●ポルシェ/マカンのナビ交換!●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ポルシェ・マカン、純正クラリオンナビからの交換で、
ケンウッド『MDV-M906HD』取付です。

2019091621064624441_2.jpg










純正ナビです。(クラリオン製/NX713相当品)です。
相当品・・・『まぁ、同じだろう!』と考えがちです。
いや、そう思いたくなります、取付前は・・・

輸入車(欧州車)の取付KIT関連商品は、いつもPB社の物を使用していますが、
そこからも、この年式(2016Y)のKIT、CAN-BUSは出ておらず・・・
他を探すも見当たらず・・・

『案ずるよりも・・・・・・』と言う事で、作業開始!
ほぼ、想定通りでしたが、
『NX713相当品』=『全く同じではない』でしたが、無事取付完了!
2019091621064624441_1.jpg










HDパネル搭載の『M906HD』・・・画面はクリアで、綺麗です。

2019091621064624441.jpg










BOSEサウンドも使用可能です。(全スピーカー鳴らせます!)
バックカメラも使えます。(舵角連動します)

macanbody.jpg











では






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●30プリウス・DEQ-1000A(カロッツェリアのプロセッサー)取付!●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
30プリウス、カロッツェリアの『DEQ-1000A』の取付で入庫です!
2019091419541333405.jpg










現状、ナビヘッド(イクリプス)
2019091419541333405_2.jpg










それと、フロントスピーカーも交換済み。
でも、音がイマイチ・・・・"<(××)>"

次の一手で、プロセッサー導入へ!
2019091419541333405_1.jpg










カロッツェリアの、アンプ内蔵プロセッサーを取付で、音質UPを!
ナビヘッドで、音が良い機種も存在しますが、
買ったばかりの、ナビを『音がイマイチだから、ナビ替えよう!』とは、
ならないですよね?!

あるものは、使いたい!ましてや、買ったばかりの物なら
なおさらです。と言うのが人の心情というものでしょう!

そんな時のジャストアイテムです!
DEQ-1000A』リーズナブルながら、結果を出してくれる優れものです。

次の一手でなく、音質UPへの『第一弾!』としても、よろしいかと!

では

あっ!あまり言ってませんが、
『DEQ-1000A』試聴デモカー兼代車あります!(だいたい常時あります)
その実力!お聴きください!(`⌒´)!! 

システムは
純正ナビヘッド⇒⇒DEQ-1000A⇒⇒Morel MAXIMO ULTRA602(フロント2WAYスピーカー)
になります。

ではでは







 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●プロセッサーで音質UP!NewMODEL『MATCH /M5DSP MK供戞
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

MATCH(マッチ)の超小型アンプ内蔵DSP『M5DSP』が、モデルチェンジ!
New『M5DSP MK供戮発売されています!
ハイエンドモデルの『BRAX DSP』、そして『HELIX DSP.3』と最新モデルに搭載され始めた
『アドバンスド コプロセッサー』!この機(M5DSP MK供砲砲眦觝椶気譴討泙后

この機の特徴のひとつは、そのサイズ!
2019090919541029869_1.jpg










グローブボックス内へ、取付。隣のETCと比較して頂ければ
このコンパクト差は、お判りかと・・・(゚O゚;)

コンパクトだけが売りな訳ではなく、スペックも充分!
5チャンネルアンプ内蔵』(例:フロント+リア+サブウーファー)
更に、システムアップでアンプ追加(2CH)も可能な、7チャンネルDSP搭載
更に更に、デジタル入力(OPT)装備。動作サンプルレート48K/26Bitとハイレゾ対応
音質も、想像以上に良いですし、パワーも充分です。

内臓の5チャンネルアンプの内の1チャンネルは、サブウーファー出力。
90W RMS/180W MAX×1ch 4Ω
160W RMS/320W MAX×1ch 2Ω

今回この内蔵アンプを使って鳴らしたのが、
2019090919541029869_2.jpg











純正エンクロージャーにセットした、『JBL』のサブウーファー。
M5DSPMK兇離汽ぅ困らは想像しえないくらい、しっかり鳴ってくれてます。

今回のサウンドグレードアップは、HU内蔵アンプから、M5DSP MK兇悗
変更でしたが、SN感も非常によく、音の厚みも増し、スピーカーのポテンシャルは
かなり引き出された感じです。

取付したお車は、FJクルーザーでした。
2019090919541029869.jpg












では






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●BMWの音を良くする!(見た目変わらず、低コストで)●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png







⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧音質UPに、今や必須アイテム!アンプ内蔵低価格プロセッサー登場!⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

onshitsu_banner2018.png



↑↑↑ 新しくなって、種類も豊富になりました!↑↑↑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
トップのバナー画像、『ドライブレコーダー』に替えてみました。(^-^)
ちょっと前まで、あおり運転(`ε´)のニュースでのドライブレコーダー映像・・・・
ばんばん流れてましたね。

前方、そして室内の録画映像があったから、ニュースに取り上げられ、そして
犯人逮捕・・・・となったものの、もし映像がなかったら・・・?
と考えると、ここまで大騒ぎにはなっていないのかと思います。

当店でも、問い合わせは増えてますし、実際に取付も増えてます。
「あおり」のみならず、万が一の事故の時など、正確な状況が判ると思います。
(良くも、悪くもです)

ドライブレコーダー・・・・
お役に立つことが、無いのが一番ですが、そればっかりは未来の事なので
判りません。
『備えあればなんとか』・・・・と言う言葉もあります。
付いてた方が、安心感もありますし、付けとくべきだと思います。

ちょっと、煽ってみました。(^-^)

と、言う事で僕の通勤車にも、そろそろ付けよう思います。w(゚o゚)w

前置きが長くなりましたが、本題へ

BMWの音を良くする!(低コスト編)です。
フロント10cm+リア10cm+シート下ウーファー×2
ノーマルサウンドの、BMWのスピーカー構成です。

スピーカーは、純正のまま、もちろんヘッドユニットも!
2019090620300532704_1.jpg










2019090620300532704.jpg










カロッツェリアの『DEQ-1000A』4チャンアンプ内蔵プロセッサーと
カロッツェリアの『GM-D1400』4チャンアンプを取付です。

プロセッサー内蔵アンプで、フロント&リアスピーカーを鳴らし、
D1400供■チャンアンプはブリッジ2チャンネル使いで、シート下ウーファーを鳴らします。
筆箱サイズですが、純正ウーファーを元気よく鳴らせるハイパワーです!

配線加工して、それぞれのスピーカーに結線。
DEQをスマホで、調整・・・・!

シート下からの低音が・・・・ダッシュ奥から聴こえてくる!
全体音像も一段上へ、ダッシュボード上に展開されるステージ!

と言う位、良くなります。

DEQ-1000A・・・28,000円
GM-D1400・・・16,000円
締めて、商品代44,000円(税別)で、このサウンドアップ効果はコスパ高いです。
音楽を楽しめます!o^□^o
※別途、ケーブル代、配線加工、工賃等掛かります。

いやいや、もっと予算あるよ!と言う方・・・もっと、良いDSPもありますから、
そちらをご紹介しますので。m(._.)m 

ちなみに、取付した車両は『BMW・1シリーズ(118i)』でした。

では


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●VOXY/300PREMIに外部アンプ追加で、更に音質UP!●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png







⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧音質UPに、今や必須アイテム!アンプ内蔵低価格プロセッサー登場!⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

onshitsu_banner2018.png



↑↑↑ 新しくなって、種類も豊富になりました!↑↑↑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「300PREMI⇒DS-G300」から、
『300PREMI⇒外部アンプ(MONO4ch)⇒DS-G300』へ!
人気のミニバン、トヨタ・VOXYへ取付です。
2019083120043028476_3.jpg











ちょっと前に、DIATONE SOUND.NAVI・300PREMIをメインヘッドに、音質UPプラン標準施工で
DIATONE DS-G300を取付させて頂いたVOXY、早々とグレードアップです。

まずは、ドア防振のバージョンアップで防振プランの施工です。
2019083120043028476_2.jpg










これで、ドアのザワザワ感は、かなり低減!更に、スピーカーのレスポンスの向上で、
よりエネルギッシュに、そして正確に駆動するG300のウーファー!
期待を裏切らない、いいユニットです。

続いて、外部アンプの取付。
ミニバンの車内快適性を損なわぬ様、取付はシート下で完結。
2019083120043028476_1.jpg










運転席下、助手席下にLチャンネル、Rチャンネルと振り分けて、
BEWITHのモノラルアンプを2台づつ取付です。
このコンパクトサイズのアンプ故に、
エアコンダクトもそのまま使用できる様に取付してます。
ちなみに、アンプは『BEWITH R-107S』 当店の特選USED品を購入頂きました。
音質は、『無色透明』と癖が無く、このサイズらしからぬ駆動力もあり、
まだまだ、現役です!

2019083120045628460.jpg










電源ケーブル・・・オーディオテクニカ
SPケーブル/RCAケーブル・・・M&M DESIGN
と、ケーブルにも抜かりは無し!
おっ!気付けばユニットからケーブル、端子に至るまで、『ALL JAPAN』!
あっ、防振材は『STP/ロシア』でした・・・

シート取付前の、電源投入ですが
まずは、動作確認の為・・・そして、アンプ取付時に重要な『GAIN調整』!
このGAIN調整をキッチリやらなければ、そのシステムのポテンシャルにも影響してきます。
特に、今回取付したようなモノラルアンプ・・・各アンプのGAINがバラバラだとしたら・・・・
考えただけでも、纏まりある音になるとは想像できません。

キッチリGAIN調整後、シート取付して組み付け完了。
2019083120043028476.jpg










その上で、この300PREMIの音調整機能、その能力が生きてくる!
と言うもんでしょう。

2019083120045628460_1.jpg










オンダッシュ置きの、G300のトゥイーターも、今迄以上に
みずみずしさが増し、上質感漂ってます。

フロント2WAYマルチ外部アンプ追加、そして防振プラン∋楾による、音質UPでした。

では



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MARK-X/サウンドサスペンション・Amane(アマネ)を鳴らす!●

matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png







⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧音質UPに、今や必須アイテム!アンプ内蔵低価格プロセッサー登場!⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

onshitsu_banner2018.png



↑↑↑ 新しくなって、種類も豊富になりました!↑↑↑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
入庫率高めの『MARK-X』!
基本車好きで、カスタマイズしたい方が多いのでしょうか?!
そこのところは良くわかりませんが・・・。

2019083020104715181_2.jpg










純正スピーカーからの交換で、店内デモボードで試聴を重ね選ばれたのは
サウンドサスペンション/Amane(アマネ)』でした!

オーナーさんの希望のひとつに、
低音が好きなので、そこがしっかり鳴るスピーカーが良い!
と言うのがありまして・・・
アマネは切れの良い、深みある低域再生がオーナーさんにマッチした様です。

取付は、オールインナーで見た目は純正そのまま。
2019083020110914085_1.jpg










ダッシュ上グリル内へ、50mmトゥイーターを。

2019083020104715181_3.jpg










2019083020104715181_1.jpg










2019083020342116264.jpg










17cmウーファーは、樺合板オリジナル製作インナーバッフルで!
そして、スピーカー環境造りで防振プランを施工してます。

取付完了!・・・音出しチェック!
圧巻の低域再生能力には・・・w(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)w・・・
この位、驚かされました!

決して、ブーミーな訳ではなく、まさに『気持ちいい低音』です。
低音、低音ばかり強調してますが、全帯域のバランスが良い上での
低音ですので!

ダッシュ上純正位置設置の50mmトゥイーターからの高域は、
嫌味、癖が無く、スカーッと伸びる・・・これも、爽快です!

しかもしかも、コレを鳴らしているのは・・・
2019083020104715181.jpg










ALPINE BIG-Xの内蔵アンプです。w(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)w
決して、充分とは言えない『音質調整』機能ですが、
全力調整後・・・・・

もう、何も言えね〜!

その位、良かったです。(^-^)

では








 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●BMW X4/アンプ内蔵プロセッサー『DSP-680AMP』取付●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png







⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧音質UPに、今や必須アイテム!アンプ内蔵低価格プロセッサー登場!⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

onshitsu_banner2018.png



↑↑↑ 新しくなって、種類も豊富になりました!↑↑↑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2019082822242142336.jpg










BMW X4、オーディオグレードアップで入庫です。

既に、フロント2WAY+センター2WAYはFocalのBMW専用KITで
取付済み。
2019082822242142336_1.jpg










定番人気のFocal・・・・流石、音は良い!繊細で、クリア感もあり
一聴して、純正よりはグンッと質が上がっているのは直ぐに判断出来る程。
がしかし・・・個々の音としては良いけれども、それらの纏まり、一体感が
欲しいところです。

音調整機能に乏しい、純正オーディオ(それは仕方ない・・・)
今以上を、求めるのは純正システムでは無理。~\(*o*)/~
2019082822242142336_3.jpg











と言う事で、DSP(プロセッサー)導入します。

選択した機種は、6チャンネルアンプ内蔵(8チャンネルDSP)の
μDimension/DSP-680AMP』です。
価格は、77,000円(税別)と、アンプ内蔵DSPとしてはお手頃価格!
6チャンネルの内、5チャンネルを使ってフロント×2、センター、シート下ウーファー×2を
鳴らします(リアスピーカー鳴らさずです)

アンプの質も中々のものでして、Focalスピーカーも非常に元気よく鳴り始めた印象!
ウーファーも余裕で鳴らせてます。

DSPでの調整のおかげで、シート下ウーファーもそこにある存在感は皆無。
ダッシュ奥より、ズドンッと深く重厚感ある鳴りは圧巻でした。

DSP取付位置は、ラゲッジ左ポケット内の純正アンプ下になります。
2019082822242142336_2.jpg










2019082822243041196.jpg










このサイズならば、ラゲッジスペースを犠牲にすることも無く
スマートインストールが可能です。

では


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●Venture DD-4/見た目の威圧感とは裏腹に・・・!●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png







⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧音質UPに、今や必須アイテム!アンプ内蔵低価格プロセッサー登場!⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

onshitsu_banner2018.png



↑↑↑ 新しくなって、種類も豊富になりました!↑↑↑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Ventureのデカい!ミッドレンジ『DD-4』取付完了しました。
2019082520343029467.jpg










2019082520242323506.jpg










どうでしょう、この見た目の威圧感!

2019082520253134148.jpg










10cmですが・・・13cmのユニットインストールした気分です。(´ε`)
恐らく、過去Aピラーにインストールしたユニットの中で、最大と思います。

オーディオ取付で一番のお楽しみ!『試聴タイム!』です。
第一印象は・・・・・
ちょっと硬さは感じるけど、『限りなく自然な鳴り方』です。
そして、なんといってもストレスなく余裕すら感じるスムージーさ!
組み上げ前のテスト試聴にも関わらず、ついついあれや、これやと聴いてしまいたく
なる衝動を抑えられず・・・・そんな、興味深々なユニットだった訳です。(^-^)

鳴らし込んだ後が、更に楽しみです。
と言うのも、今年初めに取付した
同ブランドの『DD6.5』 ⇩
2019013019580127594.jpg










取付した当初よりも、全体域の重厚感はどんどん増して行き、
ローエンドも量感、切れ味も増し増しに!
そんな、大きな変貌経過があったものですから今回の『DD-4』にも期待するところがあります。

2019082520242323506_1.jpg










取付車両は、スズキ・スイフトスポーツでした。

では

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●初入庫!『MAZDA3』ドライブレコーダー取付●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png







⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧音質UPに、今や必須アイテム!アンプ内蔵低価格プロセッサー登場!⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

onshitsu_banner2018.png



↑↑↑ 新しくなって、種類も豊富になりました!↑↑↑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ここ数日、『あおり運転』のNewsを見ない日が無い・・・(*_*;
そして、ドライブレコーダーの映像が流れる。
今でこそ、ドライブレコーダーが付いているので、その時の状況を目で確認出来ますが、
ドラレコが無かったころ(5〜6年以前)は、どうなってたんでしょうね?!

防犯カメラ(建物・家)、ドライブレコーダー(車)・・・・・
そのうち、人自体に『カメラ装備』されるようになるんじゃないかと、思ったりします。┐(-、-)┌
そんな時代が、こなければいいけど・・・・と思いつつです。

で、ドライブレコーダーの取付です。(^-^)
2019082220211436415.jpg










マツダの新型『MAZDA3』初入庫です。
外観デザイン(カッコいい!)、内装の高級感あり!

2019082220215136419_3.jpg










モニターに映る映像、かなり高解像度でむちゃくちゃ綺麗です!

今や必需品のドライブレコーダーですが、商品選びもですが、取付位置も
重要です。
ゝ定範囲内への取付(ガラス上部20%)
運転の邪魔にならない(視界)
1の時も綺麗に映る(ワイパー範囲)
・・・・などあります。

MAZDA3のベストポジションはココと思われます!
ミラー裏、助手席側です。
2019082220215136419.jpg










2019082220211436415_3.jpg










取付したのは、円筒型のスタイリッシュなデザインのハイグレードモデル
ユピテル『SN-SV70d』です。
広い視野角・WiFi接続・夜も鮮明記録・GPS・Gセンサー・・・・搭載の
指定店モデルの最上位機種になります!

ドラレコ配線中に、見つけました!
2019082220215136419_1.jpg










グローブBOXを外した所ですが、白いエアコンユニットの左横にスピーカー発見!
エンクロージャーにセットされた12cm位のスピーカー。

2019082220215136419_2.jpg










運転席側もその対象位置あたりに、あります。

ちなみにドアスピーカーは
2019082220211436415_1.jpg










ドア中段辺りに『10cm』位、そしてその上にトゥイーターです。

2019082220211436415_2.jpg










一般的な国産車のような「16~17cm」クラスのスピーカーは
ありません。BMW、Mercedesの様なスピーカーレイアウトです。

ちなみに、このお車は『BOSEサウンド』付です。
おそらくこの先増えると思われる『MAZDA3』です。
オーディオ的に何が出来るか!思案してみます。

では


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●ホンダ フリード ナビ交換で 音質UPを!80PREMI⇒300PREMIへ!●
matsukone_banner_000.png
junseisystem_banner.png







⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧音質UPに、今や必須アイテム!アンプ内蔵低価格プロセッサー登場!⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

onshitsu_banner2018.png



↑↑↑ 新しくなって、種類も豊富になりました!↑↑↑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ホンダ フリード ナビ交換で入庫です!
2019081910550325616_1.jpg










DIATONE SOUND.NAVIの『NR-MZ80PREMI』装着済みでして、
NR-MZ300PREMI』へ一気にステップアップです。

いきなり完成画像です。
2019081910550325616.jpg










画面も1インチアップ!音は、3ステップアップ位の変わり様です。

ちなみに、パネルはALPINE製で、サイズはピッタリです。
・・・が、本体を止めるブラケットの穴位置が、ALPINE×DIATONEは違う為、
位置だし・穴あけ加工・プラ加工が必要でして、地味に時間が掛かる作業です。

80PREMIと300PREMI・・・音の違いはかなり大きいものでして
・繊細さの表現力
・艶々感
・立体感
・・・・・・と、挙げれば、まだまだありますが、現行300PREMIは、
高音質ナビヘッドの最高峰と言えると思います。

60PREMIから、全てのPREMIを使ってきましたが、着々と音質向上してきてます。
その過程を見ると、音に対しての真剣さ、真面目さを感じます。
今後も、更に期待したいDIATONEブランドです。

つづいて、もう一台フリード!
2019081910550325616_2.jpg










現行フリードで、Gathersナビ(ディーラーオプション)付車です。
あっ、今は一部車種でメーカーOPもありますが。
2019081910550325616_3.jpg










2019081910551225649.jpg










作業内容は、走行中の視聴制限解除(いわゆるTVキャンセラー)です。
ドライバーは、走行中に画面を凝視する事はダメですので、ご注意を!
あくまでも、助手席の方の為の制限解除です。

ホンダ全車作業可能です。『作業時間〜1時間未満』
実は、結構依頼のある作業なんです。
お電話で、ご予約頂けると助かります。

では







 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています