●TS-Z900PRS/圧倒的なリアリティ!良いスピーカーです●
明日より、お盆休みを頂きます。m(._.)m
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い致します
kakikyugyo202108.jpg













〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて、お休み前の最後の一台。
良いのが出来ました!(^-^)

c5.jpg










Aピラーに埋め込みされた、TS-Z900PRSのハイレンジ(CSTドライバー)!
この画を見るだけで、音像が見えてきそうな雰囲気ムンムンです。

c4.jpg










c3.jpg










極限まで、ピラーの深さを使い、埋め込んでますので、そんなに突出感は
感じないと思います。

Aピラーマウント製作には、もう一つの拘りが・・・・
c7.jpg










M&M DESIGN製のZ900PRS専用の真鍮バッフル。
抜群の精度で出来ています、このバッフル。
そして、このバッフル効果は凄いんです。
音離れの良さ、解像度のUP・・・付けて正解でしょう。(^-^)

ミッドウーファーは、パイオニア製のメタルバッフルで、しっかりと取付。
c8.jpg











このフロント3WAYを鳴らすのは、
c1.jpg










既に装着済みの、HELIXアンプ内蔵DSP最高峰の『P-SIX MK供
内蔵6チャンネルアンプ、全チャン使用のフルマルチです。

ヘッドは、純正ディスプレイオーディオ&DAP(P-SIXへUSBダイレクト接続)の使い分け。
ちょっと癖のあるディスプレイオーディオよりも、DAPでの音楽再生の方が、
もちろん音は良いです!

しかし、Z900PRSの鳴り方は、非常に気持ちいいです。
音色、音像・・・非常にナチュラルそして、リアルなんです!
普通の2WAYスピーカーに比べる(Z900PRSは3WAYです)と、
少々インストール費用は掛かりますが、完成度そして満足度はかなり高いと思います。

取付車両は、いつも遠方よりお越し頂いてますm(._.)m
カローラツーリングでした。
c9.jpg











ではでは

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています