●AUDI Q5・純正スピーカーシステムに、DSPアンプを取付する●
.好圈璽ー交換する
▲廛蹈札奪機次DSP)を付ける
どちらも、目的は良い音造り、音楽を楽しむ為の事です。

『どっちも、やる!』方が良いのは想像つくと思います。

ただ、初めてカーオーディオをやる人にとっては、
どうなるか想像もつかない!ってことに多くの投資は
踏み切れないところもあるかと思います。

求めるものは何かで、or△料択をされるのがベターでしょう。
ご相談頂ければ、そのユーザーさんにあった提案をさせて頂きます。

ただ、その先は・・・・

,鮖楾した場合・・・その後、△鬚笋蠅燭なる!
△鮖楾した場合・・・その後、,鬚笋蠅燭なる!

きっと、そうなりますので(^-^)

さて、本日ご紹介の内容は
『プロセッサー(DSP)を付ける』の作業です。

お車は、『AUDI Q5』です
a2_6.jpg










純正スピーカーに、4チャンネルアンプ内蔵DSP『HELIX M-FOUR DSP』を
繋ぎます。
※M-FOUR DSPも、M-SIXと同じく現在欠品中です。(>_<)

a1_6.jpg










設置場所は、ラゲッジパネル下です。

ここから、デッキ部であるグローブBOX内のユニットまで、
スピーカーケーブルをIN/OUTさせます。
a1_7.jpg










4チャンネル分のスピーカーケーブルの往復なので、
使用ケーブル長は、5m×4の2倍で、40m!w(゚o゚)w
と結構な長さが必要です。

取付完了後、PC繋いで、
アライメント調整、EQによる帯域バランスの補正・・・・・
この調整作業が、今回の作業の『肝』になります。

DSP取付したら、良い音になる訳ではなく、
その機能を使って、キッチリ調整することが、良い音を作る
大前提ですので!

使い方は、今までと何ら変わらず
a3_6.jpg










純正操作でOK!なので、難しい事は何もありません。

ただ、今までと違うのは出てくる音!
バランスの取れた聴き心地の良さ、そしてセンターに定位するVocal!
ガラリと変わります。

取付後オーナーさん談
『ここまで、変わる(良くなる)とは思っていませんでした(^-^)』
と満足頂けた様で、何よりです。m(._.)m

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています