●マツコネそのままで・3WAYへ(アテンザ)●
2016072720264029123_1.jpg










マツダ・アテンザ、フロント3WAY化で入庫です!

ヘッドは、純正(マツコネ)をそのまま使用します。
2016072720275327447.jpg











プロセッサーアンプには『ARC DSP8』を使用してます。

まずは、フロントドア
2016072720264029123_2.jpg










インナーバッフル+防振プラン2施工で取付です。

そして、トゥイーターは、ダッシュ上純正グリル内へ、
2016072720264029123_3.jpg










2016072720265129107.jpg










純正のトゥイーターが付いている位置では、細工が出来ないので
5cmユニットが付く位置へ、スラントバッフル製作して取付してます。

そして、3WAYの核!88mmミッドレンジは
2016072720264029123.jpg










Aピラーに、マウント製作して取付です。
アテンザの、Aピラーは結構太いため、大きく突出することもなく、製作できます。
スピーカー角度も重要ですが、視界確保も重要です。

極力、フロントガラスには掛からない様に、そして方向性も考えながらの
位置決めです。この位置決めが一番時間を要するのですが、
ここは妥協は許されぬ所ですので慎重に決めます。

取付したユニットは、
『Morel HYBRID 602+CDM880供

ダブルマグネット(フェライト+ネオジウム)が特徴のハイブリッドシリーズは、
非常に、反応が早く、ストレスなく鳴るミッドウーファーです!

ARC DSP8により、細部まで補正&調整されたシステムは、
ヘッドが純正(マツコネ)だと、忘れさせてくれるほどの、纏まり感のある音です。

DSP(プロセッサー)ユニットも、続々と新しい物も出つつ、かなり充実してきました。
ただし、この手の物は付ければ音が良くなるって物でもないので要注意です!
しっかり、機能を使いこなし調整して、完成するものです。

では
system20160728.jpg















DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●50プリウス・音質重視でのNAVI選択!●
2016072220253410056_2.jpg










50プリウス納車後、即入庫して頂きました。

オーディオレスでの購入で、春先からご相談いただいておりました。
ナビは必須で、そのナビに求める優先順位一番は、『音が良い事!』
だったので、迷わずにこれに決定です。
2016072220255510059_1.jpg










DAITONE SOUND.NAVI『NR-NZ100PREMI』です。
2016072220255510059_2.jpg










純正同様に、ステアリングリモコンにて、サウンドナビの操作も可能です。

と同時に、フロントスピーカーも交換で、
コチラも同ブランドで、『DIATONE DS-G20』
2016072220253410056_3.jpg










2016072220255510059_3.jpg










ミッドウーファーは、インナーバッフル製作+防振プラン1で取付し、
トゥイーターは、ダッシュ純正スピーカーグリル上に、G20付属オンダッシュマウント
を使用して取付してます。

当店セットプランのこれですね。
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN

納車時に、オーナーさんは運転席に、そして僕は、助手席に乗り操作説明、音確認・・・
するのですが、
オーナーさんも、想像以上の音に、ホントビックリされてましたw(゚o゚)w
僕も、そう思ってました。

最近、数台50プリウスのナビ取付、スピーカー交換等々やってますが、
共通して、言えることが、『この車、音が良いです!』

ナビ取付し、純正スピーカーで鳴らしても、そこそこ良いです。
それに、スピーカー交換したのは、更に音質もグンっと良くなります。

どう良いのかと言うと
.疋△量弔蝓淵潺奪疋Α璽侫 次砲良い。低音しっかり出ます!
音像定も、しっかりと出て、奥行き感+立体感があり、聴き易い!
※TA(タイムアライメント)調整は、必要です。

ダッシュボード上に、ステージがあるかの如く、ほんと音良いです。
それも、特別な事をする訳でもなく、普段通り、キッチリとインストールして
いるだけなんですが・・・・良いんです。

50プリウス、良い音作るには、お勧めのお車です。

さて、オーディオと同時に
2016072220253410056_1.jpg










バックカメラも取付です。アルパインのプリウス専用です。

そして、
2016072220255510059.jpg










ちょっと見難いですが、ドライブレコーダーも。
新車時の装着率、かなり高いですね。

50プリウス、『DIATONE SETプラン』の取付でした。

では
system20160723.jpg











DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●オデッセイ・NewサイバーNAVIで、高音質を目指す!●
2016071720084611589.jpg










新車のオデッセイハイブリッド・オーディオレスで入庫です。

オーディオレス・・・・一番システム構築の幅がありますので、
良い音のシステム作りたい人には、お勧めです。

さて、オーナーさんのご希望は・・・・
ヘッドは、NAVIでカロッツェリアの『新型サイバーナビの8インチ』をご希望でした。

このオデッセイは、標準は7インチですが、ディーラーオプションの
8インチ用のオーディオパネルとブラケットを買えば、取付は可能です。
2016071720084611589_2.jpg










『AVIC-CL900』取付した所です。
純正ブラケットの穴位置のまま取付すると、若干下寄りになるので
少々ブラケット加工して、程よい位置に移動してます。

続いて、フロントスピーカー。
当店のデモボードで、色々と試聴して頂きました。
display_1.jpg










最後まで、悩まれたのが『P』or『D』でした。
納得いくまで、聴いて頂き選ばれたのは
2016071720084611589_3.jpg










2016071720091511589.jpg











そして、トゥイーターは
2016071720091511589_2.jpg










2016071720091511589_3.jpg










ダッシュ上の、純正トゥイーター位置内へ取付しました。

続いて、サブウーファーです。
スペース潰さずに、設置ご希望(シート下取付希望)でしたので、
パワードウーファーの中から、選びます。

オデッセイのハイブリッドは、シート下のスペースはガソリン車に比べると
かなり狭い(高さが無い・・・)ので、寸法図りながら機種決定しました。
2016071720091511589_1.jpg










『ALPINE/SWE-1500』取付してます。
少々、フロアカーペットの加工が必要ですが、綺麗に収まります。

SWE-1500・・・アンプ別体、コントローラー付
ウーファー本体のサイズは
257×192、高さは66mmと小型サイズです。
エア抜け部分から除けば見えるウーファーサイズは17cm。
大きさからは、想像以上に重量感を感じます

この、パワードウーファーですが、かなり良いです。
まず、一番に思うのは、『自然な低域再生』と言うとこです。
パワードウーファーらしからぬ、ナチュラル感、そしてコントローラーでGAIN UPすれば
量感豊で違和感のない低域増量!となかなかの鳴りっぷりです。

パワードウーファーの中では、お薦めモデルです。

さて、メインヘッドのNewサイバーナビですが、
この度からの新しい機能として、クロスオーバー機能が内蔵されてるので
フロント2WAYマルチ接続が出来るようになりました。

ナビヘッドで、これが出来るのは、『DIATONE 100PREMI』
この『Newサイバー』のみです。

もちろん、使わない手はないので、フロント2WAYのG20は、
ナビから、直接配線で、マルチ接続してます。

そして、サブウーファーもナビのサブウーファー出力より接続しました。
フロント2WAY+サブウーファーの、3WAYマルチシステムです。
2016071720084611589_1.jpg










クロスオーバー調整画面です。
指でなぞって操作します。

さて、サイバーの音調整機能はフルに使って調整された音は・・・・
(^-^)!申し分無しです!(^-^)

定位もビシッと決まって、気持ち良いです!
音の解像度も高く、そして濃厚な鳴りです。
ナビヘッド内蔵の、調整機能と考えれば、かなりクオリティは高いと言えます。

では
system20160720.jpg













DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●オーディオはDIATONEを中心で・・・HI ACEその
今朝、いつもの通勤路の信号待ちで、
『木下大サーカス』の垂れ幕が目に入ってきました。

そういえば、数年前に広島に来た時に、見に行った事を思い出しました。
もっとさかのぼって、小学生の頃にも、地元で連れて行って貰った記憶があります。
小学生の頃・・・・ゆうに、30年以上前です。w(゚o゚)w

って、『木下大サーカス』って、いつからあるん???
なんと、100年以上も前からやってるようです!w(゚o゚)ww(゚o゚)w

お笑いあり、驚きあり、感動あり・・・・
子供から大人まで、楽しめる究極のエンターテイメントですね!
9月後半まで、広島でやってるようなので、それまでに見に行ってみようかなと
思ってます。

さて、本題へ

昨日の、車両全防振のハイエース、続いてオーディオ作業です。
2016071521523439049.jpg










ヘッドは、音重視で、『DIATONE/MZ100PREMI』です。

バックカメラは、ルームミラーに映る純正が付いてますので、アダプターを付けて、
100PREMIでも見れるようにしてます。
2016071521523439049_1.jpg











ETCは純正装着位置へ、三菱のETCをセット。
100PREMIとの連動させてます。
2016071521525239049_1.jpg











後席に乗るお子様の為に、大画面フリップダウンモニターも付けてます。
ALPINEの12インチ・・・デカいです!
2016071521525239049_2.jpg











そして、音の決め手のフロントスピーカーは、
『DIATONE DS-G20』です。
2016071521523439049_3.jpg










2016071521525239049.jpg










2016071521523439049_2.jpg










2016071521531039049.jpg










2016071521531039049_1.jpg










2016071521525239049_3.jpg











ミッドウーファーは、ドア防振処理施工の上、インナーにて取付。
トゥイーターは、Aピラーにマウント製作(スェード仕上げ)で装着です。

↓↓↓このプラン+OPTIONでの施工です↓↓↓
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN

100PREMIの内蔵アンプで、フロントスピーカーを鳴らしてますが
非常に良く鳴ってます。
ドア防振+車両防振のおかげもあってか、低域がガツン!と鳴った時でも
嫌味なく綺麗に聴こえてきます。

どれだけ防振しても、振動が『0』になる訳ではありませんが、
確実に振動は、少なくなります。そしてその振動が収まるのも、早くなります。
それによって、スピーカーから得る情報が多くなり、よりクリアで、綺麗な音で
聴けるようになる訳です!

では
system20160715.jpg











DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●防振処理で、快適車内空間を作る!・・・HI ACEその 
2016071421005714248.jpg










ロングセラーで今でも人気の『ハイエースバン』入庫です。
ハイエースなら、このボディカラー『淡いイエロー』が欲しいとの理由で
このバンに!
遊び心のある、なかなか活けてるボディカラー選択だと思います。

あまり、見かけない色だな〜と思っていましたが、
気にすると結構見かけるものでして・・・
『幼稚園送迎車』『自動車学校送迎車』・・・・・毎日の通勤途中で見てました。

しかし、バンなので内装はあまりなく、鉄板剥き出しって感じです。
と言う事で、まずは車両全体防振処理をし、静寂感UPで快適バンに
仕上げましょう!

2016071421011714252_1.jpg










フロントシートより後方の物はすべて、一旦取り外し、防振準備です。
ほんと、がらんどうです・・・声もビンビン響いてます。

まずは、天井から
2016071421014313672.jpg










2016071421014313672_1.jpg










鉄板地に、制振材(面積比約50%)を貼付け、その上に吸音・断熱材を全面貼付けです。

その他の箇所も、同じ施工方法です。
2016071421005714248_3.jpg










2016071421011714252.jpg










ラゲッジ、左側。

2016071421011714252_3.jpg










ラゲッジ、右側。

2016071421005714248_1.jpg










2016071421005714248_2.jpg










そして、フロアです。

荷室の、防振処理はこれで完成。
この時点で、施工前の声の響きは、殆ど感じないレベルです。

同じ施工方法で、この後 フロントルーフ、フロア・・・・と施工していきます。
特に、注意したポイントはフロントシート下です。

ハイエースのエンジンは、フロントシート下にあります。
当然、そこからの騒音も大きく、そして、熱も上がってくるらしく熱いとの事だったので、
他の箇所よりも、念入りに処理しております。

まだ、組みあがってないので、走行はしませんでしたが、
エンジン始動して、みました・・・・
入庫時(ノーマル状態)に比べると、ザワザワした感じが無くなり、エンジンノイズも
かなり低減した感じは、体感できました。

使用した材料
STP GOLD AERO
STP GOLD BOMB
STP NG04 Premium
シンサレート
カームフレックス
・・・・・・
適材適所で、使い分けて使用してます。

ラゲッジサイドパネルの防振した箇所は、元々は紙の様なボードでしたが、
ちょっと、業務的素材だったので、それも変えました。
2016071421014313672_2.jpg










フロアにおいてあるのが、元々のボードです。
2016071421014313672_3.jpg










木柄模様の、パネルです。
このボディカラーに、絶妙にマッチしると思いませんか?!

乗用車並み、いやそれ以上の快適静寂空間となったHI ACE!
続いて、オーディオ取付へと参ります。

続きは、その2で・・・

では


DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●アクセラ・Sound UP〜音質UPプランで!●
2016071020500024822.jpg










真っ赤なマツダ・アクセラ、スピーカー交換で入庫です。
アクセラオーナーさんは、21歳。
うちのお客様としてはかなり若い方になります!
車に、そしてカーオーディオに興味を持ってくれた事は、非常に嬉しいですね。
もっと、若い方々に興味を持って貰うよう努力しないと・・・と思う今日この頃です。

では、本題へ

ヘッドユニットは、既に装着済みのナビヘッド『ケンウッド・X701』
操作性抜群、調整機能充実、音質上々・・・結構、良いナビヘッドです。
2016071020500024822_3.jpg











内蔵アンプ4チャンネル、フル使用のバイアンプ接続で、
2016071020500621531.jpg










インナー取付なので、見た目の変化は、『DIATONEバッチ』のみ。

ドア内は、インナーバッフル製作&防振プラン2(オプション)で、
しっかりと、鳴る環境作りを!
2016071020500024822_2.jpg










2016071020500024822_1.jpg










インナーパネルを外して、外板もしっかりと、補強します。
(画像は、施工前ノーマル状態です)

トゥイーターも、純正位置(ドアミラー裏)への施工なので、見た目は
完全純正のまま。
でも、出てくる音は純正とは全くの別物です。
質は、ハッキリ明瞭に!そして、低域の量・歯切れ・・・・DIATONEスピーカーらしく
レスポンス良く、軽快に鳴っております!

ケンウッドナビの音質調整機能を駆使し、
帯域バランスの補正・・・聴き易さUPです。
タイムアライメント・・・・・音像定位もしっかり出てます。

スピーカー交換による、音質UP!
今まで以上に、車に乗る楽しみが増えたと思って頂けたら何よりです(・v・)

何かありましたら、ご遠慮なく、ご相談ください。
この度は、ありがとうございました。m(._.)m 

system20160711.jpg








DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!





 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●オーディオ機材たっぷりでも、機能的トランクです●
trunk_1.jpg










某セダンのトランク縦面に、BEWITHモノラルアンプ×6、電源レギュレターなどなど、
インストールです。
モノラルアンプ6代は、フロント3WAY(Morel)を鳴らしてますが、
ホント、澄んだ綺麗な音を出してくれます。
久々の、使用でしたが、しみじみと痛感いたしました!

更に、床面は
trunk2_1.jpg










HELIX DSP PRO、電源FUSEブロック・・・・など設置でします。
この機器は、全て蓋で閉じられますので、荷物も十分置けるスペースは確保してます。
ゴルフバック位は、余裕です。

オーディオメンテナンス性もバッチリリ、そして車両機能を活かした、インストール例でした。

さて、車は変わってモデリスタのエアロ装着の『50プリウス』です。
201607062123453912_1.jpg










New ALPINE BIG-X『X9V-PR2』の取付です。

201607062123453912_3.jpg










純正パネルにジャストフィットの大画面9インチナビです。
取付後、皆さん言われる一言があります
画像、むっちゃ綺麗ですね(☆。☆)!

確かに、鮮明でクッキリといった感じでしょうか・・・ホント綺麗です。
実は、音も綺麗なんですよ、アルパインのナビは。
この度は、スピーカーは、純正のままでしたが、ちゃんと調整してやると
それなりに良い音で鳴ってましたよ。

同時施工で、バックカメラ&フロントカメラも装着です。
201607062123453912.jpg










ボディカラーに合わせて、ホワイトのALPINE製のカメラです。
ステアリング舵角連動カメラです。カメラ画像も、綺麗です。

201607062123453912_2.jpg










フロントカメラは、ナンバープレート下に。
こちらもアルパイン製です。
操作は、ボタン押して映す、
もしくは地点登録して、その場所では自動的にフロントカメラ映像を映す、
など便利なカメラです。(アルパイン製ナビと接続の場合)

では
DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!






 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
★☆臨時休業のお知らせ☆★
rinji20160701.jpg

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●アクセラ防振作業のつづき・・・他●
先日の、アクセラ防振作業の続きです。
201606292017333842_2.jpg










天井、ラゲッジに続き、リアドアです。
アウター&インナーパネルは制振材でしっかり押さえ、内張り側には
吸音処理を施してます。
フロントドアは、以前のスピーカー施工時に既に施工済みです。

そして、
ボンネット 施工前。
201606292017333842_1.jpg












施工後
201606292017333842.jpg










この上に、純正インシュレーターを取付ます。
ボンネット裏は、この制振材(STP GOLD AERO)のみ貼付けで
この上に、純正インシュレーターが付きます。

エンジンの直近ですので、ここの振動を抑える効果は絶大です。

・・・・フロントドア、リアドア、ラゲッジ、ルーフ、ボンネット・・と
広範囲にわたる防振処理の効果は、アイドリング時でも違いが解るほどです。

ドアを閉めた時の、車内の『空気感』が違います!

さて、お隣のPITでも防振処理中のHONDAです。
201606292017333842_3.jpg










ダッシュボード以外の車内パーツ全バラシで、防振中です。
ちなみに画像は、フロア(床)面の制振中。

細かな凹凸にも追従して貼れる『STP GOLD AERO』!効果はもちろん、
作業性もGOOD!
純正配線は、車両メンテナンス性を考慮し施工しております。

では


DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●マツダ・アクセラ静寂感UPを求めて!●
マツダ・アクセラの車内静寂性を上げる為、防振処理の施工です。
まずは、天井から
roofdead.jpg










天井の内張り外した状態です。
施工前です。制振材等は何も張られていません。

roofdead2_1.jpg










鉄板部には、制振材をビッシリと!

そして、内張りと、鉄板部の間は吸音・断熱効果の高い『高機能中綿素材』
を入れます。
roofdead1_1.jpg












続いて、ラゲッジスペースです。
reardead.jpg










内張り外した、ノーマル状態です。センター付近には、少々制振材が貼ってあります。
こちらも、まずは制振材にて処理です。

reardead1.jpg










制振材施工した所です。
この次に、吸音系の素材を貼りますが、こちらは、ルーフとは異なる素材を
使用します。(適材適所で!)

鉄部特有の、『カーンッ』と響く金属音は、全くしません。

この後、リアドア、ボンネットも施工していきます。

最近、とても依頼の多い『防振処理』でした。

ワンランクUPの、アクセラ完成まであと少しです。

では

DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています