●HONDA FIT/フロントZ900PRS、ラゲッジへのSW-G50インストール●
f8_2.jpg









ホンダ フィットへ、スピーカー交換、アンプ・SWのラゲッジへの
インストールをします。

まずは、フロントスピーカー・・・
カロッツェリア『TS-Z900PRS』
f7_3.jpg










f6_4.jpg










防振プラン∋楾の上、ミッドウーファーをインナー取付。
制振材は、『M&M SBM-500』密着度の高さ、アルミ層の強度&追従性・・・
使い勝手良し、効果良しの優れた素材です。😊

Z900PRSのハイレンジユニット
『CSTドライバー(ミッドレンジ+トゥイーター)』は、
Aピラーへ
f2_6.jpg










「88mm」と大型なドライバーをこのY型ピラーへマウントするのは、
結構しんどかったです😣特に、生地(ジャージ生地)を貼るのが・・・

続いて、ラゲッジスペースへ・・・
f3.png










トップパネル全面製作。
一部、サランネットグリルでサブウーファーの音抜けを作ります。

f4_5.jpg










そのサブウーファーは、
超ハイレスポンスの『DIATONE SW-G50』です。

アンプ類は、この下に・・・
f1_5.jpg










後方蓋を開けると、まずそこには『ジャッキ・車載工具・パンク修理キット』を
置けるスペースを確保!

そこの下には、
f5_4.jpg










アンプを2機取付です。

という感じで、ラゲッジは機能的な作りとしてます。

当店のデモカーでも使用中の『TS-Z900PRS』ですが、
とても堅実な鳴りをしてくれる、また万能性の高い非常に良いスピーカーです。

ではでは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

autosaund_2019banner_b_1.jpg
※エントリーの締め切りは、5/7(日)です。お早めに!

盗難から守る
音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています