●ラゲッジフラット、サブウーファーインストール!●
車両丸ごと防振済み
2020102319460226749_2.jpg
2021030809485043323_2.jpg
http://m-e-i.dreamblog.jp/blog/1861.html

オーディオシステムも、ハイエンド群で固められてます。
2020102319460226749.jpg
2020102319470329667_1.jpg

http://m-e-i.dreamblog.jp/blog/1823.html

そして、この度はラゲッジにサブウーファーを、インストールします。
m5_1.jpg










音も、取付もベースが大事!なので、
まずは、エンクロージャーののっかるベースを固定。
そして、その横のアンプ『PRS-D800』がサブを鳴らすアンプです。

m7_1.jpg










そして、そのベースの上にエンクロージャーを設置!
オーナーさんの切なる要望でウーファー取付面は、
ゴールドの鈍い光を放つメタル板(真鍮)です!
サブウーファーは、カロッツェリアのRSシリーズ
『TS-W1000RS』です。

続いてトップパネルの製作で・・・
ウーファー部は、音抜けの為スリット入りサランネットグリル製作。
外周は、ピッタリ隙間なく作られたトップパネル、ブラックジャージ仕上げです。
m4_2.jpg










m2_2.jpg










m1_2.jpg










m3_2.jpg










荷物載せOK!フラットラゲッジ完成です。

音出ししての、一番の印象は・・・・
・車両防振のおかげで、附帯音が少なくザワザワ感を感じない!
その結果・・・大きなエネルギーを発するサブの音に濁りが無い。
綺麗な低域再生です。

サブは、音全体のスケール感をアップしてくれます。
大音量で聴いた時なんかは、サブの効果は顕著に表れます。
そんな事が出来る車での音楽の楽しみ方・・・カーオーディオの醍醐味の一つですね。

m6_2.jpg










取付車両は、外観フルノーマルの『MIRA』でした。

ではでは


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています