●HONDA N-WGN/NewMODEL DMH-SF500取付!●
n2_5.jpg










カロッツェリアのNewModel『DMH-SF500』を取付しました。
DMH-SF500とは
・9インチ大画面フローティング ディスプレイオーディオ
・スマホ連携(androidauto・ApplyCarPlay・WebLink Cast※1)
・Bluetooth
・ネットワークモード(3WAY)※2

スマートフォン使用を主にした機種ですね。
中でも、新機能を ※1WebLink Castです。
WebLink Castとは、ミラーリングなんですが、HDMI接続ではなく、
WebLink HOSTアプリをインストールしたスマホと、
『USB+Bluetooth』接続でのミラーリングになります。

HDMI接続との違いは、DMH-SF500の画面上で、操作ができるところ!
これは、使い易いですね。

オーディオ機能としては、※2ネットワークモード(3WAY)に対応している点は、
喜ばしいところです。
内臓アンプで『フロント2WAYマルチ接続』+『サブウーファー』まで
のシステム発展が可能で、その調整機能も充実してます。
n8_1.jpg










⇧スピーカー出力レベルの調整

n5_3.jpg










⇧13バンドイコライザー調整

n4_3.jpg










⇧カットオフ(クロスオーバー)調整

n15.jpg










⇧タイムアライメント調整

これだけ出来れば、きっちり調整も出来るので、
纏まりのある音作りが可能=良い音で聴けます!!

で、この機『DMH-SF500』を発表直後にオーダー頂き、
発売までの数か月間、オーディオレスで我慢されてまして、
取付したお車は、
n7_2.jpg










新車の『ホンダ・N-WGN』
大変長らくお待たせしました。

DMH-SF500の内臓アンプ、マルチ接続で鳴らすスピーカーに
DYNAUDIO ESOTAN212』を!
店内でもボードで試聴の上、選ばれました。

n12.jpg










ミッドウーファーは、樹脂製バッフルでインナー取付。

ドア防振も
n11.jpg










密着度・制振効果『大』のM&M SBM-500ダンピングコントロールマットで、
防振プラン∋楾

さらに、内張側も
n14.jpg










⇧施工前

n13.jpg













防振プラン施工

オーディオテクニカの、『AT-AQ461(アルミ+吸音スポンジ)』で
施工してます。

スピーカー振動による、ドア及び内張の振動を大きく低減させることが
可能に=音質向上に繋がります!

続いて、トゥイーター
n3.png










Aピラーへ、トゥイーターマウント製作して取付です。

低域の伸び、レスポンス抜群!ドア防振の効果を感じられるところです。
内臓アンプながら、安定した定位感・そしてスケールの大きさ・・・
かなり完成度の高い仕上がりの音でした。

ではでは
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
autosaund_2019banner_b_1.jpg

盗難から守る
音の不満解決します 
2wayとの違いは歴然  
まさかの展開に


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています