●20〜30へ、ヴェルファイアオーディオ載せ替え+グレードアップ!●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png







⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧音質UPに、今や必須アイテム!アンプ内蔵低価格プロセッサー登場!⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

onshitsu_banner2018.png


   ↑↑↑ 新しくなって、種類も豊富になりました!↑↑↑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

20系から、30ヴェルファイアへのお乗り換えで、
オーディオ載せ替え+グレードアップでの入庫です。
201903201955093342_1.jpg










ヘッドは、10インチ専用モデルのカロッツェリア・サイバーナビ。
前車から、使用中のフロントスピーカー(Morel Doutech)とアンプ(ARC Miniアンプ)
はそのまま使用します。

201903201955093342_2.jpg










201903201955093342.jpg










ミッドウーファーは、インナー取付+防振プラン2施工で取付。

トゥイーターは、
201903201955365114_3.jpg










純正位置へ
201903201955365114_2.jpg










深〜い、ダッシュボードの一番の奥(遠いです)になります。

そして、グレードアップ部は、サブウーファーです。
ラゲッジ下を使用して、そこへインストールします。
201903201955365114_1.jpg






















サブウーファーは、HELIXのNewモデル『Q10W』2ΩDVCのかなり
ヘビーなユニットです。

その横に設置したのは、サブを鳴らすアンプ、同ブランドで『HELIX/M ONE
D級の240W(4Ω)のモノラルアンプです。このアンプ、1Ω駆動も可能でして、
Q10Wを1Ω駆動(600W)で、鳴らします。

HELIX/Q10W・・・40,000円
HELIX/M ONE・・・40,000円
計80,000円での、このパワフル感!w(゚o゚)w コスパは良いと思います。(^-^)

ラゲッジトップパネルは、サブウーファーの音抜けを考慮して作り替えてます。
201903201955093342_3.jpg










201903201955365114.jpg











サブのベースの効いた、骨太濃厚サウンドは、なかなかの迫力!
ついついヴォリューム上げたくなりますね(^-^)

では

2019〜オートサウンドフェス(第20回)〜
     ⇩⇩⇩⇩詳細はコチラ⇩⇩⇩⇩ 
autosaund_2019banner_b_1.jpg







     ⇧⇧⇧課題曲・決定しました⇧⇧⇧

NR-MZ300PREMIについての面白い記事がありました。
是非、一度覗いてみてください(必須です(◎。◎)!)

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●マツコネ・ロードスター!FDSで音質UP!●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png







⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧音質UPに、今や必須アイテム!アンプ内蔵低価格プロセッサー登場!⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

onshitsu_banner2018.png


   ↑↑↑ 新しくなって、種類も豊富になりました!↑↑↑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
マツダ・ロードスター(マツコネ付)、ClarionFDS(フルデジタルサウンドシステム)
取付で入庫しました。
2019031900295543218.jpg










いつもながら純正マツコネは活かしての、音質UPを図ります!

取付するシステムは、唯一無二の画期的システムのフルデジタルサウンドで、
クラリオンの『FDS』です。

2019031900294244424_3.jpg










プリセット切り替え、ボリューム・・・等々メインの操作部となる
FDS/Z3』付属のコントローラーです。

そして、トゥイーターは『音・見た目』の両立でAピラーへマウント製作です。
2019031900294244424_1.jpg










2019031900294244424.jpg











ミッドウーファー『FDS/Z7』は、インナーバッフル&防振プラン1施工での取付です。
2019031900295543218_1.jpg










Z7/デジタルスピーカー・・・豊かに、そしてナチュラルな柔らかな低音再生は
ロードスターのドアで鳴らしても健在です。
しかし、良くなるミッドウーファーです。w(゚o゚)w

マツコネでのサウンドアップ・・・クラリオンのFDS、選択肢の一つとして
ありですね!(^-^)

2019031900294244424_2.jpg











ちなみに、ヘッドレストスピーカーは音楽再生はしませんが、
ナビのガイド、ハンズフリーの音声などは、純正と同じ様にでますので、
何ら純正機能は損ないませんので!(^-^)

では

2019〜オートサウンドフェス(第20回)〜
     ⇩⇩⇩⇩詳細はコチラ⇩⇩⇩⇩ 
autosaund_2019banner_b_1.jpg







     ⇧⇧⇧課題曲・決定しました⇧⇧⇧

NR-MZ300PREMIについての面白い記事がありました。
是非、一度覗いてみてください(必須です(◎。◎)!)



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●付けて安心・・・前後2カメラのドラレコ/SUBARU WRX●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png







⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧音質UPに、今や必須アイテム!アンプ内蔵低価格プロセッサー登場!⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

onshitsu_banner2018.png


   ↑↑↑ 新しくなって、種類も豊富になりました!↑↑↑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
問い合わせも多く、結構な頻度で取付してます。
前後カメラのドライブレコーダー!
201903152002369608_2.jpg










ルームミラーの運転席よりにフロント用を取付

201903152002369608_3.jpg










リアは、小型なのであんまり目立ちません。

取付した機種は、WIFI接続・スマホで録画映像確認、保存可能な
ユピテル・SN-TW80d』です。

一緒に、『駐車監視ユニット』も取付で、駐車時も録画可能です。
付属のSDカードは、『16GB』、デフォルトの状態で録画した場合は、
およそ『80分』ほど、録画保存できます。
前後2カメラ分を保存するので、意外と短時間しか保存してません。

走行中の録画は、それでも問題ではありませんが、
駐車監視中に、そのままだったら最後の『80分』しか保存されて無い事になります
ので、万が一の時に残念撮れていない(×。×)とかなりそうですが・・・・

でも、大丈夫!
駐車監視モード』なるものが、SN-TW80dにはありますので、
本体のボタン1回操作で駐車監視モードに移行してくれて、
その際は、1フレーム辺りのコマ数を30コマ⇒1コマに変更して、
長時間録画が可能になります。単純計算で30倍なので『2400分』録画OK!w(゚o゚)w
充分過ぎる程です。

取付した車両は
201903152002369608.jpg










201903152002369608_1.jpg










SUBARU・WRX(限定車)でした。

では

2019〜オートサウンドフェス(第20回)〜
     ⇩⇩⇩⇩詳細はコチラ⇩⇩⇩⇩ 
autosaund_2019banner_b_1.jpg







     ⇧⇧⇧課題曲・決定しました⇧⇧⇧

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●スバル・インプレッサ、DIATONE SOUND.NAVI+DS-G500スピーカー取付です●

※明日3/10(日)は、『臨時休業』です。
ご迷惑おかけいたしますが、宜しくお願い致します。



matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png







⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧音質UPに、今や必須アイテム!アンプ内蔵低価格プロセッサー登場!⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

onshitsu_banner2018.png


   ↑↑↑ 新しくなって、種類も豊富になりました!↑↑↑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2019030921071043016.jpg










程良いサイズ感の、『スバル・インプレッサG4新車オーディオレスで入庫です。

まずは、ヘッドユニットで
2019030921064439061.jpg










前車からお使い頂いてます、『DIATONE SOUND.NAVI/MZ100PREMI』!
今迄は、内蔵アンプ使用してマルチ接続でしたが、
この度は、外部アンプを使用してグレードアップして鳴らします。

2019030921064439061_1.jpg










助手席シート下へ、ジャストサイズ『カロッツェリア/PRS-A900』を取付です。
4チャンネルマルチ接続で使用して鳴らすスピーカーは、
2019030921071043016_2.jpg










2019030921064439061_2.jpg










2019030921064439061_3.jpg










DIATONE/DS-G500』!
ミッドウーファーは、『樺合板+アルミバッフルPCD-1』のハイブリッド仕様で
強固に取付。
2019030921071043016_1.jpg










そして、トゥイーターはAピラーにマウント製作して取付してます。

更に、運転席シート下へ名脇役のパワードウーファーを
2019030921071043016_3.jpg










こちらも、図ったかの如くのジャストサイズ
カロッツェリア/TS-WH1000A』 を取付です。
派手さは無いですが、深ーく鳴る低音で、いい仕事してくれてます。

さて、音の方は・・・・
流石、ハイグレードアンプ(PRS-A900)で、このクラスのスピーカー(DS-G500)を
鳴らすといい雰囲気を感じます。(^-^)

内蔵アンプとの違いが顕著に解る点は、静寂感
無音の空間へ、ポンッとおとが浮かび上がるさまです。

それと、低域の質感!
量だけなら、内蔵アンプでもそれなりに出せますが、
無駄のない鳴り方、そしてレスポンスの良さ・・・良質外部アンプならでは
の良さを感じます。

納車時に一緒に試聴してた際、オーナーさんが言われてました
・・・・『ヴァイオリンの音がリアルw(゚o゚)w
より正確に音を再現してくれる、ワングレード上の、上質な音でした。(^-^)

では

2019〜オートサウンドフェス(第20回)〜
     ⇩⇩⇩⇩詳細はコチラ⇩⇩⇩⇩
autosaund_2019banner_b_1.jpg















 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
☆★臨時休業のお知らせ★☆
rinji20190310.jpg

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●アクア・スピーカー交換!(音質UPプラン標準施工)●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png







⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧音質UPに、今や必須アイテム!アンプ内蔵低価格プロセッサー登場!⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

onshitsu_banner2018.png


   ↑↑↑ 新しくなって、種類も豊富になりました!↑↑↑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
トヨタ アクア、スピーカー交換で入庫しました。
2019030809322440529.jpg










パナソニックのエントリーナビ付で、スピーカーは純正でしたが、
音があんまりなんで・・・・・

費用は抑えめで、音を良くしたい。
そんな、オーナーさんのご意見からシステム選びをします。
音質UPの第一歩として、パイオニアのDEQ-1000Aの登場以来、
ローコスト音質UPの選択肢が、
プロセッサーアンプの導入』or『スピーカー交換』という選択が可能になりました。

今回は、オーナーさんの求めるものを考慮して、
『スピーカー交換』を選びました。

201903080932385117_1.jpg










トゥイーターは、定番位置、Aピラー根本へ付属マウントを使用しての
オンダッシュ取付。

ドア内、ミッドウーファーの取付は、
2019030809322440529_2.jpg










2019030809322440529_3.jpg










201903080932385117.jpg










スピーカー裏の制振及び拡散処理。
そして、木製バッフルで強固に固定して、スポンジリングで内張り内への
音の回り込み防止処理をしてのインナー取付です。

音の明瞭感はグンとアップ!
そして、下の方で鳴っていた音ステージも、ダッシュボード上まで
引き上げられた感じです。

当店オリジナルプランの『音質UPプラン〜スピーカー交換〜』での施行でした。
取付たスピーカーは、長らく人気の『Morel MAXIMO6』

更なる、音質向上を計るには『プロセッサー導入』がお勧めです。

2019030809322440529_1.jpg











ではでは

2019〜オートサウンドフェス(第20回)〜
     ⇩⇩⇩⇩詳細はコチラ⇩⇩⇩⇩
autosaund_2019banner_b_1.jpg







 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●アクセラ・BEWITH AMPグレードアップでSA-1000を鳴らす!●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png







⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧音質UPに、今や必須アイテム!アンプ内蔵低価格プロセッサー登場!⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

onshitsu_banner2018.png


   ↑↑↑ 新しくなって、種類も豊富になりました!↑↑↑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2019030318421643852_2.jpg










購入頂き、劇的音質UPされたアクセラ号!

さらに、グレードアップをしていきます。
それも、SA-1000というハイポテンシャル機の高音質に魅了され、
もっと可能性はあるのでは・・・もっと、性能は存分に発揮されているのか・・・・

いや、もっと行けるはず!

と思い立ったオーナーさんが、次に着手したのはアンプのグレードアップです。
2019030318421643852.jpg










黒4機・・・BEWITH R107S(モノラルアンプ)から、赤4基・・・BEWITH P100-Rへ!
交換です。
2019030318421643852_1.jpg











2019030318422544436.jpg










助手席シート下へ、左チャンネル分2機を取付。
その横の、赤いのは電源レギュレター『A-50A』

2019030318421643852_3.jpg










運転席下へ、右チャンネル用を2機設置。
おとなり、ブラックボディは『BEWITHSTATE』プロセッサーです。
画像はありませんが、ヘッドユニットはコチラも同ブランドの『MM-1D』
と、スピーカー以外は、全て「BEWITH」で統一されてます。

前後比較を正確に行う為、取り合えず音調整は行わず、
全くの同条件で比較する事に。
アンプのGAIN調整を、『R107S=P-100R』ドンピシャ同じに設定して
いざ、音出しです。

静寂感の向上、そして鮮度感、レスポンス・・・すこぶる良好です。
よく聴いて解るとかではなく、空気感、雰囲気の違いはすぐさま判断出来る事。
無色透明のP-100Rが、見事にSA-1000の能力を更に引き出した感があります。

なかなか、レベルの高いグレードアップでした。

では

2019〜オートサウンドフェス(第20回)〜
     ⇩⇩⇩⇩詳細はコチラ⇩⇩⇩⇩
autosaund_2019banner_b_1.jpg







 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています