUND.NAVI
での3WAYシステムの時だけ作ります。

300PREMIの音設定機能で、『マルチ+パッシブ3WAY/H』と言う機能を使えば、
トゥイーター帯域のタイムアライメント、レベル調整、
そしてミッドレンジ帯域のタイムアライメント、レベル調整、HI PASS(クロスオーバー)
が出来、それなりに通常のマルチシステムに近い調整が可能となるのです。

ん〜・・・・
あまり判りやすい説明ではなかったですので、簡潔に言いますと
サウンドナビ(PREMI)だったら、フロント3WAYシステムへの
発展にも対応可能です!

と言う事です。(^-^)

続いてサブウーファーもパワードタイプから一新!
f5.jpg










f6.jpg










サードシート後(スペース少ないです)に、横向き取付の、台形型エンクロージャーを
製作して、不動の定番サブウーファー『DIATONE SW-G50』取付です。
このサブウーファー交換(パワード⇨SW-G50)による効果は、
重厚感のある、切れの良い低域再生・・・・SW-G50ならではの鳴りですね!

そして、A99Xのアンプ追加による、音の違いは・・・・
きめの細かい表現力は、絶品です!聴いてて気持ちいいです!(^-^)
全帯域に渡り、ワンランクUP!の音質です。

着々と計画的に進化し続けてますお車は・・・
f8.jpg










ホンダ フリードでした。

ではでは




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●インナーフェンダーカバーを防振する訳●

EURO LINK UP SHOP NEWS&REVIEW
カーオーディオの音質改善グループ「ユーロリンクアップショップ」の特設サイトOPEN!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

you1_1.jpg202206151932552048.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

32.jpg










タイヤを外したところの、フェンダーの内側のカバーの事を
『インナーフェンダーカバー』と言います。
(フェンダーライナーとも言うらしい・・・)

このカバーを、取り外します。
36.jpg










⇧フロントカバー 施工前
38.jpg










⇧フロント側のカバー・・・施工後

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
35.jpg










⇧リア側のカバー 施工前
37.jpg










⇧リアカバー 施工後

このお車は、フロントとリアの素材が違いまして、
フロント・・・・プラスチック
リア・・・・表面が起毛の素材

リアに使われている、起毛の素材は最近よく見かける素材でして、
防音効果を狙ったものとみられます。

Q1・何故、この部位に防振施工するのか?
A1・効果が期待できるのは、タイヤと路面が接する事によって発生する
ノイズの低減。うるさいタイヤ、また静かなタイヤが存在するように、
そこからノイズは発生しているのです。
そのノイズ発信源直近で、ノイズを低減する=車内へ伝わるノイズの低減
=車内が静かに!・・・・と言う事です。

Q2・ボディへの防振とは違うのか?
A2・ボディへの防振は、車両丸ごと防振、各部位への防振の施工も
していますが、もちろんそれもノイズの低減になっています。
インナーフェンダーカバーの防振をする事で、相乗効果による効果が期待でき、
より『車内空間の静寂化』へのなります!

施工済みカバーを取付、タイヤを取付して完了。
施工後の試乗で効果の程を確認します・・・・・

その違いは、明らかに体感できる程!w(゚o゚)w
とは言え、流石に『100』が『0』になる訳ではないので、
それなりにノイズはありますが、騒々しくないノイズ感なので、
気にはなりません。
ノイズが、マスキングされた様な感じでハッキリしない音の様な感じ。

あくまでも、僕のイメージですが、『100⇨50』位にはなったかなと思います。
33.jpg









車高を落としたら、ノイズが気になりだした(>_<)との事での
『インナーフェンダーカバー防振』のご依頼でした。

お車は、『MAZDA CX-3』でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
続いて、もう一台!
t4.jpg










おっ!エンジン2機目、全塗装、車両丸ごと防振
その他各パーツもリフレッシュ済み・・・手を入れていないのはシャーシ位(^-^)
ご存知オーディオもガチガチ仕様の『テリオスキッド』です。
重鎮H氏の、テリオスへの愛がこよなく感じられます。

こちらも、インナーフェンダーカバーへの防振施工です。

このテリオスは、フロントのみの施工です
※リアは、カバーがありませんので。

t1_1.jpg










⇧施工前

t5.jpg










⇧施工後

走行中のノイズのマスキング効果でオーディオの音は、
より明確に!を期待しての施工です。

ここで、ご紹介です。
先の、『MAZDA CX-3』そして、『DAIHATSU TERIOSKID』共に
使用した素材は、『イージーサイレンスforELUS』と言う、
この部位(インナーフェンダー)への施工を考え専用設計された、MADE IN JAPAN素材です。

ウレタンスポンジ層・アルミ層・ブチル層
この、3つの素材で構成された 『吸音・遮音・制振』効果のある優れものです。
詳細は、『EURO LINK UP SHOP』⇦こちらから

車両防振プラン』にそのうち組み込む予定です。

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
☆★夏期休業のお知らせ★☆
kakikyugyo202208.jpg

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています