●ドアの追加防振で、更なる音質UPを図る!●
ドア防振(デッドニング)について
ドア防振プラン・・・スピーカー裏の制振+拡散・吸音処理
ドア防振プラン・・・ドア防振プラン 椒▲Ε拭璽僖優訌澗里寮振
          +インナーパネルの制振・ホール埋め
ドア防振プラン・・・ドアトリム(内張り)の制振+吸音
という感じで、M.E.I.オリジナルプランを設けてます。

更なるスピーカーの性能発揮の為の防振プラン△任垢、
必要性を感じているユーザーさんも多い様で、
かなり高い割合で施工させて頂いております。

そして、今日ご紹介する2台は、
ドア防振プランの施工になります。

プランは、上に書いたようにドアトリム(内張り)の処理です。
ドアスピーカーが鳴りが良くなるほど、その振動も増える!
スピーカー自体が、振動の発生源なので当たり前ですが、
それによる内張りの振動増!となり、それは音に対しても害するものに
なりかねません。

それを低減させるのが、『防振プラン』になります!
2020071219310737968_3.jpg












まずは、NDロードスターへの施工です。

2020071219310737968_2.jpg












⇧ノーマル

2020071219310737968.jpg












⇧制振処理

2020071219310737968_1.jpg












⇧吸音処理

2020071219322435267_2.jpg












トヨタ・ライズです。

2020071219330637969.jpg












⇧ノーマルです。吸音材が掛けてあります。

2020071219322435267_3.jpg












⇧制振処理

2020071219322435267.jpg












⇧吸音処理

2020071219322435267_1.jpg












⇧更に、純正で使用されてた吸音材

で、施工後はどうなったかというと
まずは、触ってみる・・・・
低音レベルの高い音源で、ビシバシ鳴らしながら、内張りを触ってみると、
施工前に比べ、明らかに微振動になっている!※ゼロにはなりません。
ドアの暴れた感じも減っているので、低音の鳴りに余裕を感じる。
全帯域に渡り、クッキリとした感じで明瞭感アップです。

スピーカーを鳴らすドアの環境作りの最後のステップ『防振プラン
もう1ステップ上の音を体感出来ます。

ライズの防振3施工の際に、もうひとアレンジしてみました。
内張りをばらすついでと言っては、何ですが・・・
M&M DESIGNからの新製品『SCW-C150
2020071219332731338.jpg












『サウンドコントロールウェイト』鉛の重しです。
1パッケージ6個入り ¥15,000(税別)

使い方は様々でして、内張り制振、鉄板部制振、スピーカーアンカーとして・・・
今回は、防振プラン∋楾済みのドアインナーパネルへ取付てみました。
2020071219330637969_2.jpg






























SCW-C150の厚さ15mmが内張りに干渉しない、そして強度増させたいポイント
を探して、鉄板直にボルト&ナット留めです。
取付後に、鉄板をハンマーでコツコツしてチェック!
w(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)wドア鉄板の鳴りの違いに驚きです。
片ドアに3個の取付ですが、結構ドア全体に効果が出てます。

防振プラン処理済みの内張り組んで、音出し確認・・・・
w(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)ww(゚o゚)w
ウォー・・・・・なんだこの安定感は!
何処までも上げれる、上げてみたくなるVolume !
物体的にも、音楽的にも全くもって歪み感が無い。

これは、大分いいと思います。
防振のアイテムが増えました。(^-^)!

ではでは

tokusentyukohin_banner.png


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●ポルシェ・ケイマン(981)/DIATONE SOUND.NAVI取付+スピーカー交換!●
現行モデル982型・718ケイマンはPCM(ポルシェ・コミュニケーションマネージメント)なるものが
付いてますので、基本ナビ交換は不可(=。=|||)

でも、この度施行するケイマンは(981型)でして
2020070919585732891_3.jpg








純正NAVIが『クラリオン製の2DIN付車』なので、ナビ交換が可能です(^-^)!
カーオーディオ屋の僕からしたら、なんとも喜ばしいモデルです。

そして、何と言ってもこのボディラインが素晴らしくカッコいい!(☆。☆)
2020070919580121547_1.jpg








派手過ぎず、綺麗にまとめられた感じが好きです。

では、まずはナビの交換から
2020070919580121547.jpg








取付したのは、もう一台のお車でも使用されてその高音質に魅了・・・
DIATONE SOUND.NAVI/NR-MZ200PREMI-2』になります。
981型は、ナビ取付KITがでておらず、純正KITを使用してます。

※注意・・・・純正KITはそのままでは、使用できません。
そのまま取付すると出面がかなり奥まった感じになり、ガッツリ隙間があきますので、
ブラケットの留め穴位置変更、及び一部パネルカット(見えない所)と、
地味でシビアな加工が必要です。

続いて、フロントスピーカーの取付です。
2020070919580121547_2.jpg








表から見ると、どこにどう付いているのか判らない
デザイン重視のドアトリム。
内部は、『20cmウーファー』と『10cmミッドレンジ』が付いてます。
そして、純正トゥイーターは、ダッシュボード上にありまして、
純正はフロント3WAY構成です。

2020070919585732891.jpg









2020070919580121547_3.jpg








20cmウーファーを型に、同形状でインナーバッフルを製作です。
9mm+9mm+12mm=計40mm厚の高強度の耐水樺合板です。
TOPよりも、2層目の開口を広く、さらに
3層目はテーパーあてて背圧逃げを作ってます。

そのバッフルにセットするのは
2020070919585732891_1.jpg









2020070921225343309.jpg








BLAM Sugnatureシリーズ165.85Aのミッドウーファーです。
低域の再生能力(量・質共に)の非常に高い、そして、中高域も
スムーズに奏でる良い仕事をしてくれるユニットです。

そして、165.85Aのツィーター(TS25HR)は、Aピラーへ
2020070919593933447.jpg








これは、ノーマル状態。
2020070919593933447_1.jpg









2020071221154349132.jpg








6点留めアルミプレート、ネオジムマグネット、28mmソフトドームトゥイーターです。
耳ざわりな感じは一切なく、超高域までストレスなくサラリと再生してくれます。
そして、この見た目のカッコよさは、心惹かれるものがあります。(^-^)

DIATONE SOUND.NAVI PREMI内蔵アンプで鳴らす、BLAM Signature2WAYシステム。
ポルシェのボディ剛性もあってか、静寂度の高い車内空間からポンッと浮かんでくる
かの様なヴォーカル!バッチン、バッチンとパンチの聴いた低音も難なく鳴らせます。
やっぱり箱(車)が良いと、オーディオ鳴らすのも有利だなぁと、感じた次第です。

おっと、箱が弱いと感じる場合は、『車両防振』で詰めていけますので、
ご安心を!

以上、ポルシェ ケイマン、サウンドナビで、ブラムを鳴らす!
内臓アンプ フロント2WAY最強システムでした。

ではでは



tokusentyukohin_banner.png




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MAZDA CX-8/純正6スピーカー⇨音質UPプラン(スピーカー&DSP)●
当M.E.I.のお客様でも数人所有されてます、今日ご紹介する『MAZDA CX-8』
皆さん言われてます!『いい車です (^-^)』・・・と

cx8body.jpg









もっと、楽しめる様オーディオの音を良くしたい!とのご依頼で入庫です。
この度のCX-8は、標準で『6スピーカー』付車。
Aピラーにトゥイーター×2、フロントドアスピーカー×2、リアドアスピーカー×2
という構成です。

では、早速施工内容を!
まずは、フロントスピーカーの交換です。(リアスピーカーは、交換しません)
店内デモボードで、スピーカー聴き比べ・・・・・
選ばれたのは『Morel MAXIMO ULTRA602 MK供です。
※当店、音質UPプラン〜スピーカー交換〜プラン人気No1機種です。

トゥイータの取付
202007052120516026.jpg








純正Aピラー内へ取付ます。
cx8tw.jpg









cx8tw2.jpg








Morelの方が、ややサイズは大きいですが、ちょっと加工してインナー取付可能です。

続いて、ドアスピーカー(ミッドウーファー)の取付
cx8haiatu.jpg








スピーカー直後の背圧処理です。
スピーカー駆動による後への音波を拡散させて、スピーカーへの戻りを低減!
スピーカーがスムーズに動く!=スピーカーの性能発揮!となる訳です。
※音質UPプラン〜スピーカー交換〜標準施工です。

202007052120516026_2.jpg








木製バッフルで、ガッチリ取付でドア完了!

そして、もう一つの音を良くするアイテム!『プロセッサー(DSP)』
202007052120516026_1.jpg








運転席シート下、(フロントより)へ取付です。
CX-8は、基本カプラーONで取付可能。
今回は、フロント2WAYスピーカーの取付もあったので、
ネットワーク割り込ましの為、多少の配線加工をしてます。

cx8all.jpg








今回の取付では、ご覧の様に見た目は一切変わらずです。
もちろん、操作も今まで通りです。

仕上げはDEQの音調整!(スマートフォンで)
『プロセッサEQ』それと
『高度な設定(フィルター)(タイムアライメント)(出力レベル)』
以上の機能を使って音調整してお渡しします。

で、いつも思うのですが、この『DEQ-1000A-MZ』本体価格28000(税別)と
プロセッサーとしたら格安!調整値は的確に音にフィードバックしてくれますし、
内臓の4チャンネルアンプも、エネルギッシュだし、音質も悪くないし・・・
スピーカー交換時の『お供』的な存在と考えると最高だと思います。
スピーカー性能引き出してくれます!(`-´)
deq1.jpgdeq2.jpg








deq4.jpgdeq3.jpg









完成したその音は・・・『明瞭度』『鮮度』『エネルギー感』『定位感』『聴き易さ』
どれをとっても、5割増し?!いやそれ以上のUP感はあるような!!

車に乗る楽しみも、増した筈です!(^-^)

の同時施工でした。
m(._.)m

では

tokusentyukohin_banner.png


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●BMW/320d(G20)フロントスピーカー交換+DSP取付●
2020070420193128025_2.jpg








BMW現行3シリーズ・・・G20/10スピーカー付車を音質UPしていきます。

まずは、メインとなるフロントスピーカーの交から!
PLUG&PLAY(Focal K2Power)のBMW専用設計のハイグレードパッケージ・
フロント2WAYを取付ます。
2020070420193128025_1.jpg









今回施工の車両が、10スピーカー付車なので、ドアにトゥイーターがあります。
そこを使ってユニット交換します。
2020070420202130263_3.jpg








トゥイーター無し車両の場合は、このパーツを買って頂ければ、
表向き純正ルックのままで、取付が可能です。

続いて、ドアの10cmユニット!
2020070420202130263_1.jpg








車種専用のアルミダイキャストバッフル(同梱)を使って、取付ます。
2020070420193128025_3.jpg









2020070420193128025.jpg








スピーカー交換箇所は、このフロント2WAYのみ!これを
HELIX P-SIX MKで、マルチ接続としますので、ドアまで
スピーカーケーブル(M&M SN-MS1800)を2組通線してます。

そのDSP(P-SIX MK供砲任垢、取付位置はコチラ
2020070420202130263_2.jpg








トランク左下スペースです。純正物入を外して付けてます。
純正物入は無くなりますが、トランク容積は変らず確保してます。

P-SIX内臓アンプ6チャンネルの、振り分けは
フロント2WAYマルチ+シート下純正ウーファー×2の構成の3WAYシステムです。
その他のスピーカーは、鳴らさずです。
※センタースピーカーを、ナビガイド、ハンズフリー等の音楽以外の音声用として
鳴らすようにしてます。

2020070420202130263.jpg








最後は、PCにてDSPの調整!
取付50% / 調整50%! その位重要度の高い音調整!
ドアミッド+トゥイーターの繋がり・・・・そして、シート下ウーファー・・・
・・・・・と、音を繋ぎ合わせて、3つのユニットの一体感を作ります。
続いて、左右のバランス+時間補正・・・・・・・
ドライバーに対しての、最高のセッティングを作ります。

結果・・・
ダッシュボード上に広がるサウンドステージ!聴き心地は中々のものです。
流石にコレは、DSP無しでは作れません(^-^)

ではでは


tokusentyukohin_banner.png


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●やっぱり、オーディオレスがいいです!RAV4入庫です●
殆どの、高年式輸入車・・・現行MAZDA(マツコネ)・・・
トヨタ ディスプレイオーディオ・・・レクサス全般・・・などなど
基本的には、ヘッドは替えれない、または大きく加工が必要・・・(×。×)

そんな状況でも、今はオーディオメーカー各社から『DSP』なる物が
発売されてますので、車内オーディオ環境をもっと良くすることは出来ますが、
やっぱり、オーディオレスが自分の欲しい機能、音質・・・選択肢が出来て
良いと思います。 
例えば、5年・・・10年後、システム一新!なんて事が出来るのも、
『オーディオレス』ならではの良いところかと思います。

さて、本題でRAV4新車、オーディオレスで入庫です。
基本、奥様&お子様が乗る車との事で、その使い勝手から考えて選ばれたのは
カロッツェリア 楽ナビ9インチモデル!
2020062909413837136.jpg








ステアリングリモコン、バックカメラ等々純正同様に使用可能ですので、
使い勝手は、問題無し。

続いて、後席モニターはフリップダウン!
2020062909412933923_3.jpg








凹凸あるRAV4の天井にも、フィットした取付が出来ます。
モニターはALPINE 10.1インチです。

今や、あってしかるべきドライブレコーダー!
2020062909412933923_1.jpg









2020062909412933923_2.jpg








あおり、追突対策に!フロントとリアの2カメラタイプ。
ユピテルの指定店モデル『SN-TW79d』取付です。
夜間も鮮明STARVIS搭載(前後共)。無線LAN内蔵で、スマホで映像確認出来ます。
FULL HDの高画質録画。HDR・GPS・Gセンサー搭載。
広角カメラ(視野角最大フロント153度/リア143度)
と、内容も充実してますので、安心です。

2020062909412933923.jpg








新車のRAV4 オーディオレス車への取付でした。

オーディオレスからの、
ナビ・・・スピーカー・・・ドラレコ・・・ETC・・・バックカメラ・・・
後席モニター・・・などの選択のご相談等、お問い合わせ下さい。
ベストチョイスさせて頂きます!(^-^)
メールでもOK! 取り合えずTELでもOK! 
もちろんご来店頂いてもOKです!

ではでは

tokusentyukohin_banner.png



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MZ100からの、ステップアップです!300PREMI-3装着!●
2020062909420036448.jpg








ナビ音質最高峰モデル『DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ300PREMI-3』取付です。

音が良い!とよく表現しますが実際にどう何が良いのか・・・?
ナビヘッドの高音質機としては、
『ダイヤトーンサウンドナビ』それともう1機『カロッツェリア サイバーX』
この2機種が高音質ナビヘッドの代表格といえるでしょう。

この度取付したのは、ダイヤトーン・300PREMI-3なのでその機の
一番の特徴を言いますと
『リアルフォーカスステージサウンド』!コレだと思います。
この文言はダイヤトーンHPにも書かれています。

センター音像定位はもちろん、縦軸の揺らぎもなくピシャリ!
縦軸がピシャリでると必然的に、横のワイドな広がりも自然に、綺麗に出ます!
よって、車内である事を感じさせないオーディオルームの様な空間が再現されます。
この辺が、DIATONEサウンドナビならではの特徴だと思います。

あっ、これは全てキッチリと調整なされている事が絶対条件です!

と言いう、『300PREMI-3』取付したお車は
2020062909420036448_1.jpg








HONDA フィットでした。

では


tokusentyukohin_banner.png






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●Nve-03 & VE-01 各アンプ(3台)とヘッド(サイバーX)へ取付してみた●
2020062221470335783_3.jpg








KOJO TECHNOLOGYからの新製品『Nve-03』取付してみました。
5端子あるうちの4端子は『+・−のIN&OUT』もう一つは、『VE-01』増設用端子!

折角、設けてくれた端子も使いましょう!
2020062221471436880.jpg








それぞれに、VE-01も増設です!

各機材に、1個取付が理想との事ですので、
2020062221470335783.jpg










ARC AUDIO『4200SE TRAD』×2
ARC AUDIO『2300SE TRAD』×1へ。

2020062221470335783_2.jpg








ラゲッジ下スペース一番後方に、所狭しとNve-03、3台縦置き+
直近へ、VE-01を!
青丸・・・VE-03 、 赤丸・・・VE-01
すみません、見せたくないものがあるのでスプレーで隠してます。

そして、もう一台づつはヘッドユニットへ
2020062221470335783_1.jpg










ハイエンドオーディオカーナビ『AVIC-CL902XS』へ。

気になるその音は・・・・
ここから先は、試聴後のオーナー様談抜粋です!
『粗さが無く、ストレスなく聴ける!』
『Vocalのリアルさ、生々しさは今まで以上!立体感あるね!』
『音の芯がある、太い!でもやぼったくない!』
『総じて、最高だね!この先も楽しみだ!』
『まだ、伸びしろあったんだね!』
まとめ・・・ハイエンドオーナーさん喜ばせ、唸らせる、
いい効果をもたらす物だと言う事です。

2020062221501135763.jpg










取付車両は・・・
車内はオーディオ機材で満載(^-^)!『テリオスキッド』でした。

ではでは

tokusentyukohin_banner.png

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●カローラツーリング/ディスプレイオーディオにDSPを入れる●
psix1.jpg











アンプ内蔵DSP最強モデル!と思います(^-^)

取付車両は、カローラツーリング・DA(ディスプレイオーディオ)付。
psix3.jpg




















P-SIXオプションの、『HEC USB HD AUDIO INPUT MODULE』も取付して、
DAを介さない直音源再生が可能に!
psixusb.jpg












i podで再生してみると・・・
圧倒的に、DAよりも音質は『上』!『かなり上』!
曲操作はipodで、VolumeはDIRECTOR(コントローラー)で・・・・
という使い方になるので、ちょっと手間ですがそこは、
『音質が良い』のを優先するか・・・
『使い勝手の良さ』を優先するか・・・
そこは、優先順位の高い方で、選ばれると良いと思います。

P-SIXの取付位置は、助手席シート下。
psix2.jpg



















カローラツーリングのシート下は、スペース充分ありです!

DA(ディスプレイオーディオ)で、音に不満のある方・・・
是非、ご相談ください!(^-^)

ではでは


tokusentyukohin_banner.png

 

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●TOYOTA/RAIZE CYBER NAVI+スピーカー交換+BATT直!●
いつもご依頼を頂いてるのですが、NAVI取付時に、ほぼ必ずやります。
『バッ直』!
この度のお車『TOYOTA/RAIZE』(オーディオレスで入庫)もやります。
2020061921285326208_2.jpg











2020061921300823760.jpg











プラス、マイナス共にバッ直で、エンジンルーム内は、全コルゲート通しなので、
見えませんが使用ケーブルは『N-Skill NW-800(8G)』。
FUSEホルダーには、MIDI FUSEホルダーを使用。

このBATT直電源で、供給先は
2020061921285326208.jpg











カロッツェリアのサイバーナビ『AVIC-CQ910-DC(9インチ)』です。
いつも『バッ直』する理由は、その機器への電源の安定供給による音質面。
『音の勢い、正確性、低域再生能力・・・・明らかに違う!』オーナーさん談
です。機器を動作させるBATT直電源・・・そのポテンシャル発揮に大いに影響を
与える事は、間違いないでしょう!

上の画面に出ているのは、純正全方位カメラの映像。
サイバーナビ、その他の社外ナビでも映す事は可能です。

続いて、スピーカー!
サイバーナビのネットワークモードを使い、フロント2WAYマルチ接続で取付したのは
2020061921290126508.jpg











低域の量・質共に申し分無しの『サウンドサスペンション・Amane
17cm2WAYスピーカーです。

2020061921285326208_1.jpg











防振プラン2も、施工してます。

2020061921285326208_3.jpg



















トゥイーターは、純正位置であるドアミラー裏へ取付してます。
将来的に、同位置でトゥイーターマウント製作して更なる高音質化を
図る予定です!

BATT直動作のCYBER NAVIで鳴らすAmane・・・・
芯のある揺らぎ無い『音』 通常のNAVI内蔵鳴らしとは一味違う
ワングレード上の良い音でした。(^-^)

では


tokusentyukohin_banner.png

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●ハイエース・取付にこだわって、スピーカー交換!●
2020061522553133458_3.jpg











左側・バッフル裏面  右側・バッフル表面です。
裏面がうねっているこの特殊な形状・・・・ハイエースです。

車両ドア側の僅かな凹凸もざぐってあり、精度及び密着度
抜群に良いです。

Morel MAXIMO ULTRA602MK』の留めピッチも
有るので、8点留めで強固に取付出来ます!
2020061522554734630.jpg











バッフル固定、そしてスピーカー固定した際の、ガッチリ感は
ミッドウーファーの性能発揮を想像させてくれます。

2020061522553133458_2.jpg











施行済みで、スピーカーを鳴らす環境作りは万全です。

つづいて、トゥイーター!
2020061522553133458_1.jpg











車内カスタムに合わせて、同ホワイトレザーで仕上げたAピラー(ステッチ入)。
製作は自社で、縫いの必要な張物は専門業者さんへお願いしてます。
2020061522553133458.jpg












既に、装着済みのcarrozzeria CYBER-X(CZ902XS)の内蔵アンプで
鳴らしたのですが・・・・・
パワー感みなぎるミッドウーファーの鳴りはまさに、圧巻レベル!
トウィーターの鳴りもスカーッと抜け感、鮮明感も爽快です!

機材のポテンシャルを引き出し良い音を鳴らす為には、やはり
施行の充実は欠かせない!まじまじと感じた次第です。

オプション満載でも取付でした。

では


tokusentyukohin_banner.png

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています