●DIATONE DS-G400実力発揮!ハイラックスへ取付!●
h15.jpg












DIATONEのDS-G400のウーファーユニット・・・

接続が、ネジ止め出来るのは結構良いと思います。
これが、全てではないですが、
『確実なジョイント部=情報の正確な伝達』と考えます!

ドア防振プラン∋楾の上、取付したG400のミッドウーファー

h12.jpg










h13.jpg










h8.jpg










先に、言いますが、これがまた、たまらなく良い鳴りしてくれるんです!w(゚o゚)w
圧倒的な量感、そして切れ味抜群の、低域再生能力!
HILUXという、車両室内空間からして、BOXタイプのサブウーファーの
取付は、少々厳しいものがあります。

よって、低域再生はこのユニットに頼らざる得ません。
その期待に十分応えてくれました。(^-^)

そして、トゥイーターは純正位置(ドアミラー裏三角部)に、
マウント製作して取付です。
h2.jpg










音質UPプラン/スピーカー交換(DIATONE DS-G400)
OP 防振プラントゥイーターマウント製作スピーカーケーブル交換
の施工でした。

そして、G400を鳴らしたのは、『ALPINEのフローティングBIG X』です。
内蔵アンプ4チャンネル全部フロント使いの、バイアンプ接続です。
h11.jpg











ちなみに、この画面は今回取付した、フロントカメラ映像です。
h1.jpg










フロントグリルに取付です。
アルパインの特徴でもある、『VOICE TOUCH(ボイスタッチ)』で、
一発で、フロントカメラ画面に切替わるので、非常便利で、実用性があります。

続いて、サイドカメラ
h3.jpg










ドアミラー下に、埋め込みタイプのカメラを、目立たぬ様に取付です。
視野角も広いので、広範囲が映せます。
サイドカメラも、VOICE TOUCHで一発呼び出し出来ます。

ちなみに、バックカメラは、
h9.jpg










純正カメラを使用してます。
舵角連動のガイドラインも出ます。
VOICE TOUCHで、バックカメラは呼び出せません。
リバース連動となります。

続いて、デジタルインナーミラー(ドライブレコーダー機能付き)です。
h5.jpg










セルスターの『CS-1000SM』+オプションのフロントカメラで、
前後ドラレコとしてます。
配線も極力目立たぬ様に取付出来るのも、この機の良いところです。

今映っているのは、リアカメラの画像。
取付位置は、リアガラス(車内)でして、
h6.jpg










この辺りに付いてます。
結構、濃いめのフィルムが貼ってありますが、問題なく映ります。

h7.jpg










新車降ろしたての、『TOYOTA HILUX』オーディオレスでの
入庫でした。

ではでは







 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています