●HONDA ・N-WGN Custom 音質UPプラン〜スピーカー交換&DSP〜●

b2_1.jpg

ホンダのNシリーズ・・・・

N-BOX、N-VAN、N-ONE、N-WGN
そもそも、『N』って何でしょう?

『N』は、『Norimono(のりもの)』の N との事。
単なる機械ではなく、人が乗るものとの意味合いで、
Nの始まりは、1967年発売の『N360』です!
※と、ホンダのHPに書いてありました。

さて、本日のお車はそのNの中の、『N-WGN Custom』です。
n5_1.jpg










排気量とボディサイズで『軽自動車』となってはいますが、
車内空間、スタイリング、走り・・・・どれをとっても、もう軽とはいえない・・・
よく出来た車だと思います。

ご依頼は、スピーカー交換&DSPの取付です。

まずは、スピーカー廻りで
n1_1.jpg










n3_1.jpg










Aピラーのマウント製作して取付した、
『DIATONE DS-G300』のツィーターです。

ミッドウーファーは、インナーバッフル&防振プランの施工です。
n7_1.jpg










ノーマル状態⇧

n4_1.jpg










防振プラン∋楾⇧
この施工材料は、フェリソニ(防音・制振・吸音材メーカー)の
合成ゴム系素材の『LDM-02』

ヒートガンで、熱する事によりアルミ&ブチル系の制振材よりも、
伸びる為、深い窪みにも対応可能!
ドアの肘置き辺りの凹みでも、しっかり伸びて
制振材を貼ることが出来ます。

n6_1.jpg










こんな感じ⇧

もちろん、制振効果も抜群です。

続いて、DSPで
カロッツェリアのDEQ-1000A(⇦残念ながら、生産終了(>_<))
ネットワークモード使いで、フロント2WAYマルチ接続です。
設置場所は、グローブボックス奥。
n2_1.jpg










量と質を兼ね備えた、ドアミッドウーファーの鳴り!w(゚o゚)w
絶大な、防振効果を感じ取れます!

個別に調整できる、レベル、そしてタイムアライメント。
Aピラーに取付した、トゥイーターとの一体感も申し分無しです。(^-^)

納車後、オーナーさんより
『純正比、聞き取れなかった音も聞こえ満足です!
Aピラーも、見た目も音も満足度も言う事なしです。
良い音は、大事ですね』
とメールを頂きました。

ありがとうございます。m(._.)m

ではでは

b1_1.jpg




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています