●AURA NISMO / スピーカー交換+DSPアンプの取付●
an5.jpg










NISSAN AURA NISMO 初の入庫になります。
外観見た目、スタイリングは申し分なくカッコいいと思います。
走りも良し、装備も充実!
残念なのは、オーディオの音・・・・・かなり(>_<)です。

標準では、4スピーカー(フロント+リア)
Aピラーに、トゥイーターが付くスペースはあるも、穴も開いていませんでした。

そこに、トゥイーターを取付します。
an7.jpg










Morel MAXIMO ULTRA 602 MK兇離肇ゥぁ璽拭爾
付属マウントでピラーに直付けです。
※音質UPプランの施工ならば、この取付方も追加費用は『¥0』です。(^-^)

an1.jpg










an4.jpg










ミッドウーファーは、インナー取付!
大きめのスリットから、Morel MAXIMO ULTRA のシルバー色の振動板が
良く見えます。

以上スピーカー交換は、問題なく完了。

続いて、プロセッサー(アンプ内蔵DSP)の取付へ
an6.jpg










使い勝手を考慮し、ヘッドは純正ディスプレイオーディオを使用。

an2.jpg











そして、音質UP必須アイテムのDSPアンプを助手席足元前方へ、取付です。
取付したものは、4チャンネルアンプ内蔵の『PLUG&PLAY640』
このコンパクトサイズは、言うまでもなく取付性に優れています。
そして、音の方もあなどれません。見た目からは
想像できない力強い駆動力!
調整機能も充実で、現状最もコストパフォーマンスの高いDSPアンプ※ともいえるでしょう!
※当社、取扱いDSPアンプの中で

P&P640のクロスオーバーを使用するので、4ch内蔵アンプは、マルチ接続にて
全てフロントスピーカーで使用。

マルチ接続のメリット
1スピーカーに付き1アンプ・・・・質の向上
調整範囲の増/1・・・・帯域バランスの補正・・・・聴き易さが◎
D汗鞍楼呂料/2・・・・各ユニットの距離の補正(タイムアライメント)・・・・
・・・・・・安定した定位感が作れます!

結果純正ディスプレイ奥に、定位するVocalは、非常にリアル!
オーナーさんにも、大変満足頂きました。(^-^)
an3.jpg











音質UPプラン〜スピーカー交換〜
   +
プロセッサー取付
でした。

ではでは





















 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MAZDA CX-8/DSPとフロントスピーカー交換で劇的音質UP!●

83_2.jpg










84_2.jpg











モデル・・・・身長170cm位 / 体重:標準的 / 性格:明るめ
オレンジのMEIボディバッグがお似合いです。(^-^)
スマホ・タバコ・財布・・・入ります。
バイクに乗る時なんかは、重宝します!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、本題です。

86_2.jpg










MAZDA CX-8
フロントスピーカー交換、DSP取付、サブウーファー取付・・・で
音質UPを図ります!

89.jpg










純正トゥイーター付Aピラーを・・・

88_1.jpg











加工して、トゥイーターマウントを製作しました!
ピラーのダクトもちゃんと機能しています。

87_1.jpg










スピーカーは、Morel MAXIMO ULTRA 602MK

ミッドウーファーは、樺合板でバッフル製作しインナー取付です。

音質UPプラン〜スピーカー交換〜の施工です。

続いて、DSP!
今となっては、レアアイテム(販売終了)(>_<)です。
カロッツェリア DEQ-1000A-MZです。
当店在庫があるうちに、早めにご予約を頂いてました。m(._.)m
82_2.jpg










シート下純正アンプ部で、配線加工し
センターコンソール奥に、DEQ本体は取付です。

続いて、サブウーファー!
81_2.jpg










助手席シート下へ取付した、パワードウーファーは
カロッツェリア TS-WX010Aになります。
超コンパクトサイズながら、ちょっとビックリする程の低音再生してくれます。
余程ガツンと鳴らしたい人以外は、低域の量感はほぼ満足頂けると思います。

ハイレスポンスなコーン型ウーファーに比べると、音質は劣りますが、
鳴り方は至ってナチュラル!お弁当箱型のそれと比べると違和感を感じない
パワードウーファーでして、音の厚み増量目的には持ってこいのウーファーです。

この価格(取付工賃込み 〜30000円未満)から考えるに
きっと満足頂ける、いや驚かれると思います。w(゚o゚)w

ヘッドは、純正ヘッドを使用するので
85_1.jpg










使い方は従来通り変わらずです。

音の方は・・・
曇りなく明瞭なMorelサウンドは、一聴して直ぐに純正からの劇的変化は判ります。
更に、DEQで調整されたその音は、バランスも良く、そしてぶれない定位感、
それは非常に聴き易く、聴き応えもあります。
そして、サブウーファーがある事で実現する、太く芯のある音は、
スケール感の増した迫力も演出してくれます!

コストパフォーマンスの高い(総費用:約20万円/税別)、音質UP!完成です。

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●NISSAN CUBE/音質UPプラン SP交換〜Morel MAXIMO ULTRA 602MK供繊

cc4_1.jpg










日産・キューブ 最近購入されて、まずはドライブレコーダーを!
との事で、取付します。
選ばれたのは、ミラー型前後カメラ付きモデル。
cc5_1.jpg










ミラー本体の上に、電源ケーブル・リアカメラケーブル・フロントカメラケーブル
と3本接続となるのですが、そこを如何にスッキリと配線処理をすか!
そこには、いつも気を使って取付してます。

続いて、本題のフロントスピーカーの交換です。
cc2_1.jpg










純正Aピラーにある、トゥイーターグリル。
※純正のトゥイーターは入っていませんでしたが・・・(>_<)
ここにトゥイーターを取付です。

cc1_1.jpg










背圧処理(防振プラン 施工の上、樹脂製バッフルにて
ミッドウーファーの取付です。

cc3_1.jpg










これも、今回の取付でケンウッドの『MDV-D708BTW
機能充実・音質上々・お手頃価格!と3拍子揃ったナビです。(^-^)

メリハリの効いた明るめのサウンドは、純正ドアスピーカーのみの状態とは
比べ物にならないレベルの音質UPです!

音質UPプラン〜スピーカー交換〜
悩んだ時のお勧めのスピーカー『Morel MAXIMO ULTRA 602MK』の取付でした。

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●これが超弩級(スーパーハイエンド)ってやつです!●
z3.jpg










店内ディスプレイにも装着しているドイツのブランド
『MicroPredcision(マイクロプレシジョン)』
Z3シリーズが試聴可能です。

その、マイクロプレシジョンのTOPモデル
Z-STUDIO/TWEETWER MK兇コレです!
z2.jpg










z4.jpg










まだ取付はチョッと先なので、音は聴いてませんが・・・
物を見ると、『これは高級貴金属ですか?!』と聞きたくなるような物体です。

音楽性ある細部描写の音造りには、物の精度を重要!と言うメーカーだけあって、
見た目でも、非常に高精度で作られている感じはします!

そして、もうひとつ重要な事・・・・・『美しさ』これも持ってます!
物体として、魅力を感じますね。

これぞ、『スーパーハイエンド』スピーカー!
取付が楽しみです。(^-^)

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●脱純正ヘッド・DAPを活用して音質UPへ●

p4.jpg










p6.jpg










フロント2WAYスピーカーは、『DIATONE DS-G300』
そして、サブウーファーも同じくDIATONEで『SW-G50』
と、スピーカーシステムは完成済みの、VW POLOです。

p5.jpg










純正ヘッドは、ご覧の通り『交換不可(>_<)』
なので、現状純正ヘッドを使用してのシステムでして、
DSP AMPに『HELIX P-SIX MK供戮鯑れてます。
その時の記事は、コチラから

実は、前車ではDIATONE SOUND.NAVIを使用されていまして、
その時に比べると・・・・と言う思いがあるとの事。

HELIX P-SIX DSP MK・・・・DSP及びアンプ機能性能は、
SOUND.NAVIに引けを取らない!いや、勝っている点もあると言える!

となると、問題はヘッド(プレーヤー)の部分と言えるでしょう。

で、P-SIXへ『USB HD AUDIO INPUT MODULE』を入れる事に!
そう、DAP(デジタルオーディオプレーヤー)をDSPに直挿しします。
取り合えずDAPは、お持ちのスマホ『iPhone』でも問題無し!
後に、もっともっとと欲が出たら、音楽再生専用機を準備すればいいと思います。

純正オーディオを介さないので、Volumeを新たに、
p2_1.jpg



























p1.jpg










URC-3コントローラーを取付します。
これが、メインボリュームとなるので使い易いところに取り付けるのが良いです。

DAP〜DSPへの音の伝達も重要でして、
p3.jpg










拘りのサウンドサスペンションのUSBケーブルをチョイス!
音質はもちろんGOOD!ケーブルも太過ぎず、柔らかく取り回しも良いです。

音の方は・・・・
あきらかに違う透明感!そして繊細さ!
ベールを一枚脱いだ位、音の差は歴然でしたw(゚o゚)w

ヘッドユニット交換不可が俄然増えてきた最近の車、
マツコネ・・・ディスプレーオーディオ・・・・

もうワンランク上の音を目指すならば、
脱純正で、DAP導入が高音質化への近道です。
あっ、ご心配なく純正の音もちゃんと鳴らせますので(^-^)

ではでは


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●アルファロメオ・MITOのスピーカー交換●
m3_4.jpg










サイズ感、スタイリング、個人的にとても好きです。
アルファロメオMITOのスピーカー交換です!

デッキは、取付済みの物を使用します。
m1_4.jpg










おっ、懐かしさを感じる1DINデッキ。
カロッツェリアの『DEH-P910』調整機能充実、そして
この時代のヘッドユニット・・・・音が良いんです。ホントに!

内蔵クロスオーバーがあるので、それを活用し
フロント2WAYマルチで接続する事に。

m4_4.jpg










m5_2.jpg











m2_4.jpg










インナーバッフルは、樺合板で製作。
トゥイーターは、オンダッシュで!

スピーカーは、昨年から引き続き人気継続中の
『Morel MAXIMO ULTRA 602 MK供

歯切れの良い中低域、スカーッと爽快の高域・・・ほんと、良いスピーカーです。
取付したユーザーさんの多く(ほとんど)は、大変満足されてます(^-^)

音質UPプラン〜スピーカー交換〜での施行でした。
※音質UPプランは国産車への取付をベースに作られたプランですが、
輸入車への対応も可能です。価格は、少々異なります。
車種毎にお見積り致しますので、お問い合わせくださいm(._.)m

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●本年もよろしくお願い致します●
あけましておめでとうございます。
昨日より、本年の営業開始しております。

本年も、よろしくお願い致します。

m(._.)m

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●感動のスピーカー!DIATONE DS-SA1000取付●

h7_1.jpg










h8_1.jpg










見ていて、惚れ惚れします。
精度の高さ、そしてこの美しさ。

DIATONEのフラッグシップモデル
『DS-SA1000』になります。

DS-G300からのグレードアップで選ばれたスピーカー!
間違いない選択です。

トゥイターの取付から・・・
h6_1.jpg










定番ポジションの、Aピラーへマウント製作しての取付です。
見かけでは解らないと思いますが、スピーカー背面の1点ボルト締めの、
フローティング取付となっております。

続いて、ミッドウーファー・・・
h2_1.jpg










h3_1.jpg










純正スピーカーグリル形状に合わせた、純正然としたアウターバッフル製作です。
インナーバッフルから積層で作られたバッフル素材は『樺合板』で、
しっかりとスピーカー駆動、振動を受け止めてくれます。

h4_2.jpg




























このSA1000を鳴らすアンプは、
h5_1.jpg










HELIXのNewモデル『M SIX DSP』になります。
6チャンネルアンプ内蔵で、価格は90000円(税別)と、
HELIXの中では、比較的お求めやすい価格帯の機ですが、
あなどるなかれ!

ビックリする程、音質は良いです。w(゚o゚)w
買って後悔しない機材だと思います。

さて、M SIX DSPで鳴らす、SA1000 いかに・・・・・

まずは、最低限の調整だけ入れて、チェックがてらに試聴しましたが、
この時点でその次元の違いを感じさせられることに・・・・
『w(゚o゚)w 感動もんです w(゚o゚)w』

音数の違いは、あからさまに、
そして、きめ細かさ、艶やかさに上質さを感じます。

本格調整後・・・・
良い音を聴くと、ついついやってしまうのですが、あれやこれや色々な
音源を聴きたくなるんです。

久々の『DS-SA1000』のインストールでしたが、
こいつはやはり『別格』です。
人を感動さえる能力を持ってます!(^-^)

h1_1.jpg










TOYOTA 60ハリアーへの、取付でした。

ではでは






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●ABARTH595 / スピーカー交換+DSP AMPで音質UP!!●

a8_2.jpg










ABARTH 595・・・音質向上のご依頼で入庫です。

まずは、フロントスピーカーから・・・
a6_3.jpg










トゥイーターは、純正位置内へ取付。

a5_3.jpg










ミッドウーファーもインナー取付です。

a7_3.jpg










a2_5.jpg










樺合板でインナーバッフル製作して、取付です。
取付したスピーカーは、
音質UPプラン〜スピーカー交換〜2021年・年間装着数ブッチギリ1位v(^-^)vの
『Morel MAXIMO ULTRA 602 MK供です。

続いて、DSP AMP・・・
多チャンネルアンプ搭載の、高音質機!『PLUG&PLAY1080』
シート下に取付です。
a1_5.jpg










a3_5.jpg











純正ヘッドで再生された音源を、このDSPで調整して、
スピーカーに送り出します。
a4_5.jpg










純正ヘッドの内蔵アンプで、鳴らす事も可能ですが・・・・

DSPの有り・無しでは、モレルのスピーカーの鳴りも全くの別物でして、
良い音を、そして納得の音を得たいならば、必須アイテムと言ってもいいでしょう!

ダッシュボード上センターに浮かび上がるVocal・・・・そして左右の広がり・・・
低域の量感も充分・・・・高〜低域までのバランスの良さ・・・・
これらは、全てDSPの調整ありきで得られる物です!(^-^)

納車時に、オーナーさんから一言・・・・
『想像以上です!w(゚o゚)w』

最高のコメントを頂きました。
m(._.)m

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●Aピラー/トゥイーターマウント製作●
この12月、多くの時間を木工室で過ごしてます。
rx1.jpg










MAZDA RX-8 
carrozzeria V173AのAピラー加工・トゥイーターマウント製作。
黒ジャージ仕上げ!



oa1.jpg










HONDA オデッセイ・・・Aピラー加工・トゥイーターマウント製作
BLAMのトゥイーターになります。
アイボリージャージ仕上げ!

この形(Y形)のピラーの生地一枚張りは、結構難易度が高いんです!(>_<)

見た目も、音も、スッキリで良しです。(^-^)



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています