●感動のスピーカー!DIATONE DS-SA1000取付●

h7_1.jpg










h8_1.jpg










見ていて、惚れ惚れします。
精度の高さ、そしてこの美しさ。

DIATONEのフラッグシップモデル
『DS-SA1000』になります。

DS-G300からのグレードアップで選ばれたスピーカー!
間違いない選択です。

トゥイターの取付から・・・
h6_1.jpg










定番ポジションの、Aピラーへマウント製作しての取付です。
見かけでは解らないと思いますが、スピーカー背面の1点ボルト締めの、
フローティング取付となっております。

続いて、ミッドウーファー・・・
h2_1.jpg










h3_1.jpg










純正スピーカーグリル形状に合わせた、純正然としたアウターバッフル製作です。
インナーバッフルから積層で作られたバッフル素材は『樺合板』で、
しっかりとスピーカー駆動、振動を受け止めてくれます。

h4_2.jpg




























このSA1000を鳴らすアンプは、
h5_1.jpg










HELIXのNewモデル『M SIX DSP』になります。
6チャンネルアンプ内蔵で、価格は90000円(税別)と、
HELIXの中では、比較的お求めやすい価格帯の機ですが、
あなどるなかれ!

ビックリする程、音質は良いです。w(゚o゚)w
買って後悔しない機材だと思います。

さて、M SIX DSPで鳴らす、SA1000 いかに・・・・・

まずは、最低限の調整だけ入れて、チェックがてらに試聴しましたが、
この時点でその次元の違いを感じさせられることに・・・・
『w(゚o゚)w 感動もんです w(゚o゚)w』

音数の違いは、あからさまに、
そして、きめ細かさ、艶やかさに上質さを感じます。

本格調整後・・・・
良い音を聴くと、ついついやってしまうのですが、あれやこれや色々な
音源を聴きたくなるんです。

久々の『DS-SA1000』のインストールでしたが、
こいつはやはり『別格』です。
人を感動さえる能力を持ってます!(^-^)

h1_1.jpg










TOYOTA 60ハリアーへの、取付でした。

ではでは






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●ABARTH595 / スピーカー交換+DSP AMPで音質UP!!●

a8_2.jpg










ABARTH 595・・・音質向上のご依頼で入庫です。

まずは、フロントスピーカーから・・・
a6_3.jpg










トゥイーターは、純正位置内へ取付。

a5_3.jpg










ミッドウーファーもインナー取付です。

a7_3.jpg










a2_5.jpg










樺合板でインナーバッフル製作して、取付です。
取付したスピーカーは、
音質UPプラン〜スピーカー交換〜2021年・年間装着数ブッチギリ1位v(^-^)vの
『Morel MAXIMO ULTRA 602 MK供です。

続いて、DSP AMP・・・
多チャンネルアンプ搭載の、高音質機!『PLUG&PLAY1080』
シート下に取付です。
a1_5.jpg










a3_5.jpg











純正ヘッドで再生された音源を、このDSPで調整して、
スピーカーに送り出します。
a4_5.jpg










純正ヘッドの内蔵アンプで、鳴らす事も可能ですが・・・・

DSPの有り・無しでは、モレルのスピーカーの鳴りも全くの別物でして、
良い音を、そして納得の音を得たいならば、必須アイテムと言ってもいいでしょう!

ダッシュボード上センターに浮かび上がるVocal・・・・そして左右の広がり・・・
低域の量感も充分・・・・高〜低域までのバランスの良さ・・・・
これらは、全てDSPの調整ありきで得られる物です!(^-^)

納車時に、オーナーさんから一言・・・・
『想像以上です!w(゚o゚)w』

最高のコメントを頂きました。
m(._.)m

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●Aピラー/トゥイーターマウント製作●
この12月、多くの時間を木工室で過ごしてます。
rx1.jpg










MAZDA RX-8 
carrozzeria V173AのAピラー加工・トゥイーターマウント製作。
黒ジャージ仕上げ!



oa1.jpg










HONDA オデッセイ・・・Aピラー加工・トゥイーターマウント製作
BLAMのトゥイーターになります。
アイボリージャージ仕上げ!

この形(Y形)のピラーの生地一枚張りは、結構難易度が高いんです!(>_<)

見た目も、音も、スッキリで良しです。(^-^)



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
★☆年末年始休業のお知らせ☆★
nenmatsu202112.jpg

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●アルファード・邪魔にならないサブウーファーの取付位置は?!●
a1_4.jpg










BLAMのスピーカー取付・・・・
HELIX V-EIGHT DSP MK兇亮萇・・・・
と、着々とアップグレードをしています、アルファードの入庫です。

この度は、サブウーファーの取付で更なる高音質化は図ります!

車内の快適空間を損なわずに、取付する場所は
ここで決まりです。
a4_4.jpg










一番後ろのこのスペース。
エンクロージャー横に縦置きで、V-EIGHT。
前に、サブウーファーを鳴らすマイクサイズのアンプ。
その名もそのまんまで、『ETON Micro120.2』
ほんと、コンパクトです(手のひらサイズです)
a7_2.jpg










今のアンプは、大きさで物事を図っちゃいけません!(`-´)゛
JLの10インチ・10W0v3(ダブルゼロスリー)を
力強く駆動させてます。

トップのパネルは音抜け考慮で製作します。
a3_4.jpg










a2_4.jpg










a6_2.jpg










スペース犠牲は、床下三分の一程度で、サブウーファーを含む
オーディオ機材すべてを取付してます。

サブウーファーがある事によって、スケール大の迫力サウンド、
そしてフロントミッドウーファーの負担軽減による、高音質化!

音質UP変化量としては、大き目のサブウーファーの取付でした。

ではでは

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●SUBARU・ レヴォーグ  Morel ELATE MW6Ti&PICCOLO取付●
l8_1.jpg










レガシィ〜レヴォーグへの乗り換えによる、オーディオ載せ替え作業です。

まずは、ヘッドユニットから・・・
今まで、DEH-P01を使われておりまして、それは載せ替えせず、
一新して、コチラ
l9.jpg











DIATONE SOUND.NAVI『NR-MZ200PREMI2
発売から、数年経過しますが、その高音質機に色褪せは一切感じずの、
ハイエンドカーナビの座に君臨する、銘機です。

続いて、アンプ。
コチラは、前車から引き続きご使用されます。
l7_1.jpg










l5_1.jpg










ARCオーディオの、TOPモデルになります。
ARC audio/4100SE-TRAD
シートとのクリアランス10mm程度・・・とギリギリですが、
シートスライドしても干渉はありませんので!

次、スピーカー!
こちらも前車からの載せ替えです。
l4_1.jpg










Morel SUPREMO PICCOLO、Aピラーマウント製作して、取付です。
現行モデルは、『ピッコロ2』ですが、これは『ピッコロ』です。
見た目の違いは、グリルがロータスグリルではなく、縦横メッシュグリルになります。
音の違いは、ピッコロ2に比べると、やや柔らかめで、優しい印象。

続いて、ミッドウーファー・・・
まずは、防振。
l6_1.jpg










フェリソニのゴム系防振材による、防振プラン△了楾です。
内張り防振の『防振プラン』も施工済みです。
バッフルは、M&M製のメタルバッフルを使用してます。
ユニットは、『Morel ELATE MW6Ti
低域の量と質の両立、中高域の繊細さ・・・と、非常に広い帯域を
バランスよく鳴らせる優れた6インチミッドウーファーです。


l3.jpg










l1_1.jpg










6インチの取付自体は、インナー取付。

オーナーさんのご要望で、純正グリルの音抜けの悪さを回避する策として、
メッシュグリルを取付です。
湾曲した、内張りに取り付ける為グリル取付ベースを製作しています。

ハイエンド機づくめで構成された、フロント2WAYマルチシステムから
出てくる音は・・・・
歪みなくなるレスポンスの良いBASSの豊かさ、
その音に綺麗に乗っかってくる、透き通る様な透明感・鮮度感の高いVocal!
納得の‶超”ハイクオリティサウンド車両、完成です。

ではでは








 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●日産・KIX 音質UPプラン〜スピーカー交換〜audisonです!●
日産のKIXの入庫です。
KICKSではなく、KIXです。(^-^)
k2.jpg










『ブルートゥースで音楽を聴きたい!』と言う、娘さんの思いを
お父さんが叶えてくれました。(>_<)

まずは、KENWOODにナビを一新!
k3.jpg










これで、ブルートゥースで音楽を楽しめますね!
でも、オーディオ好きのお父さんはこれだけでは終わりません。

折角なら、良い音で!と言う事で、
音質UPプラン〜スピーカー交換〜オーディソン・APK165Ω2の施工も!
トゥイーターは、Aピラーに取付です。
k4.jpg










歯切れ良い、明るめのイタリアンサウンドです!(^-^)

k1.jpg










そして、安全考慮でバックカメラも取付して作業完了です。

ではでは












 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●サウンドサスペンションからの、Newアイテム『SP-G』実験!●

sp1.jpg










当店、スピーカー比較試聴デモボード(実験場)です。

sp3.jpg










足元あったか、『暖炉型温風ヒーター』設置しました。
ゆらめく炎が、より暖かさを感じさせてくれます。(^-^)

ご縁がありまして、コチラの商品仕入れする事が出来る様になりました。
商品の説明はメーカーHPにて⇩
https://skj-felicis.com/itempage/carbon/skj-kt1000dh/
SK JAPAN/暖炉型温風ヒーター『SKJ-KT1000DH』

M.E.I.販売価格・・・9,800円(税込)

商品は、取り寄せになります。
納期等は、お問い合わせください。
『お問い合わせ』

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、本題です。
サウンドサスペンションからの、Newアイテム
スピーカーユニット専用 仮想グラウンド『SP-G』

スピーカー駆動により発生する、グラウンド電位の変動を拡散吸収させ
音質の向上を図る物・・・・
で、実際にどう変化が起きるのか、良くなるのか・・・・
『試してみる!』そして、『判断する!』それが一番だと思います。

では、早速
sp4.jpg










SP-G 本体サイズ 約83×58×40(H) 端子部除く
このサイズにしては、少々重さを感じます。
指定の、単線にてアンプのL/R(ー)に

『接続して試聴!』
  ⇩
『外して試聴!』
  ⇩
『接続』
  ⇩
『外す』
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

音としての変化、感じたこと・・・・
・明と暗(音と無音)の分離
・フォーカスの輪郭くっきり
・鮮明感アップ
・小音量時の聴き取り易さ

音色の変化は全く感じず、アンプをグレードアップした時の様な
印象を感じました。
現システムのポテンシャルを引き出し、音質向上を図る
ハイエンドオーディオを目指すユーザーを唸らせるチューニングアイテムです。

当店デモボードにて、比較試聴可能です。

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●特選中古・極美品!Morel SUPREMO PICCOLO TWEETER●販売終了!
2021年12月 お買い上げ頂きました。
ありがとうございます。
m(._.)m

専用箱にて、保管してます。

m1_3.jpg










m2_3.jpg










専用ネットにくるんで保管中です。

m4_3.jpg










裏も綺麗です。

m3_3.jpg










もちろん、表も綺麗。ロータスグリルも凹みありません。

========================
Morel SUPREMO PICCOLOTWEETER(ペア)
(モレル スプリーモ ピッコロ2 トゥイーター)

使用期間・・・・4年10ヵ月
※4年間使用、その後2020年12月 ダイヤフラム交換 及び 
センター出し等 ペア総点検済み・その後の使用は、約10ヵ月

程度・・・4.8(5段階評価)
M.E.I.保証・・・3ヵ月付

〜購入条件付き販売です〜
‥店にて、取付をされる方
⊆萇媾侏茲觧期・・・2022年2月以降

特選中古販売価格
¥120,000(税込)・・・新品希望小売価格 162000円(税込)

取付に関して
・取付方法、現システム等により、金額は異なりますので、
別途お見積り致しますので、お問い合わせください。

その他、ご質問等ございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

取り置きは、出来ません。早い者勝ちです!
興味のある方、お早めにコチラよりお問い合わせください
              ↓↓↓↓  ↓↓↓↓
              問合わせをする

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●アルトワークス / DIATONE DS-G400取付!●

a9_1.jpg










ALTO WORKS(アルトワークス)オーディオレスで入庫です!

ヘッドユニットは、音質重視でDIATONE  NR-MZ200。
a6_1.jpg










スピーカーも同じくDIATONEで、『DS-G400』
余程のクセモノ好きではない限り、このスピーカーで不満を漏らす
事は、無いと思います!そのくらい完成度は高いスピーカーです。

と言いつつ・・・・・

どのスピーカーでも言える事ですが、
ちゃんとベースが出来ている事はが、必要不可欠です。

ベースとは・・・
17cmミッドウーファーの付くところの事でして、
強靭なバッフル、そしてドア防振処理はしたいところです。
a4_3.jpg










ノーマルのドアトリム内です。
車の機能としては、問題はありませんが、スピーカーを鳴らす環境としては
決して良いとは言えません。(>_<)

a2_3.jpg










⇧内張り側です。
ペラペラです。(>_<)

a5_2.jpg










樺合板によるインナーバッフル製作+防振プラン∋楾。(^-^)

a1_3.jpg










a3_3.jpg










内張り制振&吸音処理の防振プラン施工。(^-^)

これでドアは万全!

MZ200内蔵アンプ、バイアンプ接続で鳴らしたこのドアは・・・
結構な大音量でも、暴れることなく綺麗な、そして迫力ある
中低域再生をしてくれています。
音の良し悪しを決めるのは、やはりこのドアスピーカーの鳴りです!
どこかにポイントを絞って、音質UPを図るのならば
その第一歩は、ドアを攻める事です。

ちなみに、トゥイーターは
a7_1.jpg










付属マウントによる、オンダッシュ取付です。

a8_1.jpg










音質UPプラン〜スピーカー交換〜

OP ドア防振プラン↓の施工でした。

ではでは






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています