●JEEP COMPASS(ジープ・コンパス)スピーカー交換+DSP AMP取付!●

EURO LINK UP SHOP NEWS&REVIEW
カーオーディオの音質改善グループ「ユーロリンクアップショップ」の特設サイトOPEN!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
チェロキー、ラングラー、レネゲード・・・・
常に、魅力的な車を出してるイメージを持ってます『JEEP』

コンパクトサイズと言われてますが、日本車のコンパクトSUVよりは、

少々サイズは大きめでしょうか!?
JEEP COMPASS(ジープ・コンパス)の入庫です。

j11_2.jpg










オフロードをガンガン走る、と言うよりも
オンロード向きな印象の、お洒落な感じの車です(勝手な印象ですが!)

以前お乗りの車は、自分でスピーカー交換、アンプ取付等されて
楽しまれてたオーナーさん。
少々、現状の音には不満が・・・と言う事で、オーディオ音質改善のご依頼です。

ノーマル状態を聴かせて頂きましたが、
低音がやたら強調された感じで、クリア感が無い・・・そんな印象でした。

では、早速作業開始!
まずは、フロントスピーカーの交換から・・・
j3_5.jpg










j2_6.jpg










純正ドアスピーカーの、粗目グリルからシルバー振動板が透けて見えます。
ちょっと、これだけでもテンション上がります!
j12_2.jpg










バッフル製作して、Morel MAXIMO ULTRA602MKのミッドウーファー
を取付しました。

トゥイーターは、
j9_1.jpg










j6_2.jpg










定番位置!Aピラーにマウント製作して取付です。
スカーッと抜け良く、艶感もあり気持ちいい鳴りです(^-^)


フロント2WAYは、パッシブネットワークは使用せずマルチ接続とします。
その場合は、あれが必要ですね。はい!DSPの取付です!
j4_5.jpg










助手席シート下に取付しました、
6チャンネル内蔵アンプを持つ、『μDIMENSION DSP-680AMP』

4チャンネル分で、フロント2WAYを、
残りの2チャンネルで、リアスピーカーを鳴らします
(リアは、純正スピーカーのままです)

更に、PRE OUTを使ってサブウーファーを、
j1_6.jpg










運転席シート下へ、取付です。
カロッツェリアのコンパクトパワードウーファー
『TS-WX010A』です。
圧倒的な量は出せませんが、癖の無い低域再生で、
パワードサブウーファーとしては、使えるヤツです。
この、WX010Aは、コントローラーは付属しませんが、
DSP-680AMPのコントローラー(別売り)で、SUBのレベル調整が可能なので、
時にはガツンと鳴らす事も出来ます。
j5_3.jpg










このコントローラーは、非常に使い易くて良いです。

更に、このコントローラーを付ける事でDSP-680AMPのブルートゥースが
使えるようになる!というメリットもあります。

お持ちのスマホから、純正オーディオを介さずに
直接DSPが受けてくれますので、音質もGOOD!
その際の、Volume操作にコントローラーが必要になります。

j10.jpg










もちろん、純正の全ての音声もDSP経由で鳴らせますので、
音質も格段とアップしてます。

最後に、本システムを活かすも殺すも・・・と言える程重要なのが
j8_1.jpg










音の調整です!
DSP付けたら音が良くなるわけではありません。
その状況にあった調整をして、ナンボです!

フロント2WAYマルチ+リアスピーカー+サブウーファーの調整を
一からすると、調整時間はおおよそ『※2〜3時間』※DSPの機能によりことなります。
その後、微調整・・・と、結構時間は要します。

その結果、見違えるような爽快なオーディオに激変です!(^-^)

ではでは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
インナーフェンダーカバーの防振で、ロードノイズ低減!静寂度UP!
施行されたユーザーさん(8チャンネルさん)の動画です。






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています