●ハリアー・ALPINE BIG-XにDSP AMPで音質UP!●
2018030821354019573_1.png
  2018030821354019573.png2018030821354019573.jpg



 〜☝☝☝工賃込みのお勧めセットプランは、こちら☝☝☝〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
トヨタ・ハリアー、オーディオレスでご購入!納車後直行で入庫しました。
201808182010557338.jpg











まずは、ヘッドユニットです。
ハリアー専用の大画面NAVIALPINE EX10Z-HA2』を選択!
2018081820111811697_1.jpg










更に、高音質を目指し プロセッサーアンプも同時取付です。
助手席シート下に、ピッタリサイズで
2018081820111811697_2.jpg










アンプ内蔵プロセッサーの最高峰『HELIX P-SIX DSP MK』を取付。
これで、フロント2WAYマルチ接続で『DIATONE DS-G500』を鳴らします。

フロントスピーカーは、すべて純正位置のインナー取付。
まずはトゥイーター・・・
201808182011306810_1.jpg











201808182011306810.jpg











続いて、ミッドウーファー・・・
201808182010557338_2.jpg











これは、ノーマル状態。

201808182010557338_1.jpg











防振プラン2施工・インナーバッフル製作です。

201808182010557338_3.jpg










ドア完成!

更に、サブウーファーはラゲッジにBOX置きで、
それを鳴らすアンプは、リアシート下にインストール。
2018081820111811697_3.jpg










カロッツェリアの『PRS-D700』前車から引き続きの使用です。

フロント2WAY+サブウーファーの3WAYマルチシステム
その全てのスピーカーをコントロールする、『HELIX P-SIX DSP MK』!
その高性能DSPアンプのおかげで、
クリアサウンドはもちろんの事、トーンバランスの整った聴き易さもあり、
ロングドライブのお供に音楽を楽しめると思います!

なんせ、3年走行距離20万キロオーバー!w(゚o゚)wのオーナーさんの
お仕事車ですから!

では


 

DEMO CAR  TOYOTA  AQUA




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●プラド/フロントスピーカー Morel Maximo Ultra602に交換!●
2018030821354019573_1.png
  2018030821354019573.png2018030821354019573.jpg



 〜☝☝☝工賃込みのお勧めセットプランは、こちら☝☝☝〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
夏季休暇も開けて、本日(8/16・木曜日)より、営業しております。

本日ご紹介は、ランドクルーザー プラド。
お盆休み前、最後の納車のお車です。
2018081620123123826_2.jpg











以前、ヘッドユニットをご購入頂きましたオーナー様で、
この度は、フロントスピーカー交換のご依頼です。

そのヘッドユニットは、
2018081620123830991.jpg










ハイエンドナビヘッド!DIATONE SOUND.NAVI/NR-MZ200PREMIです!

そして、この度インストールするフロントスピーカーは、
音質UPプラン〜中級編〜で人気の『Morel MAXIMO ULTRA602』です。

ミッドウーファーは、既に別スピーカーが付いている状態ですので、
アルミTOPパネル取付+ユニット差し替えのインナー取付で完了。
2018081620123123826_3.jpg











トゥイーターは、ベストセッティングのAピラーへマウント製作して
取付です。
2018081620123123826_1.jpg










2018081620123123826.jpg










Aピラー製作してのトゥイーターマウントの利点としては、
上下左右方向のベストチョイス角度調整が可能な事です。

そして、その結果として音ステージはダッシュボード上まで引き上げられ、
左右に綺麗な広がりが展開される事!
また、音質面でも繊細な音表現、リアリティもUP!と、良い事ずくし!

トゥイーターの質感もさることながら、このウルトラ602のミッドウーファー
中〜低音域の濃密さ、レスポンスの良さ&ガツンとくる量感!は、圧巻です。

モレル マキシモウルトラ602・・・・
・・・・価格以上の、ハイコストパフォーマンス機のひとつです。

ではでは

 

DEMO CAR  TOYOTA  AQUA






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●SUBARU/BRZ DIATONE SOUND.NAVI+Morel MAXIMO6●
2018030821354019573_1.png
  2018030821354019573.png2018030821354019573.jpg



 〜☝☝☝工賃込みのお勧めセットプランは、こちら☝☝☝〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2018081101063426496_1.jpg










スバル・BRZ、音質UPでの入庫です。

現状、パナソニック製DOPナビ付で、スピーカーは純正のままです。

まずは、スピーカー交換から始めます。
音質UPプラン施工で、Morel MAXIMO6をインストールします。
トウィーターは、オーナーさんのご希望により純正グリル内へ
2018081101064530788.jpg











ミッドウーファーも、インナー取付です。
2018081101063426496_3.jpg










モレルの数多いラインナップの中では
入門機にあたる『マキシモ6』ですが、これをインストールされたお客様の多くは、
元気の良い鳴りっぷりに驚かれ、そして満足されております。(^-^)

その満足度の高い理由の一つとして
『低域の量感!』
内臓アンプでも、ガツンと情報量豊かに、鳴るとそれは「インパクト・大』だと思います。
今回取付した、Morel MAXIMO6はその期待を裏切りません└(^へ^)┘

2018081101063426496_2.jpg










内張り組んで、スピーカーの取付は完了。組み上げると何一つ変わってません。

この時点で、純正DOPナビで音出してみました。
音質は、明らかに向上してます。
それなりに、納得できる音にはなってますが・・・・・・

次、ヘッド(NAVI)の取付です。(これで、音は激変します!)
2018081101063426496.jpg










高音質ナビヘッド『DIATONE NR-MZ200』です。
PREMI程の、微調整機能はありませんが、本質はPREMI同等の
能力をもっている高音質機であることに間違いは無し!

音調整も、キッチリやって引き渡しします。
音像定位も明確にあり、質感も上々!激変してます。
オーナー様も、曲の前奏聞いただけで純正システムとの違いは
あからさまだった様で、ご満悦(^-^)でした。

では


 

DEMO CAR  TOYOTA  AQUA


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●限定150台!GRMN Vitz/オーディオはDIATONEでまとめる!●
2018030821354019573_1.png
  2018030821354019573.png2018030821354019573.jpg



 〜☝☝☝工賃込みのお勧めセットプランは、こちら☝☝☝〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ドアが2枚の普通ではない「ヴィッツ」です。
限定150台の超レア車『GRMN Vits』入庫です。
2018080920384532807.jpg










車両の生産はヨーロッパ・・・日本で最終仕上げ、そんな特別なお車です。
駐車場からのピットINで、そのエンジンレスポンスの良さは充分に解るほど(゚O゚;)

オーディオもレスポンス最高のDIATONEのスピーカーで、
更に、ドライブを楽しめる仕様に!(^-^)

2018080920384532807_3.jpg










ヘッドは、前車から使って頂いてます『DIATONE NR-MZ200PREMI』を
載せ替えで取付。

スピーカーも、同ブランドで『DIATONE DS-G300』をチョイス。
2018080920384532807_2.jpg










ミッドウーファーは、インナーバッフルで取付。

2018080920390033369.jpg










トゥイーターは、Aピラーにマウント製作でスッキリとインストール。

システムは、シンプルにフロント2WAY完結
200PREMIのクロスオーバーを使用して、内臓マルチアンプ接続で
PREMIの音調整機能をフル活用です。

ドアの作り込みのおかげで、中低域の量感も充分出せます!
量だけでなく、そのレスポンスの良さがG300のミッドウーファーの
良いところで、Volume上げてもダボつかずに聴けて心地良さ満点です!

GRMNの走りの楽しさに、最高のBGMが加わり
よりドライブが楽しくなっているはずです。(^-^)

リアビューも、なかなかスパルタンな感じだったのでパシャリ📷!
2018080920384532807_1.jpg











では

 

DEMO CAR  TOYOTA  AQUA



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●New V Class『MARCO POLO』後席モニター取付●
2018030821354019573_1.png
  2018030821354019573.png2018030821354019573.jpg



 〜☝☝☝工賃込みのお勧めセットプランは、こちら☝☝☝〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
メルセデスのミニバン『Vクラス〜Marco Polo(マルコポーロ)〜」の入庫です。
キャンピングカーの要素も兼ね備えた、ちょっと特別なお車です。
2018080823385932561.jpg










この角度からでは、解りませんが屋根がポップアップしたり、
フロントシートが回転したり・・・後席シートのアレンジも多彩・・・
普段乗りのミニバンとしてもOKで、レーダーセーフティパッケージで
安全性も充実と、至れり尽くせりです。

そんな遊び車的な要素も含ん出ますので、エンターテイメント性も充実
させたい所です。
が、先程書いた通り、『ポップアップルーフ』なので、
ミニバン定番の「フリップダウンモニター」の取付は不可!σ(*_*;

その場合は、ここ!
2018080823390829769.jpg










フロントシート後部(ヘッドレストモニター)です。
回転するシートなので、そこは考慮してケーブルワイヤリングが必要です。
が、フロントシートを後ろ向きにするとこのモニターは、前を向くでの
見れませんので、ご注意を!(^-^)

後席に映る映像は、フロントの純正デイスプレイと同じ画像です。
リアモニター出力用インターフェース(RM-BENZ/R2)を使用して、
後席用モニターに映像を送り出してます。

2018080823385932561_3.jpg










2018080823385932561_2.jpg











高級志向の強い、日本車のミニバンに比べると、
このVクラスは、『高級志向+多くの遊び心』を備えた、
遊びにも、ビジネスにも使える個性的なミニバンだと思います。

では


 

DEMO CAR  TOYOTA  AQUA




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
★☆夏季休業のお知らせ☆★
201808061113087232.jpg

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●レクサス・NX300・・・DSPで音質UP!●
2018030821354019573_1.png
  2018030821354019573.png2018030821354019573.jpg



 〜☝☝☝工賃込みのお勧めセットプランは、こちら☝☝☝〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
レクサス・NX300お隣県よりお越し頂きました。m(._.)m
20180729194927597_2.jpg











では、作業開始です。
まずは、一番に純正の音を聴いて確認!
装備されてるオーディオシステムは『10スピーカー・プレミアムサウンドシステム』

正直、悪くないデス。ただ、『ハッ!(゚O゚;)』とする何かも無いです・・・(~ヘ~;)
クリアさ、明瞭感・・・と言った意味ではもうちょっと欲しいかなと言う印象。

どういうシステムになっているか、アンプ廻りを確認。
20180729194927597_1.jpg










ラゲッジ右パネル内に、あります。
ここで、シッカリとシステムを把握していないと後々面倒な事になるので
必須作業です。

次、フロントスピーカー装着していきます。
取付するスピーカーは『DIATONE DS-G300』
オールストックインストレーションをご希望ですので最終見た目は純正のまま。
20180729194927597.jpg












201807292102578530.jpg










6.5cmミッドハイの純正の位置に、G300のトゥイーターを!

20180729194927597_3.jpg











20180729195012593.jpg











ドア内、G300のミッドウーファー部は、
防振プラン2施工+ハイブリッドメタルインナーバッフルを使用して取付です。

ヘッドは、外部機器は使わずに純正を使用。
20180729195012593_1.jpg






















かなり使い込んだけれども、パッド操作が僕は得意ではない・・・

そして、音の核となDSP&AMPに、
アンプ内蔵DSP最高峰モデルの『HELIX P-SIX DSP MK供戮鬟船腑ぅ后

取付位置は
20180729195012593_3.jpg










ラゲッジフロア下。

20180729195012593_2.jpg










最終的には、カバーリングをして『荷物も気にせず積める仕様』にして
取付完了です。

今回交換したスピーカーは、フロント2WAYのみ。
鳴らしたのは、そのDAITONE DS-G300と、ハッチバックに付いている
純正サブウーファーのみ。

リア&センタースピーカーは、音楽は鳴らさずに音声ガイド、操作音専用
スピーカーとして、働いてもらう事に。

さて、最後に肝心のDSPでの音調整ですが・・・・
通常の約3倍の時間を掛けて(正確には掛かってです)無事終了!
結線変更とかも試したので、それも入れるともっとデスガ・・・

フロント2WAYマルチ+サブウーファーと言う、
DSP絡んだ場合の、基本システムなんですが何がそんなに?!
と思われるかもしれませんが、

それは、車両純正オーディオシステムの進化・複雑化だったり、
P-SIXで出来る事が多い(賢い)ので、どういう繋ぎ方、鳴らし方が、
車にとっても、音にとっても最善なのかを探るのに想像以上の時間を要します。

ちょっと、難しい話になってきたのでこの辺で止めときます。

で、音の方は・・・・
艶やかな超高域の上品さ・・・締りがあって解像度の高い中低域・・・
そして、ビシッ!と決まったフォーカス!かなり良いです。

非常に心地良く、時折『ハッ!』とする音楽にも出会えると思います。

では

 

DEMO CAR  TOYOTA  AQUA



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MAZDA CX8(初入庫)・ドアのデッドニング(防振・防音処理)●
2018030821354019573_1.png
  2018030821354019573.png2018030821354019573.jpg



 〜☝☝☝工賃込みのお勧めセットプランは、こちら☝☝☝〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ハリーが、今日記事にしていました・・・騒音・振動が物理的および心理的に身体に
与える影響の事を!

知らずのうちに、身体は嫌がってるのかも知れませんね。だから、防振・防音(デッドニング)の
ご相談が多いのかは解かりませんが・・・

で、今日はまさにそれの作業でした。

本日納車致しました『MAZDA CX-8』ドア4枚フル防振
(うちで言う、〜防振プラン3〜)の施工です。

2018072722031233889.jpg










最上級SUVと言うだけあって、インテリアのデザイン・質感共に
おっ!と思わせるような高級感があります!
だからこそ、より『静寂性』を高めたいと言う思いも起こるのかもしれません。

さて、ドアのデッドニング開始します。
2018072722031233889_1.jpg










フロントドアの内張り外した状態です。
現行マツダ車は、サービスホールを設けるのではなく、
樹脂パネルをはめ込んであるユニットタイプです。

施工にあたり、これらも一旦取り外します。
2018072722031233889_2.jpg










2018072722031233889_3.jpg










アウターパネル(外板)の制振、吸音、拡散処理(画像無し・秘密)
インナーパネル(内板樹脂パネル)の制振処理等し、組立ます。
2018072722033433889.jpg










ここまでが、〜防振プラン2〜です。

更に、内張りの処理です。
2018072722033433889_1.jpg










制振材・吸音材複合素材で、全面処理。
2018072722033433889_2.jpg










純正で付いていた、吸音材も捨てずに再利用します。

以上、フロントドアですが、リアも基本構造は同じですので同様の
施工して、終了です。

ドアを閉めた時の、『ドスッ』という重量感ある音!
防振した感を感じられる一つです。
そして、もちろん走行中のざわつきの低減も期待できます!

ドア4枚分の表面積は、
車両の鉄板部表面積比率は30%くらい(フロア及びガラスは除いて)に
相当すると思います。

そのパーセンテージと、静寂感の体感率は比例していると考えます。

では

 

DEMO CAR  TOYOTA  AQUA



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●シエンタ・フロントスピーカー取付・・・200PREMIで鳴らす!●
2018030821354019573_1.png
  2018030821354019573.png2018030821354019573.jpg



 〜☝☝☝工賃込みのお勧めセットプランは、こちら☝☝☝〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
トヨタ・シエンタ フロントスピーカー交換で入庫です。
2018072520093032572_1.jpg












ヘッドは、既に装着済みで『DIATONE NR-MZ200PREMI』!
スピーカー交換の楽しみを感じるハイエンドナビヘッドです。
2018072520093032572.jpg











この内蔵アンプで鳴らすスピーカーは、『BLAM(ブラム)165.45

2018072520093731436.jpg











トゥイーターは、付属のマウントでオンダッシュ(Aピラー根元)置き!

2018072520093032572_2.jpg











⇑純正のドアです。

2018072520093032572_3.jpg











インナーバッフル+スポンジリング・・・そして防振はプラン2へVerUPで
ドアを作り込んでます!

そして、最後の締めは、200PREMIの細かく精度の高い、DSP機能を活用して
音調整して、完了です。

透明度の高さ、そしてレスポンスの良さ・・・・そんなブラムの特徴は
200PREMI内蔵アンプでも、充分表現されてたと思います。(^-^)


では

 

DEMO CAR  TOYOTA  AQUA

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●carrozeria CZ902XS試聴出来ます!300PREMIとの聴き比べも!!●
2018030821354019573_1.png
  2018030821354019573.png2018030821354019573.jpg



 〜☝☝☝工賃込みのお勧めセットプランは、こちら☝☝☝〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
902xs.jpg










お客様のお車への実装を優先した為、
店頭デモがちょっと、遅れてしまいましたが・・・・
ハイエンドオーディオカーナビ『CYBER NAVI X Series/CZ902XS
店内デモボードで、試聴可能になりました。

気にしてる人も多い、DIATONE 300PREMIと、聴き比べも可!
2018072221255333140.jpg






















スイッチポンで、一発切替!
2大ハイエンドカーナビと言って良いと思います、この2機種。
DIATONE MZ300PREI・・・carrozaria CZ902XS・・・

どっちがいいの?!今まで、色んな人から聞かれました。

既に、答えは出てます。

答え 『どちらも良いです(^-^)』

・音のニュアンスの違いはありますが、自分のフィーリングにあった方で
よろしいかと!

・大画面が欲しい方、現状『DAITONE 300PREMI(8インチ)』をお勧めします。

・ハイレゾ再生重視!の方、『carrozeria CZ902XS』をお勧めします。

・操作性重視の方、店頭で触って下さい。

・・・・・

あと、既にシステムを組まれてる方、将来性等も踏まえて
マッチングアドバイス致します。

8種のスピーカーでの聴き比べも可能です。

ご来店、お待ちしてます。m(._.)m 

では


 

DEMO CAR  TOYOTA  AQUA




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています