●MAZDA アクセラ/プロセッサー取付+スピーカー交換!●
マツダコネクト付車
    ⇩
プロセッサー(DEQ-1000A-MZ)
    ⇩
フロントスピーカー交換
    ⇩
Aピラー トゥイーターマウント製作

良くやる施工です。
順を追って、やるも良し。
全部一気に、やるも良し!(^-^)

今日ご紹介は、全部一気にやったお車です。
2021032814342135842_2.jpg











マツダコネクト搭載のアクセラです。
お仕事で、長い時間乗る事が多いので、
その時の、楽しみにオーディオの音を良くしたい!とのご依頼です。

まずは、フロントスピーカー
2021032814343132333.jpg











Morelの人気モデル『MAXIMO ULTRA 602 MK供

防振プラン 頁悵欺萢)施工の上、インナーバッフルにて、
ミッドウーファーの取付です。

2021032814342135842_3.jpg











運転席シート下に、Morelスピーカーネットワーク、
そして赤いボディはカロッツェリアのプロセッサー

※人気のDEQ-1000A-MZですが、現在メーカー欠品中です。
店の在庫も、残り1台となりました。
(既に、ご成約頂いているお客様の分は、確保済みですのでご安心を)

続いて、トゥイーター!
2021032814342135842.jpg











2021032814342135842_1.jpg











Aピラーに、半埋込マウント製作しました。
仕上げは、スェード仕上げで、質感も良くお上品な仕上がりです。

で、音の仕上がりの方はと申しますと、

『純正と、全然違う!w(゚o゚)w・・・・・
低域もしっかり出てて、サブウーファーが付いてるみたいですね!(^-^)』

                       ・・・・オーナー様談

オーナーさんの仰る通りで、
出た瞬間で解る程の明瞭感の違い!
そして、圧巻はドアのミッドウーファーの低域再生能力!

好きな音楽を、良い音で聴ける車内・・・
車での移動時間が、より楽しいものになったのではないでしょうか!!

ではでは











 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●最近依頼が多いです!車両防振(デッドニング)●
2021032420402429902.jpg











TOYOTA・TANK車両防振(デッドニング)のご依頼で、入庫です。
最近、車両防振の問合せ、ご依頼が非常に増えてます。何故かは不明。

オーディオの為の環境造りとして、やる方もいれば、
車両の走行ノイズ低減、静寂性を求めてやる方も。

この度のタンクは、後者の方です。

静かにするには、車丸ごと施工するのが一番なのですが、
金額も結構掛かりますし、重量増も気になるところ。

そこで、部位を絞ってやるとなると
お勧め箇所は、『ルーフ(天井)』そして、『ラゲッジ廻り』を
提案します。(多くの車は、ココだと思います)

では、早速!
2021032420410427646.jpg











A・B・CDピラー全部外して、ルーフトリムを外した所(ノーマル状態)です。
後にだけ、吸音材が入ってます。

2021032420410427646_2.jpg











制振材全面施工!

2021032420410427646_1.jpg











その上に、吸音・遮音シートを全面施工。
この時点で、車内での会話の響きの違いが既に感じられます。

使用素材は、耐久性・効果抜群で信頼度◎の
制振材・・・STP AERO
吸音・遮音材・・・STP Biplast10
を使用してます。

続いて、ラゲッジ廻り
2021032420402429902_1.jpg











トリム類を外して、鉄板部剥き出しにしたところ。

2021032420402429902_3.jpg











制振材全面施工。

2021032420402429902_2.jpg











吸音・遮音材全面施工。

使用素材は、ルーフと同じくSTPです。
制振材・・・STP AERO
制振材・・・STP BOMB AERO⇦一部に使用!
と、適材適所に使い分けをしてます。
吸音・遮音材・・・STP Biplast10

最後に、内装を元通りに組み付けて完成です。

防振作業の半分の時間は、この『内装バラシ+組み付け』です。
箇所によっては、内装と接して組み付けが出来なくなるので、
やり過ぎ注意です。

この施工で、どんだけ変わるのか?!
体感出来るのか?!と、良く聞かれますが
違いが判らないと言う事は、まず無いと思います。
確実に違うポイントとしたら、
・天井に当たる雨音(これは、あからさまです)
・エンジン音(天井の響きが低減される為)
・走行ノイズ(タイヤ・足廻りから伝わる音)
などなど、です。

ではでは




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●New!Morel ELATE CARBON MW9 /4本揃いました!●
2021032220323225582_1.jpg











MorelのNewモデル『ELATE CARBON MW9』
9インチと言う、日本ではあまりなじみの無いサイズのウーファーですが、
これでないと、駄目なんです。

その訳は、こちら
2021032220323225582_3.jpg











Spremo SW9からの、差し替えなので!
ちなみに、サイズはドンピシャ同じです・・・
と言うか、バスケットは同じ物のようです。

2021032220325130124_1.jpg












2021032220323225582_2.jpg











セカンドシートバックのエンクロージャーに
表に2本。裏に2本のアイソバリック方式。
裏の2本は、普段全く見えません。
この度の様な、ユニット交換時くらいにしかお目に掛れません。

と言う事で、
2021032220325130124.jpg











ホントに、付いてます。(^-^)

9インチ4発で、求める物は低域の『質』です。
反応は抜群に良いですし、切れも良しです。

2021032220323225582.jpg











進化続ける『重鎮・テリオスキッド』でした!

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●BMW X1/バックカメラ・ミラーリング・DSP・・・色々●
BMW X1の入庫です。

まずは、バックカメラが無いので、付けよう!
2021031921551312317_3.jpg











スッキリと見栄え良く、半埋込です。

2021031921543514636.jpg











映り方は、こんな感じです。
ガイドライン・ステアリング舵角連動機能もあります。

純正画面に、映す為に、インターフェースを入れてますが、
折角インターフェース付けるならば、ミラーリングもしようとの事で、
2021031921543514636_1.jpg











ミラーリングも出来ます!

で、オーディオの音もイマイチなので・・・・
では、DSP入れましょう!
2021031921551312317.jpg











このラゲッジ下に、設置しました。
2021031921543514636_3.jpg











2021031921543514636_2.jpg










この為に空けてあったかのような、ジャストスペースに
6チャンネルアンプ内蔵モデルでして、
フロントスピーカー+フロントウーファー+リアスピーカーの
純正スピーカーを鳴らします。

フロントドアのトゥイーターカバーはあるのですが、
2021031921551312317_1.jpg











中身は無し・・・w(゚o゚)w
チョッとスカッとさせたいので

2021031921551312317_2.jpg











トゥイーターも追加装着です。

純正スピーカー+アドオントゥイーターでも、
DSP入れて、調整してやるとおもしろいくらい激変します。
もちろん、良い方に!

快適仕様の『BMW X1』完成です。

ではでは










 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●音質UPプラン〜スピーカー交換〜最安スピーカー登場!●
良い素材を使って、良い音を出す!
カーオーディオ専門店としての仕事です。(当然と言えば、当然の事)

そして、安価な素材で、
『はっ!w(゚o゚)wと驚く!』そんな、音作りにもチャレンジしていく事、
も大切な仕事のひとつだと考えます。

何が言いたいかと言うと・・・・
『音質UPプラン〜スピーカー交換〜』に、安くて、良いスピーカーが
入りました!って言う事です。

2021031419241813477.jpg











AUDISON primaシリーズの『APK165Ω2』 本体価格 26,400円(税込)
音質UPプラン工賃込み価格※・・・・53,900円(税込)
※インナーバッフル・防振1(背圧処理)・・・全取付含む

2021031414293528947_2.jpg











スリバチ状の、コーン紙で、作りも非常に綺麗です。

2021031414293528947_1.jpg











大きめのマグネット。

2021031414293528947.jpg











多分使う事は少ないと思いますが、グリル付き。

2021031414330325470.jpg











2021031414330325470_1.jpg











トゥイーターマウントも、置き方で2種類可能。

2021031414293528947_3.jpg











ネットワークも、トゥイーター用、ウーファー用と個別で、
取付性も良しです。

で、音の方は、くせ無いナチュラル傾向・・・中低域にかけては深みもあり良いです。
価格からは、想像しがたいくらいの、品のある音質です。

店頭にて、常時試聴可能です。

低予算で、良い音を!是非ご試聴あれ!

ではでは





 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●LIMITED EDITION・・・CIVIC TYPE-R●
『LIMITED』・・・『限定』、この言葉には弱い人は多いはず。
僕も、そうです。(^-^)

良く、TVでやってますよね、
『今から、〜30分以内のお電話のみの特別プライス!w(゚o゚)w』・・・
・・・・・これには、あんまり響かない。ですが

今日、ご紹介するLIMITEDは、響きます。

2021031222140637987_1.jpg











このド迫力ボディ!この深みのある黄色、タマリマセン・・・・
CIVIC TYPE-R〜LIMITED EDITION〜
『国内200台限定』と、レア度も高いです。

さて、作業内容ですが、
2021031222140637987.jpg











ヘッドユニットに、DIATONE NR-MZ200PRMI。

フロントスピーカーに
2021031222144837174.jpg











同ブランドで、DIATONE DS-G300を、
ドア防振プラン施工して、取付。
2021031222144837174_3.jpg











トゥイーターは、ドアミラー裏三角地帯の純正位置に
ベース製作加工して、取付。

リアスピーカーにも、
2021031222144837174_1.jpg











フロント同様、防振プラン∋楾の上、DIATONE DS-G300を!
2021031222144837174_2.jpg











トゥイーターも、純正位置へ、チョッと加工しての取付です。

基本、車のルックスは大きく崩さず純正然の取付です。
2021031222140637987_2.jpg











仕上げに、ドアグリルへ『DIATONEエンブレム』貼って完成!
・・・エンブレムを何処に貼るとカッコいいか、結構悩みますが、
これは、いいポジションではないですか!?

れで、車のエンジン音、マフラー音、同様
オーディオの音も楽しめますぞ!(^-^)

ではでは





 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●天井・ラゲッジ・・・まるっと!全部防振!●
2020.10月施工の、フロア防振です。⇩
2020102319460226749_2.jpg











フロントドアは、スピーカー取付時に施工済みでして、
残る箇所、全部まるっと防振します。

まずは、ボンネット・・・
2021030809470645629_3.jpg











 ̄れ落とし、脱脂をしっかり行った上で、
面のところへ、STP AEROを貼付け。

2021030809470645629_1.jpg











吸音&断熱、そして防水使用の『STP ACCENT6』で、
覆います。

2021030809470645629_2.jpg











純正で、インシュレーターがないので万が一の脱落防止の為、
クリップで留めました。
※基本、インシュレーターが無い車両はボンネット処理は施工しません。
但し、このお車の様に、クリップ留めが出来る場合は、施工可能です。

続いて、リアドア
2021030809485043323.jpg











ノーマル状態

2021030809480540443_3.jpg











外板パネル『STP AERO』+『ATP ACCENT6』、
内板パネル『STP AERO』でホール埋め。

2021030809485043323_1.jpg











トリムは、『STP AERO』+『Biplast10』
Biplast10は、吸音+遮音のスポンジ系シートです。
非常に柔軟性が高いので、凹凸追従性が良いです。
しかも、強粘着です!

続いて、天井(ルーフ)
2021030809494446187.jpg











ノーマル状態です。見るからにやりがいを感じます!と同時に
防振効果が想像つきます。

2021030809485043323_2.jpg











一層目・・・『STP AERO』全面貼付け。
もうこの時点で、『鉄板の響き』無くなってます。

2021030809485043323_3.jpg











2層目・・・『STP Biplast10』
ルーフ・鉄壁の守り完成です!

※この車両のルーフ内装は、ボディに接着されてまして(時々あります)
外すのに一苦労です。・・・場合によっては、綺麗に外せません。
この車両の場合、外せなかったので切りました。
2021030809494446187_1.jpg











当然その場合は、再利用不可ですので、

2021030809494446187_2.jpg











新品交換が必要です。

次、リアハッチ
2021030809480540443.jpg











ノーマル状態

2021030809480540443_1.jpg











『STP AERO』+『STP ACCENT6』で、
制振・防音対策です。
多少、重量増になりますので、ハッチの締りが良くなった感じです。
サブウーファーがラゲッジにある場合など、良くビビりが出る箇所ですので、
将来のサブウーファー取付ても、OKです。

次、ラゲッジ及びピラー
2021030809502845649.jpg











ノーマル状態です。綺麗な物でして、純正での制振は無いです。

2021030809502845649_1.jpg











スペアタイヤ部〜ピラーの立ちあがりまで、制振処理。
使用材料は、『STP AERO』+『STP BOMB AERO』です。
施行部位により、BOMB、AEROを使い分けてます。

2021030809502845649_2.jpg











仕上げは、『STP Biplast10』です。
ラゲッジは、防振効果の体感が出やすい箇所です。
どこかに絞って、施工する場合は『ラゲッジ』をやる事をお勧めします。

施工納車後、オーナーさんのインプレッションです。

『ロードノイズ、だいぶ静かになりました!
オーディオの音も、良くなった様な気がします。
丸ごと防振して、良かったです(^-^)

・・・と

体感できて、何よりです。

以上、車一台丸ごと防振施工(MIRA)でした。
2021030809470645629.jpg












ではでは


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●アンプ取付の効果!ヴェゼルに『PRS-A900』インストール!●
202103061043484806_1.jpg











202103061043484806_2.jpg











メインヘッドに、『DIATONE NR-MZ300PREMI』
そして、フロントスピーカーに『DS-G300』を、
サブウーファーは、『SW-G50』と、DIATONEフルシステム装着頂いてます、
ホンダ/ヴェゼル。

アンプ追加のご依頼ですが、その音質UP効果は如何に!?!?

取付するパワーアンプは、
『カロッツェリア/PRS-A900』
運転席シート下に取付しました。
※本車両は『ガソリン車』です。ハイブリッドは無理かも・・・?
202103061043091661_2.jpg












202103061043091661_1.jpg











後席から見たところ・・・
出っ張りなく取付してますので、後ろの人が乗っても
踏んづけられないと思います。

あっ、アンプ取付の仕上げ(重要です)
202103061043091661.jpg











GAIN調整をして、シート取付して完成です。
このゲイン調整・・・結構重要なポイントでして、質はもちろん、SN感も変わってきます。
そして、複数台アンプがある場合は、帯域バランスにも大きく関わってきますし、
プロセッサー調整にも影響してくるところです。
おろそかには出来ない、アンプ取付の際には必須作業のひとつです。

ちなみに、バッ直も新たに追加してます。
FUSEホルダーは、MIDI FUSEの非磁性体仕様の物を使用。
しっかりボルト締め出来て、『安心安全』『音質的にも良い』です。
202103061043484806.jpg












で、音の方は・・・・
内蔵アンプでも決して、駄目な訳ではなかったのですが、
やはりこのクラスの、アンプが付くと違いはあからさまです。

まずは、出音に余裕を感じます。
繊細さも増し、歯切れも良く、上々!
ピシっと、締まった正確な鳴りと言った感じでしょうか!!

202103061043091661_3.jpg











フロント2WAY+サブ・・・スピーカーユニットは、『DIATONE』で、
アンプは、『carrozzeria』のPRS-A900+PRS-D800で、
ケーブル類は、主に『M&M DESIGN』を使用した、
『ALL JAPAN』で、システム完成です。

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています