●MAZDA・ATENZA フロントスピーカー&DSP取付●
マツダ アテンザ新規ユーザー様ご来店!

そんなに拘っている訳ではないけど、
チョッと、純正オーディオはこもった感じで・・・
予算控えめで、もうちょっと音良くなりますか?
あまりオーディオには詳しくないので・・・
⇧全然、こんな感じのご要望で大丈夫です!(^-^)

お勧めしたのは、ロントスピーカーの交換
それと、DSPの取付をご提案させて頂きまして
それで行く事に!

あっ、もちろんヘッドユニットはマツコネなので
それをヘッドに使用します。
ちなみに、今回のお車はBOSE付きではありません。
2020081318511727676_1.jpg












では、まずはフロントスピーカーから・・・
2020081318511727676_2.jpg











ミッドウーファーは、
スピーカー裏の排圧処理(防振プラン1)をした上で、インナー取付です。

2020081318511727676_3.jpg











トゥイーターは、純正位置(ダッシュ上グリル内)へベース作って
取付です。

ミッドウーファー、トゥイーターともに純正位置取付なので、
仕上がりは、純正そのまんまです。

これは、音質UPプラン〜スピーカー交換〜の取付です。
取付したスピーカーは歴代音質UPプラン最安スピーカー(¥30,000)の
JBL Stadium GTO 600C』16cmセパレート2WAYモデルです。
明るめな音色、キレ良くエネルギッシュに・・・価格からは想像できない
鳴りっぷりの良さは、今までも多くの方を驚かせてます!

そのスピーカーを、より良い状況で鳴らす為にDSPも同時取付でして、
2020081318511727676.jpg











運転席シート下に取付です。
このコンパクトサイズに収まっている4チャンネルアンプ。
そして、プロセッサー(タイムアライメント、イコライザー、クロスオーバー・・・)
素のスピーカー交換に比べ、3倍くらい音をよくしてくれます!
(3倍・・・個人的な感覚ですが、ホントそれくらい必需と思ってます)
あっ、これは⇧ちゃんと調整する事が大前提です。付けただけで良い音するって
訳じゃないので。

で、アテンザの音質改善は如何に!!!!

完成・・・納車時一緒に試聴したところ

『えっ!(゚O゚;) (゚O゚;) (゚O゚;) !』 

ちょっと、違うジャンルも鳴らして

『えっ・・・!w(゚o゚)w w(゚o゚)w w(゚o゚)w !』 

想像以上だった様です。

取付・音調整込みで ¥88,000(税別) 税込でも10万円切ります!

このプライスで、この音は多くの人に満足頂けるクオリティだと思います!

ではでは

tokusentyukohin_banner.png




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●「お盆のお休み」のお知らせです。●
2020081221094916973.jpg
 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●安定のDS-G300(DIATONE)・メタルバッフルで取付は効果大です!●
今日(8/8)から、お盆休みと言う方も多いと思います。
長梅雨からの、猛暑・・・・そして、コロナ禍・・・という時節柄、お体ご自愛下さい。

うちのお盆休みは少々後半寄りでして、
『8/14(金)〜8/18(火)』です。

さて、本日ご紹介は『スピーカー交換』でして、物は多くの人に支持されてます

ミッドウーファー
2020080819500936239_2.jpg











カロッツェリアのメタルバッフルを使用しての取付です。
取付穴ピッチも同じなので、M5ボルトでガッチリ固定出来ます。
揺らぎ無くビシッと引き締まった感じの鳴り方は、メタルバッフルさながら
という感じで良いです。

トゥイーター
2020080819500936239_3.jpg











加工無しで、オンダッシュマウントを使用して純正トゥイーターグリル上に
取付です。

DIATONEのこのマウントは、上下方向の角度調整可能、
左右方向は、取付時に調整できるので、比較的フラットなダッシュボードであれば
理想的な角度での取付が出来ます。

オンダッシュ取付が嫌な場合
Aピラーにマウント製作する
⊇秬軌銘崙發房萇佞鬚垢

のどちらかになりますが、それぞれのメリット、デメリットは
.瀬奪轡絅好奪リ(^-^)!ワンオフカスタム感あり(^-^)!費用が掛かる(>_<)!
費用負担なし(^-^)!音は、Aピラーやオンダッシュに比べ劣る(>_<)!

という感じです。

何事もバランスが大事です。
絶対これしなきゃダメ!なんて事はいいません。
求める音・・・予算・・・バランスよく楽しんで頂ければと考えてます。(^-^)

ヘッドユニットは純正ディスプレイオーディオ
2020080819500936239_1.jpg











ですが、既にDSP(P-SIX MK2)取付済み。
P-SIXの内蔵アンプは、非常にエネルギッシュでして、音質も良い。
G300も元気にそして、クリアに鳴ってくれてます!

取付したお車は
2020080819500936239.jpg











カローラツーリングでした。

ではでは


tokusentyukohin_banner.png


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●DIATONE 200PREMI+G300に、サブウーファー(SW-G50)を追加する!●
2020080720365018783_1.jpg











DIATONE NRーMZ200PREMIそして、

2020080720403816485.jpg











DIATONE DS-G300を以前取付させて頂いてます。

追加オーダーで、サブウーファーを取付します。
悩む事なく『DIATONE SW-G50』を使います。

2020080720365018783_2.jpg











パイピングは、ポップなイメージでオレンジ色を使用・・・
・・・ですが、結果それは全く見えないところでした(×。×)
まだ、この時点では作っている本人も気付いていないのでした・・・(=。=|||)

サブウーファー取付前に、その設置個所周辺を防振処理します。
2020080720372116482_1.jpg











内装剥がした、ラゲッジ周辺です。
叩けば、カ~ンッ、カーンッ〜〜〜と良く響き渡る事!

2020080720372116482_2.jpg











STP AEROで、全体を制振。

2020080720372116482_3.jpg











さらに、オーディオテクニカ吸音シートで覆い被せます。
ノーマル時の不要な響きはどこえやら!状態です。

続いて、サブウーファー設置の為のベース製作です。
2020080720372116482.jpg











車両への穴あけは避けたかったので
スペアタイヤ固定用受を使って、一点固定。

2020080720365018783_3.jpg



















サブウーファーエンクロ―ジャー&アンプの取付です。
サイドのワンポイントオレンジパイピング・・・・ご覧の様に、見えません(×。×)

202008072037296028.jpg











まぁ、どちらにしてもこのカバー付けるので全て見えないので良しとして。

防振効果チェックも兼ねて試乗してみましたが・・・
かなり・・・いや、劇的に静かになっている印象です。w(゚o゚)w
ガヤガヤ、ザワザワ感は感じません!
その静寂空間から鳴る、サブウーファーからのパンチある低域も、
気持ち良く聴けます。

サブ追加による、音楽の表現力も一変して今までのとは別物です。
もう、サブ無しには戻れないと思います。

2020080720365018783.jpg











VW UP!GTIへの取付でした。

では

tokusentyukohin_banner.png


 




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MAZDA CX8 / 脱BOSEで、DIATONE DS-G300取付します!●
2020080310263826488.jpg











マツダ・CX8
一人での長距離移動が多く、その時間をもっと楽しく過ごせるよう
良い音にしたいとの事での入庫です。

本車両は『BOSEサウンド付』
BOSEサウンドでスピーカー交換は、物理的には可能ですが
正直良い方向になるとは言い難い・・・・

が、これには
2020080310273921063_3.jpg











後付けで、ALPINEのフローティング11インチのナビが装着済みでして、
であれば BOSEを完全に切り離してALPINEナビ内蔵アンプから
直接スピーカーを鳴らす事に。
取付するスピーカーは『DIATONE DS-G300』です。

ケーブルは、ナビ裏から新たに新設します
2020080312303640930.jpg



















ドアへの通線は、カプラー内を通します。(使用ケーブル/M&M SN-MS1800)

2020080310263826488_2.jpg











⇧ノーマル状態です。

2020080310263826488_3.jpg











防振施工 ⇧塗布する制振材を使用しています。
DIATONE DS-G300のミッドウーファーはオリジナル製作の樺合板インナーバッフル
で取付です。

2020080310273921063.jpg












2020080310263826488_1.jpg



















       ⇩
2020080310273921063_1.jpg



















Aピラー純正位置へのトゥイーター取付です。
純正ホールとほぼ同寸の為、ちょっとの加工で取付可能でした。

2020080310273921063_2.jpg












続いて、サブウーファーです。
2020080312303640930_1.jpg











サブウーファーを鳴らすアンプは、カロッツェリアのPRS-D700。
助手席シート下へ取付。

2020080312303640930_2.jpg











サブウーファー本体は、ラゲッジ内で移動できる様に
固定はせずに置いてます。

という感じで、鳴らすスピーカーはフロント2WAY(4個)+サブウーファー(1個)
の計5個です。
BOSEサウンド10個の半分です。

運転席重視(一人で乗る事が殆ど)で考えるならば、個数で言うならば
5個』で充分だと思います。数よりも、付いているスピーカーを
ちゃんとコントロール出来ることの方が重要だと思います。

今回の接続は、
アルパイン内蔵アンプ(4チャンネル)を全部使用のバイアンプ接続。
そして、サブウーファーもアルパインの出力を使用しているので、
アルパインナビ内蔵の音調整機能がフル活用で来ています。
その結果、ちゃんとバランスの取れたいい音で鳴らせてます。

あっ、ただ4人乗車、5人乗車・・・・と後席にも人が乗り、かつ音楽を
みんなで聴きたいというならば、BOSE10個の方が良いと思います。

では


tokusentyukohin_banner.png




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●DEQ-1000A-MZ・・・MAZDA アクセラへ取付●
2020072721172331723_3.jpg











マツダ アクセラ/マツコネ付きで、スピーカー交換&DSPの取付です!

スピーカーを替える!
それはもちろん、音質改善の第一歩と言えますが、
同じくコチラも今や第一歩と言えるのでは!!
DSPの取付&調整です。

でも、同時にするには費用面で・・・と考える方もいると思います。
そんな方に是非お勧めしたい、比較的リーズナブル(本体価格/28000/税別)な機種が
コチラ⇩結構いい仕事してくれます!
2020072721172331723_1.jpg











折角取付したスピーカーを、より良い状態で鳴らす、聴く!
特に、純正オーディオには音調整機能はほぼ無しですし、これが有ると無いとでは
スピーカーの鳴りは、別物です(゚O゚;)

取付したスピーカーは、パンッ !パンッ!歯切れ良くなる元気なユニット
2020072721173431148.jpg











2020072721172331723_2.jpg











『JBL・GTO600C』セパレート2WAYです。

―秬汽▲鵐⇨⇨⇨JBL・GTO600C
⊇秬汽▲鵐⇨⇨⇨DEQ-1000A-MZ⇨⇨⇨JBL・GTO600C

’ちょっと、高域耳に付くなぁ〜、低域ちょっと重たいなぁ〜・・・
’聴き易いね!、歯切れのいい低域気持ちいいね!

という感じで、もうチョッとこうなればいいね!を叶えてくれる
アイテムが『DEQ-1000A−MZ』と言う事です。

『・・・・−MZ』のMZは、MAZDAのMZ!筐体カラーは『赤』
マツダ用のTコネクター同梱なのハーネス不要です。

また、MZではない『DEQ-1000A』は汎用モデルです。
筐体カラーは『黒』車種別ハーネスは別売りです。
それと、フロント2wayマルチ接続が可能なのは『DEQ-1000A』のみです。

『スピーカー交換のお供』とお考え下さい。(^-^)
きっと、満足頂けます。

この度の施工は、
2020072721172331723.jpg











マツダ・アクセラでした。
大変、喜んで頂きました。m(._.)m

あっ、今現在『DEQ-1000A・・・』メーカー欠品中との事です。
当店は、まだ若干数在庫有りますのでご入用の方はお早めに。

では


tokusentyukohin_banner.png


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●HELIX P-SIX DSP MK/安定のアンプ内蔵プロセッサーです!●
オーディオグレードアップのご依頼で入庫です。
日産/エクストレイル!
2020072619433148415.jpg












純正NAVI(パナソニック製)はそのまま使用します。
となれば、DSPは何使いましょう?となる訳でして、
アンプ内蔵のハイグレードな物で『HELIX P-SIX DSP MK2』を選択!
音も、機能も申し分なし!価格もその内容からしたら、決して
高くはありません。

そのP-SIXをシート下へ取付します。
2020072619440048415.jpg



















この下へ付けるんですが・・・・

2020072619433148415_3.jpg











もう、これしかない!と言わんばかりにドンピシャサイズです!(^-^)

このDSP経由で鳴らすスピーカーは、『DIATONE DS-G300です。
2020072619433148415_1.jpg











2020072619440048415_1.jpg











トゥイーターは、そのうちドアミラー裏マウント製作予定と言う事で、
今回は、純正スタンドを使って取付してます。

仕上げは、PCによるDSPの調整です。
2020072619433148415_2.jpg












派手過ぎず、地味過ぎず・・・どんなジャンルを聴いてもそつなく鳴らせる
バランスの良い音に仕上がってます!(^-^)

では

tokusentyukohin_banner.png


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●比較試聴デモボードのスピーカー付け替えしました●
2020072021073143498_2.jpg



















Focal New『FLAX EVO / PS165FE』!

2020072021073143498.jpg



















BLAM New LIVE Series 『L 165s』!

2020072021073143498_1.jpg



















DYNAUDIO New 『ESOTAN 232』!

2020072021270546174.jpg



















Morel New『MAXIMO ULTRA 602 MK供戞

今年(2020年)発売の新製品群!
比較的お求めやすい価格帯(50000〜70000)のヨーロッパブランドが揃ってます。
自分好みの、キャラがきっと見つかります。

音は、聴かなきゃ解りません!
M.E.I.店内にて、常時試聴可能です。

では

tokusentyukohin_banner.png


 

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●トヨタ クラウン(20♯系)スーパーライブサウンド(10SP)音質改善ですべき事!●
2020071619460411970_1.jpg












20♯系のトヨタ・クラウンです。
この手のハイグレードセダンって、殆ど〜サウンドシステムと言って
スピーカーが10個とか18個とか、数が多いです。

『もうちょっと、音を良くしたい!』と言う相談をよく受けます。
この度入庫のクラウンは、スーパーライブサウンドで、

フロントドア×2 + ダッシュ上スコーカー×2 + センター×1
リアドア×2 + リアトレイサテライト×2 + リアトレイサブウーファー×1

で計10個のスピーカー。

フロントドア&ダッシュに、セパレート2WAY、
リアドアにコアキシャル2WAY、へスピーカーは交換されている現状からの
音質UPでのご相談で、迷わず『DSP(プロセッサー)』をお勧めしまして、
取り付ける事に。

迷わずDSPお勧めの理由は、
10個の純正スピーカーを鳴らす事を想定しての、純正アンプ。
一部が替わってしまうと、替えていない所との『音質』や『レベル(音量)』の違い
がでてしまう事が殆どでして、それを補うアイテムとして『DSP』をご提案!
という次第です。

202007161946219206.jpg












トランク内ほぼ全バラシで、右側にある純正アンプへアクセスします。
純正アンプの配線を全部調べて、
新たに付ける、DSP『PLUG&PLAY1080』へ全信号を経由させます。

2020071619460411970_2.jpg












ここにどうぞ!と言わんばかりのジャストスペースが、
純正アンプ横にありまして、そこに1080を設置。

PLUG&PLAY1080の内蔵アンプ8チャンネルアンプを全部使って、
全てのスピーカーを鳴らします。
電源は、動作の安定そして、音質を考慮しBATT直から引いてます。
2020071619460411970.jpg












そして、最後に肝心の音調整です。
2020071619460411970_3.jpg












ある意味、この度の作業の一番大切なところになると思います。
スピーカー数が多いので、調整も詰めていくとかなりの時間を要します。
替えてあるスピーカーの質感を邪魔しない(センター&サテライト)
、そして足りない所(サブウーファー)は補える様な調整をして終了です。

202007161946219206_1.jpg











組んでしまえば、見えるものは一切なしでノーマルのまま。
でも、音はかなり聴き易くなり、自然な臨場感も◎!
鳴らすアンプも純正アンプから、PLUG&PLAY1080のアンプになり
音質もかなり向上てます。

もうチョッと・・・という割には費用負担は通常の車両よりも大きいサウンドシステム
付車ですが、出てくる音はもうちょっと・・・ではなく、かなり良くなりますので
『DSP導入』をお勧めします。

では



tokusentyukohin_banner.png


 


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●ドアの追加防振で、更なる音質UPを図る!●
ドア防振(デッドニング)について
ドア防振プラン・・・スピーカー裏の制振+拡散・吸音処理
ドア防振プラン・・・ドア防振プラン 椒▲Ε拭璽僖優訌澗里寮振
          +インナーパネルの制振・ホール埋め
ドア防振プラン・・・ドアトリム(内張り)の制振+吸音
という感じで、M.E.I.オリジナルプランを設けてます。

更なるスピーカーの性能発揮の為の防振プラン△任垢、
必要性を感じているユーザーさんも多い様で、
かなり高い割合で施工させて頂いております。

そして、今日ご紹介する2台は、
ドア防振プランの施工になります。

プランは、上に書いたようにドアトリム(内張り)の処理です。
ドアスピーカーが鳴りが良くなるほど、その振動も増える!
スピーカー自体が、振動の発生源なので当たり前ですが、
それによる内張りの振動増!となり、それは音に対しても害するものに
なりかねません。

それを低減させるのが、『防振プラン』になります!
2020071219310737968_3.jpg












まずは、NDロードスターへの施工です。

2020071219310737968_2.jpg












⇧ノーマル

2020071219310737968.jpg












⇧制振処理

2020071219310737968_1.jpg












⇧吸音処理

2020071219322435267_2.jpg












トヨタ・ライズです。

2020071219330637969.jpg












⇧ノーマルです。吸音材が掛けてあります。

2020071219322435267_3.jpg












⇧制振処理

2020071219322435267.jpg












⇧吸音処理

2020071219322435267_1.jpg












⇧更に、純正で使用されてた吸音材

で、施工後はどうなったかというと
まずは、触ってみる・・・・
低音レベルの高い音源で、ビシバシ鳴らしながら、内張りを触ってみると、
施工前に比べ、明らかに微振動になっている!※ゼロにはなりません。
ドアの暴れた感じも減っているので、低音の鳴りに余裕を感じる。
全帯域に渡り、クッキリとした感じで明瞭感アップです。

スピーカーを鳴らすドアの環境作りの最後のステップ『防振プラン
もう1ステップ上の音を体感出来ます。

ライズの防振3施工の際に、もうひとアレンジしてみました。
内張りをばらすついでと言っては、何ですが・・・
M&M DESIGNからの新製品『SCW-C150
2020071219332731338.jpg












『サウンドコントロールウェイト』鉛の重しです。
1パッケージ6個入り ¥15,000(税別)

使い方は様々でして、内張り制振、鉄板部制振、スピーカーアンカーとして・・・
今回は、防振プラン∋楾済みのドアインナーパネルへ取付てみました。
2020071219330637969_2.jpg






























SCW-C150の厚さ15mmが内張りに干渉しない、そして強度増させたいポイント
を探して、鉄板直にボルト&ナット留めです。
取付後に、鉄板をハンマーでコツコツしてチェック!
w(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)wドア鉄板の鳴りの違いに驚きです。
片ドアに3個の取付ですが、結構ドア全体に効果が出てます。

防振プラン処理済みの内張り組んで、音出し確認・・・・
w(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)w
ウォー・・・・・なんだこの安定感は!
何処までも上げれる、上げてみたくなるVolume !
物体的にも、音楽的にも全くもって歪み感が無い。

これは、大分いいと思います。
防振のアイテムが増えました。(^-^)!

ではでは

tokusentyukohin_banner.png


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています