●電源アクセサリー/サウンドサスペンションの『DNR-5』●
初めに、言っておきます。

タイトルの『DNR-5』ですが、数量限定製品でして、既に、完売しております。
取り付けしての感想を、ここに書くのですが、欲しいと思っても
有りませんので、あしからず・・・・・

2020021719410526315_3.jpg










一台は、DIATONE 300PREMI-2(ナビヘッド)へ、
もう一台は、オーディオテクニカ AT-HRD500(デジタルトランスポート)へ取付します。

既に、システムとしては完成しているお車への取付です。
2020021719422427326_3.jpg











2020021719410526315_1.jpg










ケーブル長は、『〜20cm』で取付してとの事。
この20cmって、デッキ裏に取付する事を考えると、結構短い(~O~;)

ちなみに、使用したケーブルは拘りの『M&M 3DーMP016WH』
2020021719425725796.jpg











2020021719410526315_2.jpg










このスペースに、これを収めるのは正直しんどい・・・

が、その出音に、苦労は報われることに。
フロント3WAY+サブウーファー一体感は、今迄以上に!
機材からの音を聴いているという感覚はほぼ無く、極上になめらかです。

目に見えない『ノイズ』・・・その低減により、
機材のポテンシャルアップへ・・・そして、正確な音へ・・・
効果は、間違いなく出ている様です。
でも、もう商品(DNR-5)は、完売ですのでありません。残念(=。=|||)

さて、話は変わって
今回、同時作業させて頂きました、前後ドライブレコーダーの取付です。
20200217230342502.jpg










2020021719422427326.jpg










2020021719422427326_2.jpg










使用したのは、ユピテルのWIFI付きモデル『SN-TW79d
録画した画像も、その場でスマートフォンで確認出来ます。
更に、スマートフォンに保存する事も可能。これは、便利!
2020021720574938596.jpg










あっ!お客さん『スマホ』じゃなかった(゚O゚;)(゚O゚;)(゚O゚;)

取付車両は、いつもご贔屓にして頂いてますm(._.)m
DAIHATSU MIRAでした。
2020021719410526315.jpg












〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2020021719425725796_1.jpg










本日、今シーズン初めて『雪』積もりました。{{(>_<;)}}

では










 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●取り合えずのアンプから、交換しました/Morel MPS4.400●
数年前・・・HELIX DSP取付時に、無いと鳴らせないので
取り合えずのアンプとして使用してました。
カロッツェリアの筆箱サイズのアンプからの交換です。

2020021319580627872_1.jpg










Morel MPS4.400!(4チャンネルアンプ)
モレルと言えば、スピーカーメーカーとして認知されているところですが、
2年前に、モレル初の車載用アンプも出してます。

フロントスピーカーに、モレルのミドルクラスにあたる
『HYBRID602』を既に取付済みでして、同ブランドであるならば!と選択です。

その音は、かなり良かったです。
音の勢いをとても感じ、透明感も今までと全然違う!
オーナーさんも、『えっ!(゚O゚;)こんなにも違うのか?!!』
と、一聴して解るレベルです。

サイズは、昨今のトレンドの超コンパクト程ではないですが、
シート下にも収まるサイズ。
ケーブル接続も、一方向でインストール性も良い。(⇦これはうれしい)

価格も、64,000円(税別)と、意外とリーズナブルで、
こんな生き生きした、音が出せるならば買いだと思います。

流石、Morelです。

では



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●高さ制限有・薄型サブウーファー、NOTE NISMOへ装着!●
今日は、今シーズン初めて、雪がちらつきました。
まぁ、今迄が暖かい日が多かったので、これが普通といえば普通・・・
でも、ちょっと冷え込みが体にします・・・・{{(>_<;)}}

PIT内(作業場)は、カーテンで仕切ってて、暖房(ストーブ)で
意外と温かく保ててますので、作業は順調に進んでます!

202002062031247165.jpg










さて、ついこの間(昨年末)、『PLUG&PLAY1080』『サウンドサスペンションAmane』

その施工で、かなりの音質向上に満足頂きました。
・・・・が、
前回、そのまま使用したパワードSWもしっかりと鳴らしたい!
との事で、変更する事に!

オーナーさんのご要望は、ラゲッジスペースは現在のままを希望。
問題は、その高さです。
採寸して、辛うじて可能なサブウーファーが『JL-10TW3-D4』!
取付深さ83mm/エンクロージャー容量14ℓ。

平べったい、エンクロージャーを製作です。
202002062031422186.jpg










鳴らすアンプも、同JLで、『JL-JX250/1D』。
202002062031247165_1.jpg










このエンクロージャーの下に、車両バッテリーがあるので、
メンテナンスの為、エンクロージャーは脱着式にしてます。

音抜けグリル付のTOPパネルを製作して、完成!
202002062031247165_2.jpg










202002062031247165_3.jpg











JLのサブウーファーは期待を裏切りません(`ε´)
迫力ある重低音再生!そして、ラゲッジの使い勝手の維持!
両方かなったと思います!

では



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●HELIX DSP ULTRA実装!これは、かなり良いと思います●
いつも、ご依頼頂いてます m(._.)m ありがとうございます。
エスティマ入庫です。
201905192029374812_2.jpg










ちょっと前に、ブログでご紹介した
名前からして最強感のある『HELIX DSP ULTRA』をこの度、取付した車両です。

2020020320560647422_2.jpg










今迄は、『DSP PRO MK2』(左)
決して、DSP PRO MK2に大きな不満があった訳ではなく、
『もっと良くしたい!もっと良くなるのでは?!』と言う期待も込めての
買い替えでした。

2020020320560647422_1.jpg










下段・・・RS AUDIOのアンプ
中段・・・HELIX DSP ULTRA(ほぼ見えませんが)
上段・・・MM-1インターフェース
その他、キャパシター×3個他、電源アクセサリー等

このレイアウトでしか、おそらくこのスペース(助手席シート下)へは付かない!
と言う位絶妙な配置です。

で、DSP PRO MK2⇨ULTRAへ替えて・・・・
音は、変貌してます!
的確な比較の為、セッティングデータは、そのまま移行して試聴。
_擦凌帖Ωみが増!(結構明確に違います)
SN感のUP! 音が澄んでます!静寂感が増し、音の出際、引き際が綺麗に。
なめらかに、そしてより自然に・・・

と言う風に、確実に一皮、二皮むけたくらいの、違いを感じました。
かなり良いと思います。

そして、現状に合わせて詳細調整・・・
音像定位も更に、凝縮され、ステレオイメージもすこぶるいい感じに!

オーナーさんも、大変満足されていらっしゃいました。

あっ、同時施工で
2020020320560647422.jpg










サウンドサスペンションの数量限定の新製品『DNR-5』
DSP ULTRAの電源に!

それと、
202002032056434207_1.jpg










同じく、サウンドサスペンションの『シグナルバランサー』を
2020020320560647422_3.jpg










Morelトゥイーター、初代PICOLLOへ、

202002032056434207.jpg










ウーファーにも、取付してます。

これら、全ての相乗効果としての、サウンドグレードアップなのでしょう!!
この度の施工で、50%UP位(僕のイメージ)良くなった感はあります。
それなりにシステムは出来てた中での、
『50%UP』は、(゚O゚;)⇦この位、大きな値だと思いますが・・・

何はともあれ、オーナーさんの望む、期待してた方向へと、良くなったので、
何よりでした。(^-^)

では

※明日2/4(火曜日)と、明後日2/5(第一水曜日)は、店休日です。




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●アルファード・フロントセンターサブウーファー!●
2020013119141241710.jpg










最後の、オーディオレス・アルファード!入庫です。
2月にも、一台入庫がありますが、それはもう『オーディオレス』ではなく、
ディスプレイオーディオ付車・・・(>_<。。)

あっ、別にディスプレイオーディオが嫌いな訳ではなく、ヘッドのNAVIの選択肢が
なくなるので、オーディオ屋さんとしては寂しいなと思うのです・・・

この度のレス車はカロッツェリアのNew CYBERの9インチ、
AVIC-CQ910-DC』です。
2020013119141241710_1.jpg










標準装着の、9インチパネルにピッタリ!
ボタンレスなので、フルフラットフェイスでスッキリです。

このNewサイバーナビの凄いのは・・・エンターテイメント性!
1年間無償使用(容量制限無し)出来る『ネットワークスティック』(DCモデルは付属)
を使って・・・
・Amazon Fire TV Stick(別売)が使える!
・YouTubeを直接操作できる!
・車内がWiFiスポットになる!
・自宅のレコーダーにアクセスして、車で見る!
・自動で地図更新!
盆、正月、などの長距離ドライブなんかには最適だと思います。

そんな便利機能のみならず、『音』も良いです。
調整機能も充実してますし!

で、このNewサイバーでシステム構築です。

まずは、フロントスピーカーから
2020013119130141706_2.jpg










2020013119141241710_2.jpg






















2020013119130141706_3.jpg










Aピラーにツィーターマウント製作、
ウーファーユニットは、樺合板でインナーバッフル製作&防振プラン2施工!
使用したスピーカーは
BLAM / Signatureシリーズ・S165.85A
トゥイーターのプレートが大き目な、カッコいいやつです。

続いて、サブウーファー。
運転席より後方は、基本荷物を置く為エンクロージャー設置はダメ!
フロントセンターコンソール〜ダッシュの間に、8インチを取付ます。
2020013119150541717_2.jpg










8インチでもギリギリ寸法です。エンクロージャー&カバーリング製作

2020013119150541717.jpg










2020013119150541717_1.jpg










使用したユニットは、スモールエンクロージャー対応サブウーファーの
先駆けメーカーであるJLオーディオの『JL-AUDIO/JL-8W3V3』!
20cm口径のウーファーらしく、小気味よさは抜群!でありながら、
しっかり太く必要最低域までしっかりと鳴ってくれてます。

このスピーカー群を鳴らすアンプは、運転性シート後部へ。
2020013119130141706.jpg










2020013119130141706_1.jpg










同サイズの1チャンネルアンプと4チャンネルアンプを、
左右に振り分けて取付です。
使用したアンプは、『HELIX M ONE / HELIX M FOUR
小ぶりながら、パワーありますし、音質も良いアンプです。

音声ケーブル(RCA/SP)は全て『M&M DESIGN』で!
2020013119141241710_3.jpg










スピーカーケーブルは、⇧この『SN-MS1800』を使用。
1,200円/mとお値段もお手頃で、音も良し。
当店で、一番使用率の高いスピーカーケーブルです。

フロント2WAY+サブウーファーのフロント完結3WAYシステム。
Newサイバーも、従来同様に『ネットワークモード』があるので、
フルマルチ接続で、調整も充実!

繊細な綺麗な音質、そして迫力満点w(゚o゚)w
映画なんか見ると、楽しそうな音に仕上がってます!(^-^)

ではでは








 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●New カローラツーリング / DSP&スピーカー取付!●
202001271752305044.jpg










全車ディスプレイオーディオ搭載の、New『カローラツーリング』初入庫です。

202001271752305044_3.jpg










これが、そのディスプレイオーディオ(9インチ)です。
取外し、交換不可なので、そこで良い音にする為の必須アイテム
『DSP』を取付ます。

選択したのは、
このスペックで、この価格!(お買い得!)
そしてこの音!非常にコスパの良い、ワングレード上のDSPだと思います。

サイズも小ぶりで、
202001271752305044_2.jpg










シート下取付、余裕です。
接続部も全て同面なので、取付性も良いです。

つづいて、フロントスピーカーの交換です。
202001271752305044_1.jpg










フロントドア内インナー取付です。
202001271753045023.jpg











JBLのフラッグシップモデル『670Gti』です。
音質UPプラン〜スピーカー交換〜で設定のある『JBL/GTO600C』
聴かれて、そのトップモデルを選択されました。

音の傾向は、明るめ、音抜けも良し、低域も豊かに、レスポンス良くなります。
ちなみに、バッフルはパイオニア製のメタルです。ホール、ネジピッチも
ジャストです。

トゥイーターは、ダッシュ上純正位置内へ
202001271753045023_1.jpg











見た目は、完全ノーマルのまま。で、音は純正比で2倍くらいは
良くなった印象です。(完全な、個人的主観ですが(^-^))

これから、増えていくであろう『ディスプレイオーディオ装着車』
ノーマルで音に不満がある方・・・・・安心して下さい。
音を良くする事は可能ですでの!(^-^)

では



















 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MK2〜ULTRAへ、差し替えます!●
HELIX DSPの話です。

今月、発売開始のHELIX DSP最上位機種『DSPーULTRA』
2020011819454639141.jpg










お客様ご注文分、入荷しました!

若干、MK2にくらべ筐体は大きいです。
IN、OUT、電源・・・端子方向は同じなので、スムーズに差し替えは出来る予定・・・
と取付時の画像を見てみると・・・・・・・w(゚o゚)w

所狭しと、組み上げられた要塞の様なシート下。
ちょっと、手を焼きそうです・・・・
2018070920485928492.jpg











でも、音質UPの期待は『大』です。(^-^)

では


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●使えるパワードウーファー!BRZへ取付です●
2020011623362540373_1.jpg










DIATONE MZ200(スタンダードモデル)装着済み!

2020011623390642049_2.jpg










トウィーターAピラーマウント製作済みで、フロントスピーカーに、
Morelを装着済み。
ドア防振も施工済み。

邪魔にならない程度の大きさで、サブウーファーを取付したいとのご依頼で、
現車で採寸・・・・この位なら、大丈夫!とのことで、選ばれたのは
コチラ⇩
2020011623390642049_1.jpg










お車、BRZのトランクの隅っこに設置した、『AUDISON/APBX 8AS』
アンプ内蔵8インチウーファー(バスレベル付)です。
設置された状態で見ると、『audison』の刺繍ロゴ入りのお洒落な箱。

価格は、63,000円(税別)とパワードウーファーの中では、やや上位機種に位置する。

2020011623390642049.jpg











2020011623362540373_3.jpg










ウーファーは、下向きにセットされてます。

2020011623362540373.jpg










MZ200内蔵のプロセッサーで、サブウーファーもキッチリと調整すると
何とも違和感のない、自然な鳴りをしてくれます。
レベル上げても、底付きした様な感じにはならず、ズドンッとパワフルに
鳴ってます。

1万数千円程度の、パワードとの差は歴然です。

もうチョッと低音欲しいな、音に厚みが欲しいな、
予算も程々で・・・・・
フロントスピーカーは、完成してる!次は何を?!

そんな方へ、お勧めです。

2020011623362540373_2.jpg










スバル・BRZへ取付でした。

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●300PREMI内蔵アンプから、外部アンプ取付へ!!●
2020011521521043151.jpg










ヘッドは、ナビヘッドTOPクラスの高音質を誇る『DIATONE 300PREMI』

202001152151431233_3.jpg










フロントスピーカーに、同じく『DIATONE /DS-G20』

2018122919025615201_2.jpg










サブウーファーも、同『DIATONE /SW-G50』

2018122919022914616_2.jpg










サブウーファー用アンプは、『ZAPCO Zー1 KD供

と、ここまでは、既に取付済み。
次の一手となると、正攻法で考えるとフロントスピーカーを鳴らすアンプ!
で、間違いないです。

で、フロント用にアンプ取付しました。
202001152151431233.jpg










カロッツェリアのハイグレードアンプ『PRS-A900』です。
助手席シート下に、設置です。

202001152151431233_1.jpg











このクラスの外部アンプが入ると、良いと言われる内蔵アンプとの違いはやはり大きい。
小音量・・・・・薄っぺらくならず芯のある音!
大音量・・・・・迫力UPで、粗さも無く聴き良い!

グレードアップの『王道』・・・外部アンプ装着でした!
取付車両は、『トヨタ ノア』でした。

202001152151431233_2.jpg











では













 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●F56/MINIのスピーカー交換!●


どちらかと言うと、大きいよりもコンパクトの方が好きです。
個人的に、好きな車の事です。

一番長く車に乗っている時間・・・・
僕のそれは、『通勤時間』です。

『その時間を、楽しめればいい!』という車選びをすると、
.ビキビと、走りを楽しむ。
音楽を楽しむ。
この2つが、重要かなと。

本日、ご紹介のお車も、いいかなぁと思います。

2020011320070327039.jpg










F56/MINIの入庫です。
以前、同車両に乗る事がありまして、このサイズながら
重厚感があり、機敏さもあり、走りは楽しめそうな車だと思います。

ただ、オーディオの音が今一つ・・・・(>_<)

で、スピーカー交換です。
202001132021048690.jpg










取り付けするスピーカーは、コレ⇧
BEWITHのBE-FIT AM for MINI(LF-MN56フロントセット)です。
バッフル(アルミ)、88mm、トゥイーター、ネットワーク、ケーブルと、
MINIに装着する為の物、全部セットになってます。

2020011320070327039_2.jpg










フロントドア純正スピーカーです。
10cm程のフルレンジタイプで、如何せん高域のキラリトした部分が出ない。

2020011320070327039_3.jpg










2020011320074746698_1.jpg










ドア内は、アルミバッフル取付してユニット交換。
+、トゥイーターは純正ハーマンカートンオーディオシステム用の
Aピラーを用意して、スマートに取付です。

2020011320070327039_1.jpg










粗目のスピーカーグリル越しに見える、アルミ色のコーン紙が
スピーカー交換した存在感を示します!

ちなみに、シート下の20cmウーファーは交換せずです。

2020011320074746698.jpg










純正ヘッドで、いつものUSBを再生・・・ハイレゾ再生もOKでした!

今迄無かった、トゥイーターも付いているので当たり前ですが、
音は、かなりの変化です!
キラリと伸びる高音域!ドアスピーカー帯域の音も明瞭感UPです!

『音質50%向上!』って、言える程です。

純正からの、システムアップの第一歩、第二歩・・・くらいは、
音の変化量も非常に大きく、一番楽しいとこだと思います。(^-^)

第一歩、二歩とは・・・
(順番は、お車の状況により異なる)

では!




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています