●DEQ-1000A-MZ使用中・・・更なる高音質化を図る!●

2021071121282245923.jpg










MAZDA CX8(R2/12〜)に施工した
カロッツェリアのアンプ内蔵DSP『DEQ-1000A-MZ
施行から、約半年・・・・

『もうチョッと、と音を良くすることは出来ますか???』

とご相談。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
まずは、現状のおさらいから・・・・

●DEQ-1000A-MZ取付
この型のCX-8から、いつもの右側キックパネル上ではなく、
運転席シート下に、いつもとは違うアンプに変更されてます。
cx8seat.jpg










形は、MAZDA3の8chアンプと同じ形状。
でも、出力は4ch分のみ。MZ付属のMAZDAカプラーとも形状が違うので、
加工接続になります。

シート下は、その純正アンプに占領されてるので、
DEQ設置位置はコチラ⇩
cx8deq2_1.jpg










2021071121282245923_1.jpg










センターコンソールの一番前側に、
丁度収まるスペースがあります。

●フロントスピーカー交換
Morel MAXIMO ULTRA602MK
トゥイーターは純正位置Aピラー内へ
cx8tw_1.jpg










ミッドウーファーは、
メタルTOP(M&M PCD-1)+樺ベースバッフルで製作
2021071121282245923_2.jpg










cx8mo.jpg











画像はありませんが
後部にBOX タイプのパワードサブウーファーが付いています。

『マツコネヘッド⇨DEQ-1000A-MZ⇨フロント2WAY+SUB』
というシステムです。

おさらい・終わり
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、この現状からの
『もうチョッと・・・・・』
この、もうチョッと、がポイントでして

DSPをハイグレードの物に交換する!
例えば、『HELIX P-SIX MK』など・・・
いやいや、これは費用も20万OVERで「もうチョッと」と言えないレベルw(゚o゚)w

△任蓮DSPを〜10万程度の物に交換する!
これは、非常に中途半端で、あとで後悔するパターン・・・(>_<)

では、スピーカーを交換する!
現状、鳴りっぷりも良いし、音色もお気に入りの様子。(^-^)
交換するのは、ちょっと冒険になる。

で、提案した内容は、現状強化案
〇フロント2WAYのバイアンプ接続化!
〇DEQへの音声入力方式の変更!

以上の2点です。

まずは、バイアンプ化から
DEQ-1000A-MZは、フロント2WAYマルチが出来るクロスオーバーを
内臓していないので、ハイパスフィルター経由で、DEQ内蔵アンプから
接続。

ミッドウーファーは、DEQ内蔵アンプから直接接続。
(ハイパスは、DEQクロスオーバー使用、ローパスは無し※出しっぱなし)

以上、バイアンプ化完成。
このバイアンプ化のメリット
.肇ゥぁ璽拭次船潺奪疋Α璽侫 軸屬TA(タイムアライメント)が、
とれるので、音の一体感が出てくる。
1スピーカーに対して1アンプと言う事での高効率化による、音質の向上!
※バイアンプ化した時点で、基本的にはリアスピーカーは鳴らせません。

続いて、音声入力方式の変更
DEQ-1000A-MZの基本は、カプラーオン接続なので、
入力は、スピーカー入力(ハイレベル入力)です。

でも、ちゃんとあるんです!『RCA入力(ローレベル)』
cx8rcain.jpg










これを、使おう!
あっ、思い付きで言っている訳ではありませんので(^-^)

こんな経験をしたことは無いでしょうか?
ナビ内蔵スピーカー出力から、安価な小型アンプを付けたしたら、
音はパワフルになった(^-^)!でも、何かノイズが気になる(>_<)

DEQは、比較的その要素は少ないですが、ヘッド出力が小さく
DEQ Volumeを上げ過ぎてしまうと、若干ノイズっぽくなる事があります。

と、その辺りを考慮して、これは一度試す価値はあり!・・・いざTRY!

その為に必要なのが、HI/LO CONVERTER(ハイローコンバーター)です。
使用したのは、こちら⇩
cx8hilo.jpg










オーディオテクニカの『AT-HLC250』(現在は生産完了)
価格14,300円と、ちょっとハイグレードな物です。
出力ゲイン調整機能付きなので、システムにあったベストなセッティングが可能。

cx8hilo2.jpg










決めの文句はこの『超高音質ハイローコンバーター』!
『超』・・・かなり期待して良いと思います。(^-^)

早速、純正アンプからのフロントスピーカー出力を入力。
出力側から、RCAケーブルでDEQに接続。
使用した、RCAケーブルも某ブランドの OFCスタンダードクラスの物。
cx8deq3.jpg










で、その効果は・・・・
幕が一枚剥がれたかの様な、鮮明感。
それに伴い、音の立体感も出てきた印象です。

ただ、この効果の違いを一番判るのは、間違いなく、このCX-8のオーナーさんです。
半年間、聴き続けてきた音から
  ⇩
物は、替えずに『バイアンプ化』+『入力変更』+『再調整』
  ⇩
オーナー様談
今までとの違いは、明らかです』と。
潰れていた音もハッキリと聴こえる様になったし、
 クリアさも増し、気持ちいいです!

DEQを使った、グレードアップ!作業内容も数時間で終わる程度、
費用負担も比較的リーズナブルに、
そして音は
体感確実レベルのグレードアップ

DEQを活用した、コスパ最高の音質アップでした!

ではでは




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています