●JUKEの続き・オーディオアップグレード編!●

j4_3.jpg










JUKEのアップグレード、今回はオーディオ部です。

まずは、フロントスピーカー『TS-Z900PRS』を鳴らすアンプから・・・
現状『カロッツェリア RS-A09X(ミッドウーファーへ)』と、
他社2CHアンプで、(CSTドライバー2WAYをNW経由で)鳴らしてましたが、
フルマルチで鳴らす為、4CHアンプへ変更。
となれば、選択肢は1択!

j3_4.jpg










同シリーズの『カロッツェリア・RS-A99X』に交換です。

ちなみに、A09Xはこの下・・・
j11_1.jpg










j16.jpg










に取付済み。

取付後に、メンテナンス、GAIN調整しやすい様に熟考の上取付してます。

現状のメインヘッドである、『カロッツェリア AVIC-CL902XS』では、
フロント3WAYマルチは、不可の為 DSPを追加!
j2_5.jpg










HELIX最高峰モデル!『DSP ULTRA』をチョイス!
RCAケーブルもM&Mのハイグレードモデルの3000シリーズをフロント用に使用。

それと、拘りの一品!
j13_1.jpg










DSP ULTRAの電源カプラーも内部パーツ3層ロジウムコーティングの
『F2M ZERO-R HPC』に交換済み。
電源ケーブルも、M&M製の3D-MP016WHを使用。

今回は、サイバーナビ(X)がメインヘッドなんですが、近い将来の
DAP(デジタルオーディオプレーヤー)導入の為、DSP ULTRAのコントローラーとして、
『CONDUCTOR』を取付。
j1_5.jpg










j6_1.jpg










最終的には、これがメインボリュームになるので
使い易いところへの設置がマスト!
と言う事で、この場所へ取付です。

プッシュと回転操作だけで、使い勝手はどうなのかと思ってましたが、
実際使ってみると・・・・・・・非常に使い易いです。

続いて、サブウーファー(SW-G50)を鳴らすアンプは、このDSPの下に移動して、
j12_1.jpg










更にその奥には、DSP ULTRAの電源強化として、
j15_1.jpg










j14_1.jpg










オーディオテクニカREXAT『AT-RX80』を取付してます

と言う感じで、フル活用で取付したラゲッジスペースは、
j4_4.jpg










機材で満載w(゚o゚)w。
もう上方向にしか、スペースは残ってません。(>_<)

大幅な、アップグレード完了です。
音のアップグレード感は・・・
解像度の飛躍的な向上!それに伴いナチュラル感も増し、
非常に聴き易い、何でも来い!の
万能システムに!!

JUKE、車丸ごと防振&オーディオアップグレード 完成です。

ではでは





 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●NISSAN JUKE/車両丸ごと防振処理!●
j4_3.jpg










以前、オーディオインストールしたJUKEです。
j1_4.jpg










j2_4.jpg










今回、オーディオの大幅!アップグレード、それと『車両丸ごと防振処理
のご依頼で入庫です。

まずは防振処理から・・・・・
フロントドアは、スピーカーインストール時に防振プランまで、
既に施工済みなので、それ以外の箇所全部防振処理します!

まずは、ひたすらバラシ作業です。
ダッシュボード以外の内装は全部外します。w(゚o゚)w
j13.jpg










ここまでばらすと、やった感がすごくあります・・・・が、
防振施行はここからが始まりです。

フロア・・・
j5_1.jpg










ルーフ・・・
j7.jpg











ラゲッジ・・・
j9.jpg










j8.jpg










リアゲート・・・
j14.jpg










j15.jpg










ボンネット・・・
j11.jpg










リアドア・・・
j12.jpg











全箇所、金属部に振動抑制の『制振材』+空間制御の『吸音系素材』
の2層での施工です。

ここまでやると、車の静寂性はかなり増します!
車内に入り、ドアを閉めるとそこはもう、別空間です。

付帯音の大幅減された、その環境で鳴らすオーディオは、
それだけでも音質改善となってます。

如何に、いままで不要な音も今、聴いていたのか良く判ります。

次回、オーディオ機器のアップグレード編です。

ではでは
 
〜ロードノイズ低減〜防振処理





 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MAZDA AXELA BOSEサウンド付車/脱BOSEで音質UPです!●
a10.jpg










マツコネ付き、マツダ・アクセラの入庫です。
純正オーディオは、

a5.jpg










『BOSEサウンド付車』です。

BOSE付車でも、オーディオのグレードアップは可能です!

まずは、スピーカー交換から・・・
音質アッププラン〜スピーカー交換(Morel MAXIMO ULTRA 602)〜
の施工です。

a1_1.jpg










音質UPプラン・オプションのメタルバッフル(PCD-1)と、耐水樺合板で製作した、
ハイブリッドインナーバッフル。
そして、トゥイーター純正純正位置取付用の、ベース製作です。

a7.jpg










a9.jpg










フロントスピーカーは、オールインナー取付で完了!

続いて、サブウーファー。
a2_1.jpg










トランク内へ、置き型エンクロージャーとセット。

a8.jpg










ユニットは、フロントスピーカーと同じ『Morel PRIMO104』
25cmサブウーファーです。

スピーカーは、以上でフロント2WAY+サブウーファーの3WAY構成。

これらのスピーカーは、BOSEアンプでは鳴らせませんので、
運転席下にあるBOSEアンプは撤去!

そこへ、新たなアンプ、DSPと取付します。
a4_1.jpg










DSP・・・・carrozzeria DEQ-1000A
AMP・・・・audison SR5.600

フロント2WAYマルチ接続する為、DEQ-1000A-MZではなく、
クロスオーバー内蔵の『DEQ-1000A』を!

DEQの内蔵アンプは使用せずに、外部アンプ
オーディソンの5chアンプ『SR5.600』を!
SR5.600・・・・75W×4+330W×1のアンプでして、
まさに、この車両の様な、フロント2WAYマルチ+サブのシステムには、
丁度良いスペックです。
a6.jpg










やはり、このクラスの外部アンプは、DEQの内蔵アンプよりも、
音質はワンランク上です。余裕が違います。(^-^)

と言う感じで、完全脱BOSEで、インストール完了。

純正よりも、圧倒的に音が良くなったことは言うまでもありません。
オーナーさんにも、大変喜んでw(゚o゚)w頂けました。m(._.)m

a3_1.jpg











では

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●DIATONE DS-G400実力発揮!ハイラックスへ取付!●
h15.jpg












DIATONEのDS-G400のウーファーユニット・・・

接続が、ネジ止め出来るのは結構良いと思います。
これが、全てではないですが、
『確実なジョイント部=情報の正確な伝達』と考えます!

ドア防振プラン∋楾の上、取付したG400のミッドウーファー

h12.jpg










h13.jpg










h8.jpg










先に、言いますが、これがまた、たまらなく良い鳴りしてくれるんです!w(゚o゚)w
圧倒的な量感、そして切れ味抜群の、低域再生能力!
HILUXという、車両室内空間からして、BOXタイプのサブウーファーの
取付は、少々厳しいものがあります。

よって、低域再生はこのユニットに頼らざる得ません。
その期待に十分応えてくれました。(^-^)

そして、トゥイーターは純正位置(ドアミラー裏三角部)に、
マウント製作して取付です。
h2.jpg










音質UPプラン/スピーカー交換(DIATONE DS-G400)
OP 防振プラントゥイーターマウント製作スピーカーケーブル交換
の施工でした。

そして、G400を鳴らしたのは、『ALPINEのフローティングBIG X』です。
内蔵アンプ4チャンネル全部フロント使いの、バイアンプ接続です。
h11.jpg











ちなみに、この画面は今回取付した、フロントカメラ映像です。
h1.jpg










フロントグリルに取付です。
アルパインの特徴でもある、『VOICE TOUCH(ボイスタッチ)』で、
一発で、フロントカメラ画面に切替わるので、非常便利で、実用性があります。

続いて、サイドカメラ
h3.jpg










ドアミラー下に、埋め込みタイプのカメラを、目立たぬ様に取付です。
視野角も広いので、広範囲が映せます。
サイドカメラも、VOICE TOUCHで一発呼び出し出来ます。

ちなみに、バックカメラは、
h9.jpg










純正カメラを使用してます。
舵角連動のガイドラインも出ます。
VOICE TOUCHで、バックカメラは呼び出せません。
リバース連動となります。

続いて、デジタルインナーミラー(ドライブレコーダー機能付き)です。
h5.jpg










セルスターの『CS-1000SM』+オプションのフロントカメラで、
前後ドラレコとしてます。
配線も極力目立たぬ様に取付出来るのも、この機の良いところです。

今映っているのは、リアカメラの画像。
取付位置は、リアガラス(車内)でして、
h6.jpg










この辺りに付いてます。
結構、濃いめのフィルムが貼ってありますが、問題なく映ります。

h7.jpg










新車降ろしたての、『TOYOTA HILUX』オーディオレスでの
入庫でした。

ではでは







 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●PRIUS PHV GR SPORT 車両防振処理・静寂感UP!●
かなりレーシーな雰囲気プンプンの、プリウスPHV GR SPORT!。
の入庫です。
普通に、カッコいい車です。
p9.jpg










基本静かな車なのですが、ゆえに気になる点も少々あるとの事で、
車両防振処理の施工をする事に。

施行部位は、
体感効果1番の『ルーフ(天井)』
それと、『フロア』を処理します。

まずは、ルーフから・・・
P5.jpg










ラゲッジサイドパネル、全ピラー、ルームランプ等々外して、
ルーフトリムが外れます。
純正で制振材等の類は、なく素地の剥き第状態。

まずは、そこの制振処理です。
P6.jpg










ほぼ全面に渡り、1層目の制振材を貼付け。

P4.jpg










1層目の制振材を多い被す様に、吸音材を貼付け。
この状態(トリムなし)でも、ルーフの鳴きは大きく低減してます。

純正でトリム側には、吸音材が全面に貼ってあります。
これも効果ある物なので、剥がさずにそのまま使用します。
P2.jpg










ルーフトリムを元に戻して、上は完成。

続いて下側(フロア)の処理。
P1.jpg










フロントシート、リアシート、センターコンソール、
そして、フロアカーペット・・・・全て降ろします。

まずは、制振材の層。

P3.jpg










続いて、吸音の層。
P8.jpg










ルーフと同じく、2層処理になります。

何故、2層なのか・・・
制振材は・・・『ブチル&アルミ素材』でして、鉄板に密着して貼る事により、
その部分の『剛性UP=振動の低減』となり、ノイズの低減となるのです。
主に、低周波に効果があります。

吸音材は・・・『スポンジ系素材』でして、制振材を施工した上に貼り付けます。
パーツ同士の接触部の異音等を無くす効果があります。また、
素材自体は、高周波ノイズの低減する効果があります。

高周波~低周波までの全帯域に渡るノイズを
抑える為の、『2層施工』のなのです!

車両防振=静寂性UP!となると共に、
オーディオの音も、確実に良くなります!

ではでは

車両タイプ毎の価格は、⇩⇩⇩コチラ⇩⇩⇩
防振処理 軽自動車 防振処理 軽自動車 防振処理 小型車 防振処理 セダンタイプ 防振処理 SUV・ワゴン 防振処理 ミニバン 防振処理 ミニバン



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MINI(F55)フロントスピーカー交換で、爽快サウンドになります!●

m6.jpg










F55 MINI、フロントスピーカー交換で入庫です。
ノーマルオーディオは、フロント+リア+ウーファー(シート下)の
構成でして、低域の切れがちょっと欲しいかなと思うけれども、
量感は充分!

そして、フロントドア中段に位置する、10cmスピーカー。
・・・もうチョッと、明瞭感が欲しいのと、音像が低いのが気になる点。

では、交換します。
m5.jpg










PLUG&PLAY ekite for MINI『MN56KJ2』の取付です。
ユニットは、この黄色い振動板が特徴の『Focal K2Power』でして、
10cmスピーカー、トゥイーター、ネットワーク、
MINI専用アルミバッフル、防振材、ケーブル等セット物です。


m4.jpg










流石PLUG&PLAY、フィティングは申し分なし!

m3.jpg










内張り組んでも、黄色のそれが存在感を主張してます。

そして、ツィーター
m1.jpg










オンダッシュ置きで取付。
純正のツィーター付きのAピラー(ハーマンカードン用)を別途購入頂ければ、

Aピラー内への取付も可能です。

今まで、出てなかったこのツィーター帯域(超高域)が、スカッと
出てくるので、聴こえ方は一変します。

音像も、ダッシュボード上まで引き上げられ、
サラリと爽快感ある、『Focalサウンド』で、格段と音は良くなっています。

色々、MINI専用のスピーカーは出てますが、
この充実したセット、音質・・・Focalが一段上かなと思います。

更に欲を言えばですが、
DSPを入れてやれば、本格的ハイファイサウンドの出来上がり!(^-^)
と言ったところでしょう。
PLUG&PLAY1080(8chアンプ内蔵)だったら、
フロント2WAY+シート下ウーファー×2+リアスピーカーのフルマルチ接続が可能!
その一体感のある、研ぎ澄まされた音が目に浮かびますw(゚o゚)w

ではでは





 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●VEZEL e:HEV / オーディオアップグレード 大成功!●
オーディオ作業での入庫は、初になります。
v5_1.jpg










HONDA VEZEL e:HEV(ヴェゼル)
迫力のフロントFACEは、インパクトあります。

メーカー装着のHONDA CONNECTディスプレイ付き車です。
デッキ外して、確認してみると従来の24PINコネクターではありませんでした。(>_<)

なので、配線加工で取付する事にしましたその物は、
希少な『carrozzeria DEQ-1000A』です!
v6.jpg










助手席足元上方に、発砲スチロールカットしてスペースを確保。

それで、鳴らすスピーカーは
v2_1.jpg










v1_1.jpg










v3_1.jpg










『DIATONE DS-G300』です。
DEQ-1000Aをネットワーク接続で内蔵クロスオーバーを使用。
フロント2WAYマルチ接続で鳴らします。

それと、前車からお使いの、パワードウーファーも、
DEQ-1000AのSW OUTからの接続で、フロント2WAY+サブウーファーの
3WAYシステムです。

レスポンスの良さは、定評のG300!
切れ良く、気持ち良く鳴ってくれてます。
それに、パワードSWの深みある低域も乗っかってきて、
大音量では、迫力も充分な楽しめる音です。

ただ、そこまでの纏まりが出せるのは、DSPのおかげ!
スピーカー交換だけだったら、ここまでの完成度は正直厳しいと思います。

v7.jpg










初めて触った、HONDAのディスプレイオーディオですが、
なかなか使い勝手も良く、そして素の音も悪くないので、
オーディオのアップグレードも、やり易く良かったです。

ではでは





 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●Porsche 986 BOXTERのデッキ交換●

juke1.jpg










まずは、この画像・・・・何かの被害にあった訳ではありませんw(゚o゚)w
車丸ごと防振処理』の為に、内装をばらした所です。
ダッシュボード以外、全バラシです。

車両静寂化へ着々と、作業は進行中です!

では、本題へ

b1.jpg










ポルシェ986ボクスターのデッキ交換の依頼です。
発売開始(1996年)から既に25年経過しますが、このスタイルは、
今でもカッコいいと思います。

b2.jpg










純正のCDデッキです。当時の物なので、ソースはCD/ラジオのみ。

b3.jpg










カロッツェリアのCD/USBデッキに交換です。
USBが聴けるのは、便利です。

と、あっさりと交換できると思ったら大間違い!(>_<)
このボクスターは、最終型でして、オーディオシステムがそれ以前のとは
変わってまして、デッキ〜アンプへの伝送が『光』になっているやつです。

要するに、デッキ裏でスピーカーに接続が出来ない(>_<)(>_<)為、
トランク(フロント)にある、アンプの所までスピーカーケーブルを通して、
アンプバイパスして接続します。

と、少々手間取りましたが、無事完成!

このころのポルシェ(996・986)は、デッキからアンプへの接続が
『光』『有線』はたまた『BOSE』だったり、
年式、装備等により、異なりますが、いずれも交換は可能です。
ナビを付ける事も可能です。

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●カローラツーリング/フロント3WAY化!●
3WAY化の前に、まずは電源チューンから・・・
ct4.jpg










現在のシステムに、プラスオンで電源レギュレターの追加!
DSPアンプ『PLUG&PLAY1080』にオーディオテクニカREXATの
『AT-RX100』を入れました。

ct5.jpg










電圧設定は、『14.4V』に。
音は、聴感のSNが一段と良くなり、情報量増の印象!
既存のシステムのポテンシャルアップとなるこの電源レギュレター!
アップグレードにはもってこいの逸品です。


そして、今回のメインアップグレードは、
フロントスピーカーの3WAY化です!
ct2.jpg










既設のスピーカー『DIATONE DS-300』(17cmセパレート2WAY)に
ミッドレンジの追加です。
と言っても、DIATONEにはそのユニットは存在せず・・・
なので、反応性の良いカロッツェリアの『TS-S1000RS』をチョイスです。
Aピラーに、Wのマウント製作して取付しました。

で、実際のところその音はどうか?!
全くもって、その銘柄の違いは気にならずです。(^-^)
喧嘩する事も無く、仲良く鳴ってくれています。
圧倒的なリアリティのアップ⤴に、そのスピーカーの存在すら

気にならず、非常に良いシステムアップとなりました。

メインヘッドは、
ct6.jpg










純正ディスプレイオーディオと、ウォークマンを併用。
基本的には、音楽はウォークマンで!映像系は純正ヘッドで!がベターでしょう。
なんせ、ディスプレイオーディオからの音は、一癖も二癖もあり結構厄介でして、
セオリー通りの調整ではダメなんです。(>_<)
なので音の調整も、『ウォークマン用』と『ディスプレイオーディ用』の2つ作ります

それらの切り替えは、
ct1.jpg










PLUG&PLAY COMMANDで。

一年余りで、グングン進化しています、取付車両は
ct3.jpg










オーディオのみならず、外見も決める
『カローラツーリング』でした。

ではでは

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています